TEXA(テクサ)の新ツールを導入 & キャッシュレスポイント還元事業について | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

TEXAの新しいツールを導入しました。

 

 

 

 

機能は至ってシンプルで、

 

 

 

 

ソフトを立ち上げてツールとリンクし、

タイヤの残り残量とブレーキディスクローターの摩耗量を計測できるというものです。

 

 

 

 

 

 

レーザーが出て凹凸を計測し、

 

 

 

 

 

プリントアウトして、お客様に目で見える形で情報を提供出来ます。

 

 

 

 

 

 

動画の方が分かり易いので、TEXAの動画を。

 

 

このツール、日本国内での導入1社目らしいですが、

もし、このブログを見て「うちも導入してみようかな!?」と思われた方に、ちょっと使っただけですが感想を。

 

 

 

 

まず何より、簡単に正確な計測が出来るので、

非常に精度・信用度の高い情報をお客様に提供出来ます。

 

デプスゲージでの計測は、計測箇所や押し付けの強さなどで多少の変化が生じますから、あくまでも参考値となります。

(慣れた人が計測すれば、ほぼ正確な数値が出ますが)

 

ホイールを取り外す事無く、ディスクローターの摩耗量を計測出来るのは、時間節約にもなり便利です。

 

 

 

改善して欲しい点としては、

 

レーザーの幅が短い。

タイヤのショルダー部分までしっかり測れる様にして欲しいです。

幅を長くして奥行きを深く計測出来るようになれば、

ショルダー摩耗(肩減り)もしっかり測れるし、左右差も分かります。

しかし、このレーザー幅で測れるタイヤは恐らく軽自動車クラス・・・

いや、それでも厳しいかも??

 

 

タイヤの溝をある程度画像化しているので、この機能をもっと応用しないと勿体ない。

タイヤの溝とディスクローターの計測だけしか出来ないのなら、このツールの価格は高過ぎる。

それなら、デプスゲージとディスクローターゲージで、手で測ったらいいじゃん!ってなってしまう。

 

 

タイヤの溝やディスクローターを測るのには10分の1mmで十分だけど、この精度ではせいぜいそれ止まり。

 

更に拡張性を持たせ、そして計測の精度を更に高くすれば

(100分の1mmや、もし可能なら1000分の1mmなど)

もっともっと使える幅が広がる!

オシロなどの様に調整出来る様にすれば良い。

 

 

レーザー発光部先端にアタッチメントを取り付けて、

レーザーを360度出せる様にすれば、シリンダー内壁も測れると思う。

シリンダーボアゲージ代わりになり、適当にシリンダー内部に差し込んでボタンを押せばレーザーが360度照射され、それをデータ化&画像化出来れば素晴らしい。

 

 

レーザーの計測可能深度をある程度持たせ、

ツールをピストン側面に当てると左右の最深度数値がイコールピストン直径という形で計測可能かと思う。

つまり、マイクロメーターの代わり。

 

 

レーザーの照射幅を伸ばせるアタッチメントを取り付けて、

エンジンヘッドの精度を計測も出来れば尚良し!!

ストレートエッジの代わり。

ここでももちろん10分の1mmなんて話にならないから、精度は高める必要あり。

大型トラックのエンジンまでとは言わないけど、

せめて3000ccクラスのエンジン(両バンクで6,000cc)位まで測れる様になれば、世界中で欲しがる人は沢山出て来ると思うんだけど・・・。

 

 

他にもまだまだあるけど、

レーザー計測の拡張性って、幅があり過ぎて想像しただけでワクワクします。

せっかく良い物を作ったのだから、

TEXAにはこのツールの更なる拡張を期待しています!

 

 

きっと、ブレインサカモトさんはTEXAに意見を上げてくれる・・・はず!

 

 

そして、このツールに付いては今後もレポートしていきます!!

 

 

 

 

 

 

その夜は、たまたま整備業界の重鎮の方々と月一で行っている会。

 

せっかくだからブレインサカモトさんも誘って参加。

 

 

 

 

 

せっかく2枚撮影したので、2枚とも掲載。

 

昼の技術委員長は、

夜も技術委員長だそうで・・・(笑)

 

ブレインサカモトさんは夜の技術委員長に預けて、

私はさっさと帰りました!

 

 

 

 

 

先日、キャッシュレス消費者還元事業のパンフレットやポスターが届きました。

 

フリークでは何年も前からキャッシュレス支払いを可能としていましたので、こういった対応は早めにしておいたのですが、

もしこのブログを見ている同業者さんで、

まだ還元事業の登録をされていない方は、

早めに還元事業の登録を済ませましょう!!

 

 

カードで支払ったお客様に、5%分のポイントが勝手にバックされるという感覚でいるかと思いますが、それは間違いで、

カード会社と契約し、その契約したカード会社に還元事業の登録をする必要があります。

 

つまり、その登録をしていなければ、

どれだけキャッシュレス決済を行って貰っても、

お客様への還元はありません!!

(カード会社独自でポイント率アップなどを行っている場合は、その分に関しては還付が行われます)

 

 

対象外企業としては、資本金が5,000万円以上、または従業員数が50人以上などという事はよく聞きますが、産業区分によっても対象範囲が変わります。

資本のある大手企業は独自に還元してくれるそうですね。

いずれもフリークには、遠く及ばない数字たち・・・

 

 

原資は4,000億円、対象期間は2020年6月30日までです。

原資が尽きるのが早いか、期間満了するのが早いか・・・

いずれにせよ、出来るだけ早く取り組む事に意味があります。

 

 

先程還元事業のホームページを見てみたら、

9月25日時点で愛媛県松山市下での加盟店数はは3,370件しかありませんでした。

 

お考えの方はお早めに!!

  → キャッシュレスポイント還元事業について

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら