2013年09月28日

どんな秋を過ごしたいかって

テーマ:秋探し
$酒とホラの日々。-秋の池

池に映る秋の空。水面を渡るのも秋の風。

あんなに暑いの蒸すのと不平を述べていたのに、
ちょっと肌寒さを感じて冬の予感(冬は冬なりの面倒や沈滞が
あります)がしてくるととたんに、
暑くても賑やかな夏が好き、威勢の良い夏って最高、
と云う気分が出てきてしまう我ながらなんとも軟弱ぶり。

どうあがいても秋はやってきて、確実に進行していくのですが、
この時期、年とともに季節と向き合うことが
なんともおっくうになってきたのは、
ひとつにはリアルな秋の進展に
我が身が人生の秋を転げ落ちていくような不安を
突きつけられているような気分をもたらしているからなのかもしれません。
 
何が不安なのか、一つ一つあげればいくらでもあるかもしれませんが、
すべての不安が現実の災厄に転じるかどうかなんて分からないわけで、
不安がっていたところでどうにもなるわけでもありません。
たいていの不安の実態なんて、自分ではコントロール不能のことに
余計な妄念ををこねくり回しているだけなのですが
中途半端な意識や大脳を抱えた人間とはつくづく厄介なものです。

それは森の静けさが怖いとか、波のない水面が怖いとか
なんとなくたいした理由もなしに言っているようなもので
そこですくんでしまっていては、いよいよ身動きもとれず面白いことも
起こりませんよね。
 
こんなつまらないことを考えながら、
散歩途中に静かな池を眺めていたのですが、
いい加減に飽きて帰りがけ、石をほうり投げてみましたら
とたんにまるい波紋が広がっていき、静かな水面の一気に躍動を始めた 
ような気分になりました。
 
人生は行動すること、行動することこそ人生、
たとえ秋に至ろうとも不安を打ち払うのはそれだけなのでしょう。 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年09月24日

夕暮れ時の鳥

テーマ:秋探し
$酒とホラの日々。-夕暮れ
彼岸も過ぎたので当たり前だが、
このところすっかり日の暮れるのが早くなった。

夏の終わりの何ともいえない緩くけだるい空気の中、
黄昏時の指向性を失った光が天地に満ちて
影を失った人とモノノケが等しく行き惑うような
あの不思議な時間帯を
ふわふわと歩いて帰ることはほぼ不可能になってきた。
 
日没の間際、ねぐらに帰る鳥が
迫ってくる夜の支配から逃げるように頭の上を過ぎていった。
これからは早朝、日暮れの後と、
いつも夜道を歩くような季節に入っていくのだ。
 
夜の長い秋から冬は、また違った楽しみがあるはずだが
まだしばらくは夏の名残を惜しんでいたい。

 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年09月23日

彼岸に至る

テーマ:秋探し
$酒とホラの日々。-ひがんばな

暑さ寒さも彼岸まで
今年は確かにこの時期までに適度に涼しくなったようだ。
 
もとより信心のない私には彼岸会も墓参りも関係ないが、
お寺に向かう車の渋滞や、ここぞとばかり騒々しく
お彼岸セット商品を並べ立てる店先をみるにつけ、
心ばかりは彼岸を思い、日々を静かに過ごす境地に
至りたいものだと考えてしまう。
 
近頃は根気も続かず、目も弱り、読み書きもおっくうで
気がつくと出歩くのも面倒で、
パソコンでネット通販を眺めては
注文が届くのが一番の楽しみなんてことに
なりはしないか心配なところである。
 
ネット通販廃人とまでは云わないだろうけれど、
こういう輩って多いらしいので。
 

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年09月17日

月夜の晩に

テーマ:ブログ
$酒とホラの日々。-証城寺
しょうしょうしょうじょーじ、証城寺の庭は
いまはほとんど駐車場になってしまったのか
庭として残っている部分はうっそうとして
とても月明かりを楽しめるようなところではない。
 
木更津にある浄土真宗証城寺にはいまも狸塚があるが、
そこになにかの今風の意義を求めるならば
人間と動物の共生というところだろうか。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年09月14日

台風接近中

テーマ:散歩
$酒とホラの日々。-木更津港

ふと気まぐれで海を眺めに木更津の港に出かけた。
あいにく雲が多く遠方まで見通せるような良い視界は望めなかったが、
こんな海と空の境も視界の果てもはっきりしない眺めは
私のかえって好むところではある。
 
気温も高く、空気はべたついて肌に粘り着くような心地がしていたが、
しだいに南から黒い雲とともに妙に湿った風が吹き寄せてきた。
まだ遠いはずなのだが、台風が近づいているのである。
海もやがて荒れ出すことだろう。
 
この日私は東京湾横断道路を通ったので風が吹こうと海が荒れようと
多少のことなら問題がなかったが、
こんなものが昔にあったなら、弟橘姫も気の毒をせずにすんだことだろうに。
 
この日は木更津の橘神社にも参詣。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年09月09日

雨上がり、夏の終わりの朝

テーマ:秋探し
$酒とホラの日々。-akinotobira2

昨晩は久しぶりにまとまった長い雨が降った。
雨音に包まれて夜を過ごすのはいったい
何週間ぶりのことだだったか。

ここしばらくは昼は炎天に夜は蒸し暑さに悩まされ
九月に入ってもこの辺りばかりは
季節の歩みが滞ってしまっているのではないかと思うほど、
いつまでもべたついた夏が停滞していたのである。

それがまとまった雨が空気を一挙に入れ換えて、
忘れていた季節の巡りを少し進めてくれたようだ。

夜が明けて雨上がりを歩くと、
洗われた空気の中を透過する光に映し出された景色は
確かによどんだ夏とは違い一抹の秋の気配を含んでいた。

木立の中出会った朝日に照らされた建物の
青い扉に映える澄んだ光と影のコントラストに、
私はまるでその扉を開けさえすればすぐにもまったく新しい季節に
飛び込んでいけるような感慨を覚えたのだった。

この時期、たった一夜の雨が空気にも光にも
ハッとする違いをもたらしていたのである。

  日を浴びる 朝の扉に 秋の影
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。