エディトルーム・カノンのスタッフ日記

エディトルーム・カノンのスタッフ日記

恵比寿にある編集プロダクション、エディトルーム・カノンのスタッフ日記です。些細な近況報告や、お昼のブームスポットを紹介しています。

しばらく更新が滞ってしまっていましたが、きょうもカノンのメンバーは元気いっぱいです。

 

7月25日夕方より、出版記念の打ち上げを催しました。

場所は北京料理の老舗、隨園別館。『餃子炒飯麻婆豆腐のうまい店』という本で麻婆豆腐と水餃子中心に紹介させていただきましたが、実は東京で扱っている店が少ない北京ダックの名店であることにも注目。

飴色に輝いた香ばしい鴨の皮は、なんとも言えない歯ざわり。ネギときゅうりを付け合わせ、特製のタレを付けて烤鴨餅(カオヤーピン)というモチモチの皮に包んでいただきます。烤鴨餅が16枚付いて(およそ4人前)6000円というリーズナブルな価格設定。

 

五目野菜炒めを玉子の薄い皮に包んだ「合菜戴帽」もまた、北京ダックのように味噌ダレを付け、カオヤーピンに包んで食すシンプルなメニューです。しかしながら、品目が多い野菜炒めの深い味わいのなか、ふわっと軽くて甘い玉子が絡んできて優しさを添える不思議な食感で、このお店ならではの逸品です。

 

ほかにも点心類が充実していて、すべてが手ごろな価格設定も手伝って皆様ビールや紹興酒のピッチが速い速い。新宿三丁目駅ほぼ目の前というロケーションの良さも相まって、大満足のほろ酔い加減でめいめいが帰宅の途に就きました。東京圏で大人数が集まって、気軽に中華料理を楽しむのにおススメのお店です。お疲れさまでした。

 

北京料理 隨園別館 新宿本店

新宿区新宿2-7-4

営業時間:11:00~15:00/17:00~LO22:00 金・土・日曜・祝日11:00~LO22:00

http://www.zuienbekkan.co.jp/

 

 

編集部:oga

こんにちは、恵比寿探検隊のnakaです。

蝉の鳴き声が聞こえると一気に夏らしさを感じますね。

 

夏といえば、7月28日(金)・29日(土)に恵比寿駅前盆踊りが開催されました!

皆さん、参加されましたか?

 

今年で64回目を迎える恵比寿駅前盆踊りは、恵比寿駅前のロータリーに組まれた櫓を囲んで踊ります。

私は28日に足を運んだのですが、会場に近付くにつれて祭囃子が大きくなっていったり、浴衣姿の人とすれ違ったりと、お祭り気分が高まっていきました。

そして、いざ会場へ。

 

 

人がいっぱいでした。

櫓の上段では和太鼓を叩き、下段ではお手本となる人たちが踊っています。

その周りを取り囲んで一般の参加者、さらにその周りに見物客が。

20時半近くに着いたにも関わらず、皆さん大盛り上がりです。

 

一般の参加者は、櫓で踊っている人をお手本にしながら踊っていきます。

実はこの恵比寿駅前盆踊り、オリジナル曲が何曲もあるそうで、

振り付けが分からなくなることも・・・・・・。

そんな時は、youtubeにアップされているオリジナル盆踊り曲の動画を見れば問題ないようです。

ちなみに私は振り付けの予習をせずに行きました。

 

1曲終わり、次の曲がかかってからしばらくすると、やはり気になってくるのが屋台めし。

たこ焼きを挟んだ「恵比寿せんべい」、じゃがバターや焼き鳥など、盆踊り会場周辺に何店もありました。

数ある屋台めしの中から選んだのは、こちら。

 

 

やっぱり、お祭りに行くと食べたくなってしまうのが焼きそば。

私が買った後も、まだまだお客さんが並んでいました。人気ですね。

 

 

続いて、カマボコの天ぷら。「そば処 朝日屋」さんの店先で売っていました。

ちょっと珍しいです。

味は塩とタレの2種類から選べました。私は塩味を選びました。

シンプルな塩気が、揚げたカマボコとよく合ってました。

串に刺さっているので、食べ歩きにもぴったりです。

 

 

やはり喉が渇くので、飲み物も購入。

恵比寿といえばビールですが、炭酸が苦手なので今回はウーロン茶です。

 

大勢の人で賑わう会場は、暑くて少し敬遠しそうになりますが、元気を分けてもらえるようでした。

個人的には盆踊りに馴染みがなかったので、行ってみて良かったです。

 

踊りも屋台も楽しめる恵比寿駅前盆踊り、

気になる方は来年、参加してみてください!

―――――――――――――――――――――

■第65回 恵比寿駅前盆踊り

開催日時:7月28日(金)・29日(土) 午後5時30分~午後9時30分

会場:JR恵比寿駅西口ロータリー近辺

 

 

 

編集部:naka

こんにちは、恵比寿探検隊のnakaです。

蒸し暑い日が続く中、ちょっと前になりますが、あるイベントを思い出しました。

 

5月21日(日)に広尾散歩通りで大鮪まつりが開催され、行ってきました。

このイベント、大マグロの解体が行われたり、マグロ丼やにぎり寿司などが特価で販売されたりするというものです。

12時半から大マグロの解体が始まったのですが、ギャラリーが多かったので見学は諦めました。

おとなしく、マグロ丼などを買う列へ。

13時半から販売開始のマグロ丼・にぎり寿司を買う列はすでに長蛇で、結局買えたのは14時過ぎてからでした。

種類問わず1人2パックまで買えたので、それぞれ1パックずつ購入。

購入場所の近くにあった飲食スペースでいただきました。

 

 

まずは、マグロ丼から。

予想よりも脂がしっかり乗っていて、1パック600円とは思えないほど満足感がありました。

 

 

次はにぎり寿司です。

こちらは赤身が使われていて、サッパリとした味を楽しめます。

 

ちなみに食べ進めていくうちに「にぎり寿司をおかずにマグロ丼を食べている」という感覚に陥りました。なかなか得がたい体験です。

 

大鮪まつりでは、マグロ以外にも様々な模擬店がありました。

焼きそば、サモサ、ビール、ポップコーン、江戸味噌など、おいしそうな食べ物が並びます。

マグロでお腹いっぱいになってしまったので、模擬店のものは食べていないのですが、次回行くことがあれば口にしてみたいです。

どの模擬店も商店街の人たちが切り盛りされていて、活気づいていました。

 

模擬店だけでなく、ミニSLコーナーにも人が集まっていました。

ちょっとした煙が出ていたり汽笛も鳴ったりと、小さいながらも本格的なSLが、小さい子や親を乗せて走っていました。

子どものときだったら迷わず乗っていたと思います。

 

それにしても、やっぱり祭りはいくつになっても楽しいですね!

今週末にも恵比寿駅前盆踊りが開催されるとあって、活気づいてます。

―――――――――――――――――――――

■大鮪まつり2017

開催日時:5月21日(日)午後1時~午後4時

会場:広尾散歩通り車両通行止め区間

メニュー:マグロ丼  1パック600円(税込)

      にぎり(5貫) 1パック500円(税込)