一般整備-BMW 328i (F30)WAKO'S RECS(ワコーズ レックス)施工 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

去年の今頃は、

日が暮れると、ライトに群がって来る大量のカメムシに悩まされていましたが、今年は殆ど見かけません。

 

カメムシ大量発生の年の冬は寒さが厳しくなるという事が昨シーズンに実証されたので、これで今年が暖冬だったら、カメムシ、凄いですね(笑)

 

 

さて、今回は、高年式BMWのWAKO'S RECS施工です。

 

実施出来るのか、それとも出来ないのか、

和光ケミカル本社に聞いても情報が無く、

WAKO'S営業マンからも情報無しとの結果。

もちろんネット上にも情報が無いので、

一先ずお客様にご来店頂き、実施可能かどうかを現車確認させて貰う事に。

 

 

 

 

 

 

スロットルボディ直後に装着されているマップセンサー。

場所的にもベスト!

ただ、ここから吸引させる事でエラーが立ったりしないかも確認していきます。

 

 

 

 

 

穴は結構大きめなので、テサテープにて一回り大きくして装着。

 

 

 

 

 

 

RECS充填器のエアー導入孔を塞いで、

掛かる負圧を少し高める必要はありましたが、

比較的簡単に実施が可能です。

 

 

 

 

 

 

マップセンサー取り外しにより、コード118402を検出。

(混合比補正/リッチストップ信号)

弊害(?)はこれだけです。

 

診断機があれば、問題無く実施出来る事が分かりましたので、

参考にしてみて下さい(^^)

 

 


今回の修理ご請求額は、 ¥ 6,480- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  36,300km>

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

※「エラーコードが〇〇ですが、原因は何ですか?」という問い合わせが、同業者の方から入ってきます。同じエラーコード(DTC)であっても、原因が必ずしも同じとは限りませんし、診ていないお車の故障診断をエラーコードだけで行う事は無理ですので、ご理解下さい。

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス