トラブル修理-VW ゴルフヴァリアント(1K)エンジンチェックランプ点灯・エンジン不調 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

エンジンチェックランプが点灯したゴルフヴァリアントの修理です。

お預かりをして診てみますと、

回転数を上げても途中で吹け上がらず、

とても調子が悪いのが分かります。

 

 

 

 

診断機を接続してフォルト内容をチェック。

 

 

 

 

 

 

各所にフォルトがあります。

 

内容は以下の通り。

 

 ・08825 インテークエアシステムリーク ロアリミット値未満

 ・08583 フューエルメータリングシステム バンク1 リーン

 ・01089 フューエルタンクベンチレーションシステム ガスフロー不良

 ・01287 アイドリングスピードコントロール アッパーリミット値超過

 ・04243 フューエルメータリングシステム2バンク1不良

 

 

 

 

 

原因は、悪評高いこちらの部品。

「 プレッシャーリリーフバルブ 」です。

中のダイヤフラムがダメになったり漏れを起こしたりで、

よく不調を引きこ起こします。

 

 

 

 

 

接続されているホースを外して、

プレッシャーリリーフバルブを取り外します。

 

 

 

 

 

プレッシャーリリーフバルブの新旧比較です。

 

 

 

 

 

上が新品ですが、少し構造が変わっているみたいですね。

 

 

 

 

 

ガスケットを新しくして、

 

 

 

 

新しい部品に交換。

 

 

 

 

エンジンフィーリングは絶好調になりました。

 

 

 

 

全てのフォルトを一旦削除。

試運転結果も良好で、再度ショートテストを行い、

新たにフォルトが立ってこない事を確認して作業終了です。

 

 

 

 

 

ご依頼頂いていたサービスインターバルもリセットしておきました。

 

 

 

今回のエンジン不調修理では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・プレッシャーリリーフバルブ交換

 ・プレッシャーリリーフバルブガスケット交換


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  55,900km>

 

■診断メカニック - 古味政直
■作業メカニック - 野間雄司
■写真撮影 - 野間雄司
 

 

 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

フリークでは、密閉式ミッションの圧送交換が出来る様、

様々なアタッチメントを製作・販売しております。

 

 

弊社より購入頂いたプロショップさんを地域別に掲載した一覧もインターネット上にアップしはじめました。

これにより、ユーザー様がお近くのプロショップを検索できるようになります。

サイトはこちら → F-PETプロショップ

 

合わせまして、プロショップさん同士の情報交換の場として、ネット上に承認式コミュニティを設けています。

興味のあるプロショップさんは「こちら」からお問い合わせ下さい。

 

商品一覧はこちらです → F-PETシリーズ

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら