トラブル修理-スバル ステラ(RN1) 加速時や登坂時にのみしゃくる | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

お久しぶりです(^^;

 

先週末、とうとう娘の一人暮らしが始まりました。

先月から今月3月頭まで、

何度か奈良に通っては、住む所を探したり、

勤務先の会社に挨拶に行ったり、

家具・家電製品を揃えたりと大わらわで、

平日夜は準備に勤しみ、週末は奈良に走るという日々が続きました。

 

色々と考えたり準備したり心配したりでなかなか落ち着く事もありませんでしたが、

ようやく一連のバタバタも落ち着いて、いつもの流れに戻って仕事をしていると、ふと・・・

「娘の今日の晩御飯は何にしようかなぁ」と考えてしまう自分がいて、

あっ!もう居ないんだと思った時に、

こみ上げてくる、何とも言えない寂しさ(^^;

 

私も親に味わせたこの思いは、

自分の子供たちにも味わされ、

そしてその子供たちもいずれは同じ思いを味わうんですね。

 

とは言え、まだまだ心配が尽きないのが親心。

今日も朝から、「ちゃんとご飯食べているか??」とか、

「風が強いんだから、原付は気を付けろよ!」とかLINEを送りました(笑)

 

いい加減、子離れしないと・・・(^^;

 

 

 

さてさて、

娘の話はさておき(^^;

 

今日はスバルのステラです。

 

加速時や登坂時にだけ、

「ウォン!ウォン!ウォン!」としゃくるという症状。

冷間時のファーストアイドル時や、

普通に一般道を走っている時は、症状が出ません。

 

 

 

ご来店頂き試運転するも、

普通に走ったのでは症状が出ません。

アクセルを少し強めに踏み込んでやると症状が発生!

 

 

 

 

 

診断機を繋いでみると、4番シリンダーに失火が発生というメモリー。

 

 

 

 

3番と4番のスパークプラグを取り外して比較してみますが、

電極部はさほど変わらず・・・

 

ハイテンションコードにはリーク痕無し。

 

 

 

 

でも、絶縁体部分に焼けた様な跡が!

 

原因はこれに間違いないのですが、

念の為、スパークプラグは2番と4番を入れ替え。

ハイテンションコードは3番と4番を入れ替え。

 

 

 

 

 

自動車専用道に持って行って、そこで急加速!

エンジンチェックランプまで点灯。

 

 

 

 

2番シリンダーの失火を検出。

2番シリンダーの失火が発生すると同時に、

エンジン不調がエンジン振動を引き起こし、

少し短いのに無理矢理繋いでいた3番のハイテンションコード(元々は4番シリンダー用のコード)が少ししたら抜けて、

3番シリンダーの失火も検出。

 

 

 

 

純正プラグは右側。

新品と比較すると、何かすごい焼け具合に感じます。

 

 

 

 

絶縁体が割れているのかな?とも思い、

焼け跡をワイヤーブラシで掃除してみましたが、

絶縁体は至って綺麗な状態。

 

スパークプラグの電極部不良が原因で、

行き場を失った電気が絶縁体を飛び越えてエンジン本体にリークしていたんですね。

イリジウムや白金プラグの劣化は目視では殆ど分かりませんが、

ある程度の距離を迎えたら、早めの交換がお勧めですね。

 

 

スパークプラグを純正の物に交換し、再び自動車専用道にて、

先程と同じ走りを実行。

 

 

 

 

エラーの検出も無く、エンジンも絶好調になりました。

 

 

 

 

 

入庫ついでにリフトアップして下回りを点検。

 

オイルメンテは近所のカー用品店さんで行っているそうですが、

締付トルクの管理方法って、ほんと、人それぞれなんですね。

 

でも、いずれの合いマークも微妙に合っていないという・・・(笑)

 

締付トルクは39Nmなので、体に染みつくまでは、

トルクレンチを使って管理する様にしましょう~(≧▽≦)

 

 


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  71,920km>

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス