こんにちは。  Caphotel KYOTOの女将Tomokoです。

 

仙洞御所・大宮御所の大きさを体感したら、いよいよ京都御所前を散歩しましょう。

地図↓で言うと、大宮御所のナナメ向かいに御所の建物があるのです。

 

 

こちら↓が、建礼門です。

 

 

京都御所の南面正面に当たり、

現在でも天皇陛下及び外国元首級の方のみが通ることのできる、最も格式の高い門です。

天皇陛下の同伴がある場合は皇后陛下も通れますが、

皇后陛下単独の場合は、建春門をお使いになられるとか。

物凄~~く格式が高い門なのですね。ビックリ!!

 

 

檜皮葺・切妻屋根の角柱の四脚門です。

堂々とした立派な門構えに圧倒されます。

 

そういえば、安徳天皇を産んだ平徳子は、壇之浦の戦後 建礼門院と称されましたね。    この門の名前から取られたのでしょうね。

 

  ~建礼門院・平徳子~

高倉天皇の中宮。安徳天皇の母。

父は平清盛、母は平時子。

高倉天皇に入内し、安徳天皇を産むが、高倉上皇と清盛が相次いで亡くなり

木曽義仲に都を追われ、壇之浦の戦安徳天皇と共に入水

安徳天皇は亡くなったが、徳子は生き残り、建礼門院となり 

大原の寂光院で平家一門と安徳天皇の菩提を弔いながら生きた方です。

 

格式高い「建礼門」の名を徳子に与えた意図は何だったのかな?、、、なんて想像してみたり。。。   (^◇^)

 

 

時代祭の出発地点は、この門前からとなります。

建礼門からまっすぐ伸びる大きな道↓の両側に、有料観覧席が設けられるんですよ。

機会があれば是非~~。(#^^#)

 

そういえば、この前の台風で楽しみにしていた時代祭が吹っ飛んでしまったなぁ。

あれは、ホントに残念でした。涙

 

 

気を取り直して・・・。

御所の周りをグルっと散策してみましょうね。

どこまでも続く黄土色の土壁が美しいです。

 

↓ 猿が辻です。中山邸跡の向かい側に当たります。

 

そして、こちら↓は朔平門です。   朔(さく)と云うのは、北という意味だそうです。

女御など、女性の参内に多く使われたそうです。

  

  ~朔平門外の変~

江戸時代末期の1863年7月5日、

尊王攘夷を唱える過激派公家で知られた姉小路公知が、

朔平門外猿が辻で暗殺された事件。

 

 

この事件の前にも、桜田門外の変や坂下門外の変など政治的テロが頻発しており、

京都では「天誅」と称する要人襲撃事件も相次いでいました。

 

これら政治的テロの加害者の多くが尊王攘夷派であったのに対し、

朔平門外の変被害者が尊王攘夷派であったことから、他の政治的テロとは異例だと云われています。

血なまぐさい時代だったのですね。

 

こちらは、皇后門です。西北にある門です。

 

瓦葺の屋根ですね。

 

 

 

こちら↓は、宣秋門(ぎしゅうもん)です。

内部の陰明門と相対する門です。

 

大鏡に出てくる、花山天皇と家臣の肝試しの話は、この門が舞台だそうですよ。(^◇^)

 

  ~大鏡・肝試し~

五月の雨の夜に、

藤原道隆(一条天皇の皇后定子の父)、

藤原道兼(花山天皇を出家させた人・七日関白)、

藤原道長(有名な道長サン。一条天皇中宮彰子の父)が、

花山天皇との雑談で

「こんな雨の夜は、一人であちこちで歩けまい」という話になって、

道隆・道兼・道長の三人が内裏内のあちこちに一人で歩いていく(今でいう肝試し)ことになり、

道隆は、宣秋門を出るところまでは我慢できたけれど

その先の松原で怖くなって引き返してきたという話が載っているそうですよ。

 

昔の人って、怖がりだったんですね。笑

それに、肝試しぐらいでワーワー言って、それを大鏡に書くなんて、

平和と云うかヒマな時代だったんだなぁと思ってみたり。。。(''◇'')ゞ

 

  ~浅原事件~

1290年に発生した、伏見天皇暗殺未遂事件。

浅原為頼ら三人の武士が御所・二条富小路殿に侵入。

天皇は女嬬の気転のお蔭で難を逃れました。

その後浅原達は自害したそうです。

浅原達が侵入したのが、この宣秋門からだったそうですよ。

色々あったんですね。

 

 

現在、御所内の参観は、この門からです。

御所内の参観をご希望の場合は、郵送か窓口かインターネットで申し込みます。

参観は無料。

18歳以上。18歳未満の場合は、成年の同伴・引率が必要です。

日曜・祝日・年末年始・行事がある時などは、参観中止となります。

チャンスがあれば、是非~~。♡

 

 

御所をグルっと一回りしてみました。

広いので、いい散歩コースですよ。(^^♪

 

次回は、御所の周りに点在するスポットをご紹介しますね。

何と、御所シリーズだけで全5回。大変な長編ですね。笑

もうちょっとご辛抱くださいね。(*^▽^*)

 

 

 

 

京都に宿泊をご検討の際はぜひCaphotel KYOTOをお願い申し上げます。

 

    ご予約はこちらから →   Caphotel KYOTO 公式HP

  ネットでのご予約 → 楽天トラベル予約サイト

  お電話でのご予約 →  075-314-6300

    

    Caphotel KYOTO   京都市右京区西院巽町4

 

 

ランキングに参加してみました。よろしかったらポチッと押してくださいませ♪                にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ 

AD

コメント(4)