ATF交換-トヨタ ハイエース(KDH205V)トルコン太郎での圧送交換+ストレーナー交換他 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

高知県から、200系ハイエースのATF交換のご依頼です。

 

 

 

 

 

最初に、現在のATFの状態を把握。

汚れ・量などを確認します。

 

過去に交換歴があるそうで、ATFは少し赤みが残っています。

 

 

 

 

 

 

比較用の便に採取しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

オイルパンを取り外し。

 

 

 

 

 

 

 

何か書いています。

生産ラインででしょうかね(^^;

 

 

 

 

 

綺麗に掃除します。

 

 

 

 

 

 

新しいATFストレーナーを装着。

 

 

 

 

 

 

磁石は取り外して鉄粉を綺麗に取り除きます。

大量の鉄粉が付着していました。

 

 

 

 

 

 

ATオイルパンは、ミッション本体から取り外す際ににはオイルパンカッターを使用します。

強固に貼り付いた液状ガスケットはオイルパンカッターで切って行くのですが、その作業の際に多少歪みが発生します。

 

外れたオイルパンにも大量の液状ガスケットが付着していますので、

それらを今度はワイヤーブラシで全て剥離して行く訳ですが、

カッターによる歪みや、ブラシによる削れのリスク&剥離に掛かる工賃を考えると、オイルパンが比較的低価格で供給されている場合は、

新品に交換した方が、リスクは無いし時間も掛からないし費用も安い!

 

その様な理由から、今回はオイルパンは新しい物に交換しています。

そこに、綺麗にした磁石を貼り付け。

 

 

 

 

 

 

 

液状ガスケットを塗布。

 

 

 

 

 

 

トルクレンチを使って既定トルクにて均等に締め付けて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使用するのは純正ATFです。

 

 

 

 

 

 

トルコン太郎を接続して、

 

 

 

 

 

 

まずは抜けている量を充填します。

 

 

 

 

 

 

エンジンを始動して、ATFの圧送交換を開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品ATFとほぼ同じレベルまで綺麗になったら油量調整をします。

 

 

 

 

 

 

接続解除の際に、抜けて来るATFを比較用瓶に採取。

 

 

 

 

 

 

とっても綺麗になりました!!

 

ATF交換は、ATFの見た目の変化よりも、

実際乗って頂くと、その変わり様に皆さん驚かれています。

 

当社から乗って出て、

国道に出てアクセルを踏んだ瞬間に違いを実感しました!!という感想をよく頂きます。

 

 

是非この感覚を多くの人に味わって頂きたい!

 

興味のある方は是非お問い合わせ下さい(^^)/

 

 

 

 

今回のATF圧送交換では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ATオイルパン

 ・ATオイルパンガスケット

 ・ATFストレーナー

 ・ATF


今回の修理ご請求額は、 ¥ 54,680- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  142,500km>

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら