CAPIN(キャピン)公式活動報告

NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN」
公式ブログ


テーマ:

住谷クラウディア様により、英文の署名サイトが立ち上がりました。海外の支援者の皆様とともに、こちらにもご協力ください。



https://secure.avaaz.org/en/petition/The_Emperor_of_Japan_Justice_forTakeshi_Koizumi_a_man_who_killed_to_avenge_his_dog/?mKNWFeb About Us Help


The Emperor of Japan: Justice forTakeshi Koizumi, a man who killed to avenge his dog


The Emperor of Japan: Justice forTakeshi Koizumi, a man who killed to avenge his dog
2,000
1,430

1,430 signers. Let's reach 2,000




Why this is important to me

SAVE TAKESHI KOIZUMI, A MAN WHO KILLED THOSE RESPONSIBLE FOR THE RUTHLESS DEATH OF HIS DOG

Takeshi Koizumi suffered a tremendous emotional shock at the age of 12 when his dog was snatched by the dog catchers from his younger sister and culled almost immediately. On that day he vowed to avenge his beloved Chiro later in adulthood by killing those responsible for such cruel policies. 34 years went by since the accursed day when Chiro was put to death. In 2008 Koizumi places a talisman around his neck containing Chiro’s photograph and a few tufts of his hair, and goes to stab to death one of the former administrative vice ministers of the Japanese Health Ministry and his wife. This ministry and its administrative vice minister are responsible for determining the policy of the pounds ( the so-called Animal Love and Protection Centers) where, over a three-day period, cats and dogs are disposed of, suffering an agonizing death in gas chambers - the ‘dream boxes’ - , with no effort to look for adoptive families. Furthermore, in the past, before gas chambers became common in Japan, dogs were beaten to death, a fate that, in all likelihood, Chiro suffered.
Koizumi didn’t commit murder only for his Chiro; he rebelled against the whole system of putting animals down ruthlessly – he did it to avenge millions of animals killed over the years.
The boy who vowed to avenge his dog and the man who rebelled for the sake of the animals is now on Death Row, waiting to be hanged.
Please sign this petition in order to gather enough signatures to ask the Emperor of Japan, the Prime Minister and the Minister of Justice to grant a pardon to this man who already suffered so much, and the Japanese Supreme Court to consider this case with fairness and impartiality.
If you want to know Koizumi’s whole story, look for the e-book IN THE NAME OF THE DOG – The True Story of Takeshi Koizumi and His Quest for Animal Rights on Amazon Kindle (KDP Select).

____________________________________


(署名企画&和訳:住谷クラウディア様より)


なぜこれが私にとって重要なのか


愛犬を残酷な死の責任者を殺した小泉毅の助命


小泉毅は12歳の時に深刻な心情ショックを受けました。幼い妹が連れていた彼の愛犬を犬さらいに奪われ、ほとんど日をおかずに処分されたのです。その日、彼は大人になったらこの残酷な処置の責任者たちをやっつけて愛犬チロの仇討ちをすると誓いました。チロが殺された呪うべき日から34年が過ぎました。2008年、小泉毅はチロの写真と若干の毛を納めた氷川神社の御守りを首に掛けて、厚生省元事務次官夫妻を刺殺しに行きます。厚生省および厚生事務次官はこの檻(いわゆる動物愛護センター)の処置を決定する責任者です。そこでは猫や犬が三日後には、引き取り手を探す努力もなしに、ガス室——ドリームボックス——処分となり、苦悶の死を強いられます。その上、日本にガス室が普及していなかった昔、犬は打ち殺されていました。チロの上に落ちた運命はきっとこれでした。

小泉毅は自分のチロのためだけに殺人を犯したのではありません。彼は動物を無慈悲に殺害するシステム全体に反逆したのです。多年にわたり殺されている何百万頭の仇を討つために殺人に至ったのです。

愛犬の仇討ちを誓った少年、そうして動物たちのために反逆した大人はいま死の列に並び、絞首刑を待っています。

日本国天皇、・内閣総理大臣・法務大臣がこのすでに多いに苦しんできた人物を赦免するよう求め、そうして最高裁判所がこの事件を公正に偏見なく検討するよう求めるために、十分に多数の署名を集めるために、どうぞ署名をお願いします。


いいね!した人  |  リブログ(0)

NPO法人CAPIN(キャピン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。