トラブル修理-フィアット500(fiat500-TwinAir)加速時ニュートラル(ギア抜け) | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

高速走行などで5速で走行中、

前の車を追い抜こうとアクセルを踏み込むと、

「ピーン!ピーン!ピーン!・・・」という音と共に、

ギアがニュートラルになって走行不能(加速しなくなる)に陥るという恐怖の症状。

 

寒い時は度々症状が出ていたそうですが、

暖かくなって来てからは数週間に1回、

最近では1ヶ月に1回位にまで減って来ているそうです。

 

 

診断機を接続してフォルトを呼び出すと、

スイッチモジュールに関するフォルトを記憶していました。

 

フォルト記憶のその瞬間は、

 

現在のギア・・・5速

目標ギア・・・3速

油圧・・・41bar

 

という事で、

まさにキックダウンの瞬間にエラーが発生した事が分かります。

油圧が41barという事なので、

一瞬40barを下回るも、油圧ポンプ動作が間に合わなかったのか、

それともアキュームレーターの能力低下か、

もしくはデュアロジックフルードの劣化によるものか。

 

お預かり以後試運転を繰り返すも、症状は全く出ず・・・(^^;

 

 

症状の発生条件の変化と、

そこから導かれる可能性の高い部品について、

お客様と相談の上、交換を勧めていく事にしました。

 

 

 

 

 

フィアット500 ツインエアーです。

アイドリングストップも付いています。

広島県福山市からお越し頂きました。

 

アキュームレータ―とデュアロジックフルードの交換を行っていきます。

 

 

 

 

エンジンルームです。

デュアロジックシステムはバッテリー下です。

 

 

 

 

 

 

 

アキュームレータ―。

 

 

 

 

 

新品。

 

 

 

 

取り外したアキュームレータ―。

新品に交換をして、外した物を元に戻して行きます。

 

 

 

 

バッテリーターミナルに錆が発生していましたので、

綺麗に掃除をしてグリースを塗布しておきました。

 

 

 

 

 

デュアロジックフルードですが・・・

何故か真っ赤っか・・・!!??

 

 

 

 

しかも、油量なんて完全無視で、上の口元までマックス入っています(^^;

 

 

 

タンクの上の口元からあふれ出たフルードが

周辺のパーツに飛び散っています。

 

 

 

 

何より問題はこの真っ赤な液体。

もしかしてATFが入っている??

 

デュアロジックはATではありません。

2ペダルですが、中身はミッション車です。

 

適合が取れているデュアロジックフルードは、

私が知る限りでは、MOTULの1種類以外は、純正のみです。

いずれもギアオイルなので、デュアロジックフルードの赤色は存在しないはず。

(未確認オイルメーカーも沢山ありますので、その限りではありませんが)

 

過去に誰かが間違ってATFを入れたのかな?

しかも、基準量を無視して口元までたっぷりと・・・(^^;

 

 

 

 

 

抜いていきます。

 

 

 

 

フリークでは、純正デュアロジックフルードを常時20リットル程度在庫しています。

 

 

                                                                                                                                                             

 

デュアロジックフルードは、殆ど透明な、若干だけ黄色みがかった液体です。

 

 

 

 

比重が違うみたいです。

おしゃれなカクテルみたいになっています。

エンジンを始動してデュアロジックフルードを回して、

再びまた抜き取るを繰り返していきます。

 

 

 

 

 

 

少し透明がかってきました。

 

 

 

 

更に交換を繰り返す事で、

随分と透明になって来ました。

でも、まだ赤みが取り切れません。

 

ただ、これ以上繰り返しても費用がかさんでいくだけですので、

フルードの交換をしやすい様ちょいと手を加えた状態で納車させて貰う事にしました。

時間をかけて本来のフルードに戻して行くしか無さそうです。

 

 

 

 

 

 

諸条件にて油圧の変化とポンプ駆動時間やタイミングをチェック。

 

問題無さそうです。

 

 

デュアロジックフルードの交換をしに、

来月も来店頂けるそうです。

遠いのに申し訳ないです(^^;

 

 

 

今回のデュアロジック異常では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・デュアロジックフルード 8リットル交換

 ・デュアロジックアキュームレータ―交換

 ・デュアロジックキャリブレーション

 ・クラッチミートポイント調整

 ・フォルトメモリーチェック


今回の修理ご請求額は、 ¥ 77,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  42,900km>

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス