【ご支援物資募集停止】センター引き出し犬ロウ&ボーノ | CAPIN(キャピン)公式活動報告

CAPIN(キャピン)公式活動報告

NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN」
公式ブログ


テーマ:
new10月5日更新:
ボーノは会員ボランティアの自宅にて、4日夜から預かり看護しています。
今日、医師の診察と詳しい血液検査、エコー検査を受けました。
詳細は改めて報告させて頂きます。

肝臓サポートフードのご支援をお願いしておりましたが、
今後の検査結果や経過によって別の食事になる可能性もありますため、
募集は一旦停止とさせていただきます。

温かいお気持ちに心より感謝を申し上げます。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ロウ君が今日10月4日の夕方、虹の橋を渡りました。
これからお預かりボランティアさんのお宅に行き、
美味しいものをたくさん食べて、栄養をたくさんとって、可愛がってもらって、
回復して元気になってまた戻ってきてもらいたかった…。

本当に残念です。

ロウ君の為のご支援物資を募らせて頂いておりましたが、
募集もストップさせて頂きます。

取り急ぎのご報告にて失礼いたします。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
9月30日(金)にセンターから引き出し、土浦シェルターに入った3匹のワンコです。

ロウ君(常総市内で捕獲収容)は、高齢で、元気もなく食欲もありません。


ぐったりとして水も飲まず、ご飯も食べないので、
ボランティアさん達が一生懸命、手から美味しいご飯、お肉をあげたり、経口補液をしてくれています。

お医者様によれば、しっかりと食べさせ、水分を摂らせて看護すれば、
少しずつ元気になっていくのではとのことでした。
今日の夕方には、ボランティアさんが必死にペットスエットを飲ませて下さり、
たくさん飲んで生気が戻ってきたそうで、少し立ち上がることもできたそうです。
毛布をたくさん敷いて、温かくしてもらっています。

明日の夜から、ボランティアのあん子さんがご自宅で看護して下さることになりました!!
あん子さん、本当にありがとうございます。


ボーノ君は5歳ぐらい(推定)、つくば市内で捕獲収容。
ぐったりとして昏々と眠り、ご飯も食べません。血尿もでました。
今日病院で検査を受け、肝臓がとても悪く、熱も高く、重度の貧血であることが分かりました。
血小板の減少は特に著しいそうです。
栄養および水分の補給も兼ねステロイド+強肝剤を入れた補液500mlを投与していただきました。
決して楽観できる状況ではないようです。
これから数日間は点滴と経過観察のため通院になるかと思います。
どうか少しずつでも回復してきてくれますように…!!


ソックス君(常総市内で捕獲収容)は1歳ぐらい、若くて元気です。
まだ少し怖がりなようです。

(byドラメイ)

NPO法人CAPIN(キャピン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス