トラブル修理-アウディ A3 後席ドアの窓ガラスが落ちた・・・ウィンドーレギュレータ交換 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

昨日のアウディS3に続き、

今日はアウディA3です。

 

 

 

 

 

このA3もなかなかのモンスターで、

エンジンはV6-3200ccのクワトロです。

この小さなボディにV6-3200ccエンジンを載せてしまうと、

4WDでないと受け止めれないのでしょう。

 

 

 

 

 

リヤの窓ガラスが落ちて閉まらなくなったので、

ウィンドーレギュレータを交換します。

※アウディでの名称は「ウィンドーリフター」です。

 

 

 

 

 

 

ウィンドーレギュレータはウィンドーフレームごと上に引き抜きます。

 

 

 

 

 

 

日本車には無い構造です。

 

 

 

 

 

 

 

切れてワイヤーがローラー部分でグチャグチャになっています。

 

 

 

 

 

 

新品に交換して修理完了です。

 

 

輸入車のウィンドーレギュレータは純正以外に優良部品もあります。

ただ、

ネット上に溢れている、妙に安いレギュレータは本当にもろく、

1年以内の破損率が非常に高くなっています。

 

今回使用した部品は、輸入車部品商からの納品です。

一定の線引きをして、それを超えるクオリティを満たしているメーカーを選定してくれています。

 

 

「良い部品、あります!」

いつでもお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 


今回のウィンドーレギュレータ交換では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・右リヤウィンドーレギュレータ交換

 


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 


■作業メカニック - 野間雄司
■写真撮影 - 野間雄司
■文 - 野間雄司

 

 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はお控え下さい。

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら