もしも願いが叶うなら。



なんて、そんなロマンチックな問いかけを自分にしたことはありません。笑

妄想は苦手。

ネガティブな回想シーンの方が勝ってしまう。

刑事ドラマの見過ぎだから?笑




だけど、相手から、

願いは?希望は何?って聞かれるってことは、基本的には叶う可能性があるっていうことだよね?


いつもだったら、
やっぱりダメだったらとか、
そうは言ってもやっぱりとか、
アタマに浮かんでしまうことの方が多いけど
(やっぱりって。笑)


今回は、委ねてみようと思う。
自分の希望を、100パーセントまずは伝えてみよう。

良い子ぶって初めから遠慮するのをやめてみよう。物分かりの良い子を気取って早めに願いを取り下げるのもやめてみよう。

自分を低く見積もらないと決めよう。

そんなことを繰り返していても、決して自分が行きたいところには辿り着かない。

行きたいところに行くには、そこ行きの電車に乗らないと。行き先はあっていますか?
私は本当にそこに行きたいのですか?

そしてその前に、そこまで行ける切符を買おう。

もう切符を持っているのであれば、あとは電車を選んで乗るだけだ。