フリークのブログ

自動車の整備を、もっと身近に、もっと分かりやすく!!

「それって幾らになるの??」にも、明確にお答えします(^^)


テーマ:

さて、昨日のブログの続き??です。

 

Z4の向かいで冷却水のエア抜きが行われていたS63。

 

お客様が、

「何か変な臭いがするんだけど、診てみて~!」と、乗って来られました。

完全に冷却水の臭いで、結構臭いが広範囲に広がっています。

つまり、冷却水の漏れている量が多く、

更に熱量もそれなりに多い為、周辺に臭いが充満しているという状態。

 

 

 

 

 

ラジエータキャップを開けても冷却水の液面は見えません。

吹き返しに気を付けながら水を充填すると、

ラジエータのサイドタンク付け根から噴水の様に噴き上げて来ます。

 

 

 

 

 

 

ラジエータが割れているのは分かりましたので、

早速取り外しに掛かります。

 

 

 

 

 

ラジエータの前にはエアコンコンデンサー、

そしてその更に前に、ABCオイルクーラーなどが取り付けられていて、

下にはATFクーラーまで・・・

熱対策の徹底ぶりが素晴らしいですが、整備性が非常に悪い(^^;

 

先日のZ4のラジファン交換が夢の様・・・

 

 

 

 

 

ACコンデンサーごと降ろしますので、ガスも回収します。

 

 

 

 

 

ATFクーラーを取り外してぶら下げておき、

両端の隙間から大きなブラケットをごっそりと外しにかかります。

 

 

 

 

 

WISではラジのみ引き抜く様になっていましたが、

コンデンサー一体で降ろした方が遥かに早いし確実です。

 

 

 

 

 

 

サイドタンクがバックりと裂けたラジエータ。

 

 

 

 

 

 

こちら新品ラジエータ。

 

 

 

 

 

 

サーモスタットも同時交換します。

 

 

 

 

 

 

取り外したサーモスタットハウジングのパッキンは真っ平らに潰れていました。

 

 

 

 

 

 

こちらが新品です。

 

 

 

 

 

 

取付面を綺麗に掃除。

表面も磨きます。

 

 

 

 

 

時々異音がしていたので、ドライブベルトも交換です。

あぁ、なんて交換しやすいんでしょう。

 

 

 

 

 

全てを組み付けて、エアコンガスを充填。

冷却水のエア抜きは非常にスムーズに進み、

幾度かのエンジン冷暖を繰り返して、

最終液面調整を行い、全ての作業完了です。

 

 

今回のオーバーヒート修理では、

上記内容も含め以下の作業を行っております。


 ・ラジエータASSY交換

 ・クーラントホース交換

 ・サーモスタット交換

 ・ロングライフクーラント(メルセデスベンツ用)充填

 ・エアコンガス充填

 ・エアコンコンディショナーオイル充填

 ・ドライブベルト交換


今回の修理ご請求額は、 ¥ 220,000- となっております。


ご用命、ありがとうございました<(_ _)>


 
 <参考データ:車両走行距離  96,700km>

 

※同じ内容の故障事例でも、作業内容や手順、個体差や経年劣化、部品価格の変動等により必ずしも同一価格・同一修理とはなりません。上記価格や修理内容を他の整備工場さんに強要する様な行為はご遠慮下さい。

 

※「エラーコードが〇〇ですが、原因は何ですか?」という問い合わせが、同業者の方から非常に多く入ってきます。同じエラーコード(DTC)であっても、原因が必ずしも同じとは限りませんし、診ていないお車の故障診断をエラーコードだけで行う事は無理ですので、ご理解下さい。

 

 

 

ブログランキングに登録しています。
クリックして頂けるとランキングが上がりますので、お願い致します(^^)

 

 

★愛媛新聞社の「マイベストプロ」に掲載されました

 

 

★愛媛の社長TVに掲載されました



★株式会社フリークのホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。