トラブル修理-メルセデスベンツ(AMG-S63)のベルト切れ | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

珍しく、数日ダウンしてしまいました(^^;

 

喘息持ちのなので気管が弱いから、

日頃から手洗いうがいなど気を付けているので滅多に病気をしないのですが、

数日前から咳が止まらない、頭が痛い、鼻水が止まらない・・・

 

インフルエンザが猛威を振るっていますので流石に怖くなり病院で検査して貰いましたが、

インフルエンザには感染していなかったので一安心。

 

ですが、

風邪をひくと喘息も併発してしまいますので、

なかなか厄介です(^^;

 

体調もようやく良くなってきましたので、

今日から本腰を入れて整備に取り組んでいます!!

 

23歳の息子も今日から正式にフリークの従業員です。

作業のペースアップ、頑張ります。

 

 

 

さて今回は、

ベルトが切れて大変な事になってしまった車が2台。

 

ブログ2回に分けて紹介させて頂きます。

 

 

順番に紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

AMGのS63です。

走行中、ABC警告灯とバッテリー警告灯が点灯。

パワステも効かなくなりました。

 

この車重&タイヤでパワステが無いと、

動きながらのハンドル操作すらままなりません。

 

フリークまで乗って来られたオーナーさんの腕力に関心!!

 

 

 

 

 

 

破断したベルトが・・・

 

 

 

 

 

アイドルプーリーの一部が金属のベアリングのみになっています。

 

 

 

 

 

ベアリング表面のプラスチック部分だけが割れてしまった様です。

 

 

 

 

 

裂けるチーズの様に、見事に裂けたドライブベルトが、

あっちこっちに絡まっていてすごい事になっています。

 

 

 

 

 

アンダーカバーを取り外すと車両下の方にも垂れています。

 

 

 

 

 

 

千切れたゴムカスがあっちこっちに飛び散っています。

 

 

 

 

 

 

オルタネータは凄い事に・・・

 

 

 

 

 

絡まったベルトを全て綺麗に取り除き。

 

 

 

 

 

今回の原因となったプーリー以外も、

全て新品に交換する事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

プーリーを取り外していきます。

 

 

 

 

 

取り外したプーリーたちです。

 

 

 

 

 

 

取り外したプーリーと新品のプーリー。

 

 

 

 

 

 

オートテンショナーにはAMGのロゴまで入っているんですね。

 

 

 

 

 

全てのプーリーを取付。

交換しなかった回転軸もガタや異音が無いかを点検。

 

 

 

 

 

 

ベルトを装着。

 

 

 

 

 

 

レイアウトはこの通り。

テンショナーのロックを解除して、

エンジン始動後も問題が無い事を確認。

 

冷却水量の確認と補充、エンジンルーム洗浄をして整備完了です。

 

 


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

※「エラーコードが〇〇ですが、原因は何ですか?」という問い合わせを同業者さんから頂く事がありますが、仮に同じコードであっても、原因が必ずしも同じとは限りませんし、診ていないお車の故障診断をコードだけで行う事は無理ですので、ご理解下さい。

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ