トラブル修理-日産エルグランド(E51)時々エンストする | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

家で使っているエルグランドですが、

ここ最近アイドリングストップ機能が付いたみたい??(^^;

 

DレンジからRレンジに切り替えた際に、時々エンストし出しました。

 

エンジン始動から5分ちょっとで症状が出た事が1回、

1時間以上走った後に症状が出た事が1回。

 

どうやら、エンジンの暖気状態にはあまり関係無く発症するみたいです。

 

 

この1ヶ月で間隔を空けて2回発症したけれど、

いずれもDレンジからRレンジへの切り替え時、

つまり、駐車しようとした際の発症なのでさほど焦ってはいなかったものの、

とうとう3回目のエンストが。

 

しかも、走行中にすぅ~~っとエンジンが止まったらしく、

たまたま後続車がいなかったから端に寄せ、

エンジン再始動し事無きを得たそうですが、

流石にちょっとこれは恐い!

(ちなみに、3回エンストの内1回は、モニター内に「エンジンエラー」的な感じの表示が出たそうです)

 

 

診断機を繋いでフォルトメモリーを呼び出してみると、

 

スロットルセンサーのフォルトを検出しています。

やはり原因はスロットルボディみたいです。

 

 

 

 

E51エルグランド。

3500ccのハイオク仕様エンジンに4WDの組み合わせで、

アメ車にでも乗っているかの様な燃費を実現させています。

 

 

 

しかも、整備性まで強烈に悪いという・・・(^^;

 

 

 

スロットルボディは左側奥の方にあります。

 

 

 

 

 

 

真っ黒に汚れています。

バタフライの両端隙間を殆ど潰している状態。

 

 

 

 

 

綺麗に掃除。

 

 

 

 

隙間もしっかり出来ました。

 

続いては、

いつか交換しようと思い取り寄せていたスパークプラグ。

整備性の悪さと時間の無さから先送りにしていましたが、

このタイミングで作業しなくて、一体いつやるの??

 

という事で、日付が変わりつつある時間帯ではありますが、

寒さに耐えながら交換します。

 

 

 

 

 

 

特に大変なのが右バンク。

邪魔になる車両ハーネスも何ヶ所か外して作業スペースを確保。

 

 

 

 

かなり狭い為、袖のある服を着ていると腕が入りません。

仕方なく、上着も脱いで袖もめくって腕を突っ込みます。

暖かくなってから作業すべきだったと激しく後悔しながら。

 

 

 

 

 

 

オイル、喰ってますね(^^;

粘度、上げようかな。

 

 

 

今回のエンスト修理では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・スロットルボディ脱着清掃

 ・スロットル全閉位置学習

 ・急速TAS学習

 ・スパークプラグ交換


ご覧頂き、ありがとうございました<(_ _)>


 

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス