トラブル修理-メルセデスベンツ AMG S63(W221)エンジンオイルが噴き出して白煙!! | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

今回はAMG S63の修理ですが、

 

その前に。

 

 

 

先日書かせて頂いたN-BOXの記事

多方面から色んな反響があり、

本当に様々な意見が聞けて、本当に良かったです!!

 

考え方も色々あり、

改めて、修理におけるインフォームドコンセントの重要性を感じました。

 

弊社も含め、

この業界は、もっともっと変わって行く必要があり、

個々の強みを身に付け育てて行く必要があると思いました。

 

強い者が生き残るのではない、

変化する者が生き残るのだ!

 

とは、たまに耳にする言葉。

まさにその通りだと思います。

 

 

昨日だけで、このブログへのアクセスが 19915件 ありました。

同業の方にも、自動車オーナーの方にも、

沢山の方に興味を持って頂けて良かったです(^^)

 

 

 

 

さて、戻ります。

 

 

走っているとボンネットから突然白煙が出た!!

バッテリーの警告灯と、ABCの警告灯も点灯したので、

合わせて診て欲しいとのご連絡。

 

 

 

 

 

連絡を頂いて少しすると来店されました。

来られた途端に臭いだすオイルの焦げた様な臭い・・・

 

 

 

 

 

ボンネットを開けてみると、

 

 

 

 

 

 

全体にオイルが飛び散って悲惨な事に!!!

 

来店された時は、オイルのレベルゲージが少しだけ抜けていました。

内圧が上がり過ぎ?

それとも??

 

 

 

 

 

現在のレベルゲージはこんな感じ。

でも、取っ手が割れてはいますが、

抜き差しには適度の抵抗があり、

そんな簡単に抜けてしまうものではない様な気もします。

 

 

 

 

 

新品がこちらです。

 

刺さって固定されるだけでなく、

パイプ上部にロックされるような仕組みの部品が付いています。

 

もともと付いていた物が破損して無くなったのか、

それとも、途中で改良が加えられたのか??

 

 

 

 

 

新しいレベルゲージを使って、抜く前のオイル量を確認。

先端にも付着しません。

それよりも、何だかあまり見たくない様なものが・・・

 

ちなみに、交換時期は1,000km程超えていました。

 

 

 

 

 

オイルがスラッジ化している模様。

 

 

 

 

 

抜き取れたオイルの総量は5.8リットル程。

このエンジンは9リットルのオイルが入るエンジンです。

 

さすがに3リットルものオイルは飛び散っていないと思いますので、

オイル消費もしている様です。

 

 

 

 

オイルフィルターは、もうボロボロです。

 

 

 

 

外す際にバラバラになりました。

 

 

 

 

フィルターを外すと、内部にもスラッジが溜まっています。

マイナスドライバーで軽くすくうとカーボンが取れます。

 

 

 

 

 

 

吸引機で吸い出します。

スラッジが吸い取られているのが分かります。

 

 

 

 

吸い取った部分だけが綺麗になります。

長年蓄積した汚れというよりは・・・

 

 

オイル管理はそんなに良い方ではありませんが、

今回の症状の原因がオイル管理の悪さだけにあるとは考えにくく。

 

原因は現在究明中です。

おおよその憶測は立ってはいますが、

さすがにそれは、ここに書いてしまうとあまりよろしく無いですし、

確証も無いので控えておきます。

 

 

 

 

 

フィルターは当然です。

 

 

 

 

 

 

 

今回使用するのは、SOD-1プラスを添加したロイヤルパープルです。

 

汚れがあまりに酷いので、ここはロイヤルパープルとSOD-1の洗浄効果と、油膜保持効果に期待して!

 

現時点で、私の知る限り最高の組み合わせです!

 

 

 

 

 

 

ロイヤルパープルのオイル、写真では真っ黒に見えますが、

名前の通り、「パープル」カラーです。

 

 

 

 

 

 

 

エンジン始動直後だけ調子が悪い時があるそうです。

診断機ではノックセンサー異常を検出。

テストしてみます。

 

 

 

 

ノックセンサーの反応は問題無し。

オイル量が少なかった事も不調要因となりますので、

完成後試運転を繰り返し、問題が無いことを確認して様子をみて頂く事にしました。

 

 

 

 

 

接続したついでに色々と診ておきます。

CDが排出されません。

そんな事まで診断機が教えてくれます。

 

 

 

 

 

出せません。

壊れています。

 

 

 

 

 

見える所は極力チェック。

リヤタイヤは左右ともスリップサインが出ています。

 

 

 

 

 

というより・・・、もはやスリックタイヤですか?これは。

 

続いてタイヤの空気圧チェック。

他のタイヤはしっかり入っているのに、

左リヤだけが極端に低い!

 

 

 

 

 

 

怪しさ満点の錆びたくぎの頭に洗剤をシュッ!!

ブクブクブク・・・・・

 

 

 

 

 

 

直しておきました。

 

 

バッテリーやABCの警告灯が点灯したのは、

オイルが大量に付着したドライブベルトが滑ったのでしょう。

 

ドライブベルトも新品に交換させて頂きました。

 

 

 

 


今回のオイル漏れ修理では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・オイルディップスティック(レベルゲージ)交換

 ・エンジンオイル交換

 ・オイルフィルターカートリッジ交換

 ・ドライブベルト交換

 ・ロングライフクーラント(メルセデスベンツ)補充

 ・タイヤパンク修理

 ・エンジンルーム洗浄

 ・アンダーカバー脱着洗浄


今回の修理ご請求額は、 ¥ 69,140- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  105,000km>


■作業メカニック - 野間雄司
■写真撮影 - 野間雄司
■文 - 野間雄司

 

 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら