車検整備-アウディ TT(8NAUQ)タイミングベルト交換も  | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

車検をご用命頂きありがとうございました<(_ _)>


車検整備の内容を、写真付きで解りやすく紹介しております。
整備の内容だけでなく、同時にお車の状況を把握する事も出来ると思いますので、
ぜひ、最後までお付き合い下さい(^^)


◆◆お願い◆◆


本文中に専門用語なども出てまいります。
理解しにくい内容になってしまうかも知れませんが、
解説付きのだらだらと長い文章になる事を避ける為、
専門用語の使用についてはご理解下さい。
なるべく解りやすくお伝え出来る様、努めてまいります<(_ _)>


◆◆◆◆◆◆◆

 

車検で広島県からお越しのお客様。

今回が最後の車検になるか、それともまだ数年乗るか、

迷いながらの入庫をして頂き、

同時に時期的な所でタイミングベルト交換も検討されていました。

 

 

タイミングベルトの状態の写真をメールでお届けし、、

状態を確認後奥様とご相談。

結果、まだ数年乗られることを決定して、タイミングベルト交換決定です。

 

 

 


それでは説明に移らせて頂きます。

 

 

 

 

リフトで上げて、整備の準備。

 

 

 

 

 

タイミングベルト交換作業は、かなり狭い中での作業となりそう(^^;

 

 

 

 

 

インタークーラーパイプは取り外さないと、

タイミングベルトどころか、ドライブベルトすらメンテナンスが出来ません。

 

 

 

 

 

ドライブベルトレイアウト。

両面に溝があるタイプのベルトです。

 

 

 

 

 

クランクプーリーダンパーは大丈夫そう!

 

 

 

 

 

 

 

冷却水のエキスパンションタンクや負圧系ホースを取り外し、

 

 

 

 

 

 

パワステフルードタンクも取り外し。

ついでにフルードも抜き替えます。

 

 

 

 

さらに、邪魔になるものをどんどん取り外していきます。

エンジンマウントの連結も解除していますので、

下から持ち上げています。

 

 

 

 

 

タイミングベルトカバーを取り外し。

 

殆どの車では、

ここから、エンジン側に残っているエンジンマウントを取り外すのですが・・・、

後に出て来ますが、このマウントの全容はかなり大きく、

実はここまで分解しても取り外しが出来ません。

 

 

 

 

 

エンジンを持ち上げると、ブレーキフルードパイプに干渉。

 

 

 

 

 

エンジンを下げると、今度は金属パイプに干渉。

 

 

 

 

 

 

という事で、マウント取り外しは一先ず頭から外します。

カムのスプロケを位置合わせ。

タイミングベルトとカムプーリーの相対位置をマーキング。

 

 

 

 

 

 

クランク側にも。

 

 

 

 

 

テンショナープーリーを緩めてタイミングベルトをプーリーから外します。

 

 

 

 

 

テンショナープーリーを取り外し。

 

 

 

 

 

 

続いて、オートテンショナーロッドを取り外します。

 

ここまで取り外せば、

 

 

 

 

 

エンジンマウントのエンジン側をようやく取り外せます。

 

こんなに大きく、しかも張り出しも大きいので、

取り外しはこの段階となります。

 

輸入車の整備では、基本セオリーは頭から外して、

柔軟性とひらめきを持って取り組む事が大切です。

 

 

 

 

 

 

マウントが外れたエンジンサイドは、とってもすっきり。

 

 

 

 

 

タイミングベルトはこのレベルの劣化。

 

 

 

 

 

 

ウォーターポンプも交換します。

 

 

 

 

 

少し見える冷却水、あまり良くない色をしています。

色だけでは判断出来ませんが(最近は添加剤による性能復活の方が性能アップする為、交換よりも添加剤を選ぶ傾向にある為)、

ある程度色味が変わって来たら、

しっかり抜き替えて綺麗な色に戻してあげるといいですね。

 

 

 

 

 

 

ウォーターポンプ組み付け。

 

 

 

 

 

 

取り外したエンジンマウントは、洗剤を使ってゴシゴシ!

 

 

 

 

 

 

この張り出しの間に、オートテンショナーロッドやタイミングベルトが装着されるのです。

ベルトには出来るだけ汚れを移さない様に。

 

 

 

 

 

まずはエンジンマウントを差し込みます。

大体の位置にセットしてフリーにしておきます。

 

その隙間からテンショナーロッドを挿入して組み付け。

 

 

 

 

 

続いてテンショナープーリーを組み付けます。

 

 

 

 

 

タイミングベルトを組み付けて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

タイミングベルトのコマ合わせ。

問題無ければテンショナーを開放します。

 

 

 

 

 

マウントを仮固定。

 

 

 

 

 

ベルトカバーも掃除済み。

組み付けます。

 

 

 

 

 

 

最後に、マウントを完全固定します。

 

 

 

 

 

ドライブベルトも交換します。

 

 

 

 

 

全容を望みやすいこの状態で、ドライブベルトも組み付け。

 

 

 

 

 

 

エンジンとシャーシを繋いでいきます。

 

 

 

 

 

エキスパンションタンクも綺麗に掃除済み。

 

 

 

 

 

 

エンジンを始動してエア抜き開始。

 

 

 

 

 

タイベル関係で交換した部品たち。

 

 

 

 

 

破損していたバキュームホース。

 

 

 

 

 

 

前後は在庫しているホースバンドにて固定。

 

 

 

 

 

試運転&冷却水のエア抜きをしっかり行って完成です。

 

 

 

上記交換部品も含め、今回の車検で交換した部品や作業した箇所は、


 ・タイミングベルト交換

 ・タイミングベルトテンショナー交換

 ・タイミングベルトローラーベアリング交換

 ・ウォーターポンプ交換

 ・ドライブベルト交換

 ・ロングライフクーラント(Audi専用)交換

 ・ブレーキサーボホース交換

 ・サーボホースバンド 2個交換

 ・ブレーキフルード交換

 ・フロントワイパーブレードセット交換

 ・パワーステアリングフルード充填

 ・ドア内張り脱着 ウェザーストリップゴム取付


以上となります。


交換を必要としなかった部品につきましても、
各所点検・調整・清掃・グリースアップなど行っております。


今回の車検ご請求額は ¥ 287,000- です。 
   (内、諸費用は 96,390円です)

 

ありがとうございました<(_ _)>

 
 <参考データ:車両走行距離  km>

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス