ATF交換-メルセデスベンツ E350(W212)トルコン太郎での圧送交換+バルブボディ脱着他 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)

兵庫県芦屋市から、

メルセデスベンツ E350 ブルーテック の、

ATF圧送交換でご来店頂きました。

 

 

 

 

 

 

アンダーカバーを取り外して、ATオイルパンにアクセス。

 

 

 

 

 

 

ATFを排出します。

 

 

 

 

 

 

ATFが出なくなっても中には大量のATFがまだ残っています。

SSTを使って、オーバーフロープラグを中に打ち抜きます。

 

 

 

 

 

 

まだまだ大量に出て来ます。

 

 

 

 

 

抜けた量は軽量しておく必要がありますので、容器に受けます。

 

 

 

 

 

 

 

写真真ん中の黒い部品が、ATFストレーナーです。

 

 

 

 

 

 

真っ黒ですが、実は元色はシルバーです。

矢印の所にパーツクリーナーを吹き付けてみました。

そこだけ綺麗になっていますが、どれ程汚れているか分かりますね。

 

 

 

 

 

オイルパンに装着されている鉄粉吸着用磁石には、大量の鉄粉が!!

 

 

 

 

 

 

 

実はこんなにすっきりとした形なんです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィルター部分も真っ黒に汚れています。

 

 

 

 

 

 

新旧比較。

 

 

 

 

 

 

 

新品のフィルター部分です。

 

 

 

 

 

 

バルブボディを取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

外せるソレノイドを取り外し、洗浄して行きます。

 

 

 

 

 

 

外したソレノイドです。

真っ黒に汚れています。

 

 

 

 

 

 

黒かった表面は、本当はシルバーです。

メッシュ部分も綺麗になっているのが分かります。

 

 

 

 

 

 

先端のメッシュフィルター部も真っ黒だったのが綺麗になりました。

 

 

 

 

 

立てて洗浄を続けると、真っ黒に汚れた墨汁の様なATFがドロドロと流れ出て来ます。

 

 

 

 

 

 

しっかり掃除が出来て、綺麗になりました!

 

 

 

 

 

 

車両に戻します。

取付のボルトはアルミ製の為再利用不可。

新品に交換して、トルクレンチを使って組み付けて行きます。

 

 

 

 

 

オイルパンガスケット、オーバーフロープラグ、

オイルパン取付用ボルト、ドレンプラグガスケットなど、

全て交換して行きます。

 

 

 

 

 

 

ATFストレーナーを組み付け。

 

 

 

 

 

 

オイルパンを取付。

 

 

 

 

 

 

フリークで作成している、メルセデス用ATF圧送交換SSTを車両に取り付けて、トルコン太郎と接続し、

最初に抜けた量を充填してからエンジンを始動。

 

※メルセデス用ATF圧送交換SSTは、商品化の為の最終詰めの段階に入りました。純正クリップは脱着が非常に困難な為、その辺りも作業性の良いデザインのものを試作中です。

 

 

 

 

 

 

油温管理をしながら交換をして行きますので、

X-entryを接続しておきます。

 

 

 

 

 

 

同時にショートテストも実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

圧送交換を開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと綺麗になった事を確認し、最終調整に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

油量調整の為、少しずつ充填して行きます。

 

 

 

 

 

 

下から覗けば分かり易いのですが、

オーバーフロープラグを伝ってドレンホールから流れ出て来ています。

この様な状態になれば、ATFの油面はオーバーフロープラグ上面とツライチです。

 

 

 

 

 

新しいガスケットを使ってロック!

 

 

 

 

 

元々ATF色が濃い目のグリーンですので、

写真では少し分かり難いというのもありますから言葉で説明を。

 

写真左の古いATFは真っ黒で透明度も全く無く、ドロッとした感じです。

それに比べて写真右の新品ATFは、透明度があり濃い綺麗なグリーンで、超低粘度ATFさながらの非常に柔らかな動きをしています。

 

 

 

 

 

不要なエラーを一旦綺麗にしておいて、走行テストをします。

帰って来てから再びショートテストを実施。

 

走行フィーリングが良い事や、新たなエラーが立ちあがっていない事を確認して、作業終了です。

 

 

 

 

 

 

遠くからお越し頂きありがとうございました。

 

 

 

 

納車後お客様より、交換後の感想を頂けました。

そのまま添付いたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

野間さま

この度は丁寧に整備頂きありがとうございました。
以下、簡単に整備後の変化(気付き)をお示しします。

 

①往路:淡路島経由の徳島自動車道→松山自動車道で燃費16.3Km/lでしたが、復路:しまなみ道→山陽道→岡山   マニュアルモードで回転数上げ気味で16.9Km/l  でした。
大幅に改善されていると感じました。

 

②減速時のギアダウンのショックが大幅に改善されていました。

 

③アイドリングストップから始動する際の不快なショックが軽減させてます。今後フレッシュなATFの洗浄効果で更なる軽減に期待しております。

 

④感覚的ですが、加速が滑らかになったように感じます。

 

ありがとうございました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

メルセデスベンツに乗られている方の参考になると思いますので、

了承頂いて掲載させて頂きました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

今回のATF圧送交換では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ATF圧送交換作業一式

 ・バルブボディ脱着清掃

 ・バルブボディ固定ボルト交換

 ・ATオイルパンガスケット交換

 ・ATオイルパン固定ボルト交換

 ・ATFストレーナー交換

 ・ATFオーバーフロープラグ交換

 ・ATFドレンプラグガスケット交換

 ・ATF(超低粘度ATF/メルセデス純正)交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 112,300- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  107,400km>


■作業メカニック - 野間雄司
■写真撮影 - 野間雄司
■文 - 野間雄司

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら