車検整備-フィアット500(31212)足回りから異音&冷却水漏れも修理 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆


それでは説明に移らせて頂きます。

 

 

 

 

まずはリフトで上げて各所点検をします。

 

点検でご来店頂いた際に気になっていたのが、

少し道の悪い所を低速で走った時に足回りから出るガコガコ音。

前回点検の際にだいたいの目星は付いていたのですが、

念の為、足回り全ての箇所をチェックします。

 

 

 

 

 

 

他の箇所も含め、下回りを点検中に、

オイルエレメントの所に冷却水の漏れた痕跡を発見。

 

真上には、ウォーターバイパスホースとウォーターポンプがありますが、

このフィアット500をフリークで購入頂いた際に、既に交換済み。

まさか、ウォーターポンプの取付面から??

(フィアットのウォーターポンプは、液状ガスケットの為)

と思ったのですが、

どうやらウォーターパイプの刺さり口からの様子。

 

 

 

 

 

 

 

漏れ箇所を確認する為、

オイルエレメントを取り外し、

O2センサー、エキマニ遮熱板も取り外して確認。

 

ウォーターポンプ裏側から刺さっているパイプの

刺さり口からジワ~っと冷却水が漏れてきています。

 

 

 

 

 

 

パイプを抜き取って、

 

 

 

 

 


シーリングガスケットを取り外し。

 

 

 

 

 

 

新旧比較すると、その劣化具合が良く分かります。

 

 

 

 

 

元に戻して加圧テスト。

問題無し!

 

 

 

 

 

スタビライザーリンクロッドは左右ともブーツ破れ。

車検に通りませんので交換です。

 

同時に、足回りからのガコガコ音も直します。

 

 

 

 

 

 

 

カウルトップを取り外して、

 

 

 

 

アッパーマウントを交換します。

 

 

 

 

 

こちらが異音の原因。

 

 

 

 

 

新品がこちら。

 

 

 

 

 

この部分が、新品と不具合品の厚みが違います。

目を見張る程潰れている訳ではありませんが、

 

交換前の足回りは、リフトで上げた後下から持ち上げるとガコガコ・・・

交換後は下から持ち上げても揺らしても、微動だにしません。

 

 

 

 

 

 

こちらは左側。

取り外した部品と、

 

 

 

 

 

こちらが新品。

右側同様厚みが違います。

 

 

 

 

 

 

スタビリンクロッドも交換。

右側。

 

 

 

 

 

左側。

 

アッパーマウント上部は楕円にになっていますので、

ストラットアッパーホールの形状にぴったりと合わせて組み付けます。

 

 

 

 

 

 

 

リヤホイールシリンダー、ブレーキフルード漏れです。

 

 

 

 

 

 

ホイールシリンダーはASSY交換となります。

 

 

 

 

 

 

純正品をチョイスすると、

部品代だけで左右セットが3万円を超えます。

ここは優良部品をチョイスして、お財布に優しい整備を。

 

組み付け後、バックプレート側からパーツクリーナーを吹き込んでの確認。

ホイールシリンダーとバックプレートの当たり面隙間から

ドラム内部に少量の侵入を確認。

一度取り外して取付面に液状ガスケット塗布してから、

再度組み付けています。

 

 

 

 

 

 

 

エンジンオイルを排出。

 

 

 

 

 

 

オイルフィルターエレメントを交換。

 

 

 

 

 

 

エンジン上部の部品を外したついでに、

 

 

 

 

 

真っ黒に汚れているスロットルボディを、

 

 

 

 

 

綺麗に掃除しておきます。

 

 

 

 

 

デュアロジックのポテンションメーター。

油圧低下検出・デュアロジックフルード漏れの原因はここが多いので、

 

 

 

 

 

 

 

取付面のOリングを交換しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、更に分解した所に使われているこちらのOリングは、

かなり変わった形状の物。

しかも、ここからも滲みがよく発生します。

 

漏れが酷い場合はポテンションメーターごとの交換となりますが、

部品代はかなり高額な為、

距離から考えても不具合発生の場合は

デュアロジックユニットASSY交換をお勧め致します。

 

 

 

 

 

 

デュアロジックフルードの交換。

 

 

 

 

 

 

使うのは専用フルード。

 

 

 

 

 

 

1回目の交換で抜き取ったフルード。

 

 

 

 

 

フルードを循環させて、2回目の抜き取り。

 

 

 

 

 

 

2回目抜き取ったフルード。

 

 

 

 

 

 

ハイマウントストップランプ球、5個の内1個が球切れ。

 

 

 

 

 

 

脱着に際して割れやすい部品ですし、

球は1個110円。

1個交換するも5個全部交換するも工賃は同じですし、

他の球も少し黒く焼け始めています。

 

断りも無しに5個とも全て交換(^^;

 

 

 

 

 

エアコンクリーンフィルターも交換。

 

 

 

 

 

 

新品はこちら。

 

 

 

 

 

 

ワイパーブレードは左右セットで2,800円。

お買い求めしやすい価格です。

 

 

最後に、フロントタイヤが左右ともスリップサインが出ていましたので、

タイヤ、及びエアバルブを交換して車検整備完了です。

 

 

 

 

 

サーモスタットを対策品に交換しましょう!とお話ししましたが、

確認すると既に対策済みに交換されていました。

 

あれ??っと思いながらカルテを確認。

 

このフィアットをご購入頂いた際の納車点検整備時に

フリークで対策品に交換していました

 → 過去のブログにも載せてるし・・・

 

何ともまぁ、頼り無い記憶力(-_-;)

仕事終わりのビールのせいか・・・

それとも持って生まれたものか・・・(^^;)

 

 

そして凝りもせず本日も、

「明日からのハードワークに備えて!」

という訳の分からない言い訳を奥さんにしながらビールを頂きます(笑)

 

 

 

 

上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・エンジンオイル(ASH )交換
 ・オイルエレメント交換
 ・ブレーキフルード(DOT4)交換
 ・ロングライフクーラント(冷却水)交換

 ・フロントワイパーブレード左右セット交換

 ・エアコンクリーンフィルター交換

 ・リヤブレーキホイールシリンダーASSY左右交換

 ・ウォーターパイプシーリングガスケット交換

 ・エラスティックパッド(アッパーマウント)左右交換

 ・フロントスタビライザーリンクロッド左右交換

 ・スロットルボディ清掃

 ・デュアロジックフルード2回交換

 ・デュアロジックポテンションメーターOリング交換

 ・ハイマウントストップランプ球5個交換

 ・タイヤ(175/65R14) 2本交換

 ・タイヤエアバルブ 2本交換

 ・コンピュータ診断機接続チェック

 ・デュアロジックキャリブレーション他実施


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥246,000- です。 
   (内、諸費用は 77,410円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  57,300km>

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ