ATF交換-BMW ミニクラブマン(R55)ATF交換+ATFストレーナー交換他 | フリークのブログ

フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

今回のATF交換はミニクラブマンです。

 

圧送交換は行えませんが、1回の交換量を多くし、

それを繰り返す事で新品のATFレベルまで綺麗にする事が出来ます。

 

ただ、オイルパン脱着は少々難あり(^^;

 

それではスタートです。

 

 

 

「ホットチョコレート」のミニクラブマンです。

ミニに似合うボディカラーですね(^^)

 

 

 

 

ATオイルパンは、一見簡単に脱着可能に見えますが・・・

 

 

 

 

実は、取付ボルト1本だけが

エンジンフレームとメチャクチャ接近しています。

しかもトルクスボルトが使われているという・・・(^^;

 

 

 

真下から見ると、フレームの赤丸当たりのちょうど真裏にそのボルトがあります。

これを取り外すのに通常エンジンフレームを取り外すのでしょうが、

ATオイルパンを取り外す為だけにかなりの時間とリスクを取るのは少し現実的ではありません。

「整備」は遠回りした方が確実でしかも早く行えるという事が多々ありますが、このR55~R56ミニに関しては、自作した工具を使ってボルトを取り外します。

 

 

 

 

ちなみに、他のボルトは六角です(^^;

 

 

 

 

ミッションジャッキで少しだけエンジンを持ち上げて、約1cmのクリアランスを確保

(それでも狭くて、かなり時間を要しますが)。

自作SSTとその他工具を駆使して取り外します。

 

 

 

 

まずはオイルドレンからATFを排出。

続いて、ミッションのドレンからも排出。

 

 

 

 

オイルパン取り外し。

 

 

 

 

 

 

オイルパンの底は真っ黒。

鉄粉を吸着する磁石には、大量の鉄粉が吸着されていて、

一回り太く大きくなっています。

 

 

 

 

 

ATFストレーナーとオイルパンガスケット。

 

 

 

 

取り外したATFストレーナーです。

真っ黒に汚れています。

内部フィルター部にはいくつかのゴミが吸着されています。

 

 

 

 

こちらが新品。

このシルバーが、汚れてあんなに真っ黒になっているんですね。

 

 

 

 

 

 

バルブボディもソレノイドも綺麗に掃除します。

 

 

 

 

ATFストレーナーを取付。

 

 

 

 

オイルパンも綺麗に掃除。

新しいガスケットを取り付けて、本体に戻します。

 

 

 

 

問題のボルトは、今後の事も考えて外しやすい六角ボルトに交換。

(お隣のボルトと交換しただけですが)

 

 

 

 

トルクスボルトは外しやすい位置に移動です。

 

 

 

 

 

ATFを充填しエンジン始動。

各レンジに入れながら少し暖気。

ある程度回った所で再び排出。

これを2回繰り返します。

 

最後、ATFを既定量充填し、診断機を繋いで油温を確認。

 

 

 

 

 

油量調整温度まで上がったことを確認し、

オーバーフローさせて油量調整。

 

 

 

 

 

ATFはここまで綺麗になりました。

 

 

 

 

 

お次はエンジンオイル。

こりゃ、結構真っ黒ですね。

 

 

 

 

フィルターも取り外します。

 

 

 

 

新品のフィルターカートリッジに交換。

Oリングも新品に交換して、エンジンオイルを既定量充填。

 

診断機にてフォルトメモリーをチェック。

サービスインスペクションも各項目点検し、

実施した項目をリセットします。

 

 

 

 

 

運転席の後ろドアが開かないので、ついでに診ておいて欲しいとの事。

 

 

 

 

原因はこちらの部品です。

運転席ドアが開くと、こちらのロックがピョコと出て来て、

「運転席ドアが開いたので、リヤドアも開ける事が出来ますよ~」

となりますが・・・

 

このロックの動きが非常に悪い。

掃除をして潤滑して何度か動作させても、

いまいちしっかりと出て来ないんです

(写真は、私が指で少し引き出しています)。

ここまで引き出すと、リヤドアは開ける事が出来ます。

 

部品交換を検討してみて下さい(^^)/

 

 

 

今回のR55ミニのATF交換では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ATオイルパン脱着清掃

 ・ATオイルパンガスケット交換

 ・ATFストレーナー交換

 ・ATF(BMW JWS3309適合確認済みATF)

 ・エンジンオイル交換

 ・オイルフィルターカートリッジ交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 81,400- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  103,270km>

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

フリークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス