●府内★学生Ecoフェスタ

大学生の新聞「キャンパスカフェ」
 県内の学生が中心になって6月19日、大分市府内町一帯で「2010府内☆学生Ecoフェスタ」(実行委主催)を開催する。キャンパスカフェ編集部などが共催する。今回が初めての試みだ。6月は、国連環境デー(5日)をはじめとする「環境月間」。環境保全の重要さを訴える大分市環境部の企画とタイアップし、府内五番街商店街振興組合とともに、地域的な盛り上がりを図る。(文は芸短大・赤池すずか)

 最大のイベントは、午後7時半から行われるキャンドルナイト(雨天順延)だ。昨年6月のキャンドルナイトを、キャンパスカフェ編集部の学生記者が取材したことがきっかけになり、「市民・学生が参加しやすい行事にしたい」と、学生や行政、地域の3者が力を合わせて取り組むことになった。
 
 照明を落とした府内5番街通りに、約3000個のキャンドルを灯し、エネルギー節約を訴える。隣接のアクア公園では「線香花火の宵」を催す。

 先行イベントとして、14日午後7時からセントラルシネマ(府内町3)で環境映画「EARTH」の上映会がある。一般市民100人を無料招待する。申し込みは、芸短大広報室まで。
 その他の主なイベント(入場無料)は次の通りだ。

◇赤レンガ館(情報発信ゾーン)
 2階大ホールで「難病東大生」の著者・内藤佐和子さん(キャンパスカフェ4月号で紹介)の講演会や、地域活性化キャッチコピー募集のイベントなどを行う。1階ギャラリーでは14日から19日まで、芸短大生の写真展「仏の里・国東半島を撮る」を開催する。

◇府内フォーク村「十三夜」(音楽・映像ゾーン)
 学生のバンド、アンサンブル演奏のほか、芸短大非常勤講師ヤンノッティ先生によるイタリアの歌や、フラメンコなど。短編映画の上映も。

◇大分市市民活動・消費生活センター「ライフパル」(情報発信ゾーン)
 正午から午後5時まで、屋外ウッドデッキでキャンドルの作り方講習会。同3時までミニFM放送局を開設し、自然保護サークルの関係者をゲストに迎えた番組を生放送する。午後6時すぎからキャンドルナイトコンサート。室内では12日から20日まで、芸短大生による写真展「府内を撮る」を行う。 
 
◇大分合同新聞ハニカムカフェ(LOHASゾーン)
 LOHASとは、健康を重視し持続可能な社会を志向する生活スタイルのことだ。大分大学医学部の学生が中心となり、乳がん検診推進のためのピンクリボンキャンペーンやAED講習会(心臓発作の対処策)などを行う。

◇5番街時計台周辺駐車場(環境展ゾーン)
 大分市による「環境展」をガレリア竹町と同時開催する。電気自動車の展示のほか、苗木やトイレットペーパーを無料配布。環境保護団体による企画展示などもある。

●出演バンドを募集! 府内フォーク村「十三夜」(約50席)では、県内学生バンドのコンサートを行います。各バンドの演奏時間は20分程度で、6バンドを公募。問い合わせ・申込みは芸短大・下川(090-9796-1720)。

●大分県のキャッチコピーを募集
 大分県など全国47都道府県のよさをPRするキャッチコピーを、学生団体「才像」(本部・大阪)が「学生たちが地域作りにかかわるきっかけを作りたい」と募集中です。

 ネットでの投稿締め切りは6月15日ですが、ECOフェスタの企画「地域活性化講演会」(19日午後1時から赤レンガ館大ホール)では、大分県のコピーを考える時間を特設します。応募資格は大学院、大学、短大、専門学校の学生。1都道府県につき1人5作品まで投稿可能です。

 ネットによる一般投票で審査し、最優秀者には賞金10万円、都道府県ごとの優秀作品には特産品が贈呈されます。詳しいことは「才像」九州支局の大分大生・中西(080-6506-3346)、もしくは「才像」でネット検索を。

****


●「あしなが募金を知ってほしい」
大学生の新聞「キャンパスカフェ」

 第80回「あしなが学生募金」が県内でも4月24、25日、5月1、2日の4日間行われた。大分と別府両市で、高校生や大学生の学生によるボランティアが街頭募金に参加した。

 あしなが学生募金は、病気や災害、自殺で親を失った遺児の奨学金に充てられる。鳩山政権は「高校授業料無償化」政策を打ち出したが、奨学金を借りている高校生の約6割はすでに授業料免除を受けており、教育費の負担は依然として変わらない。遺児の多くは教育費が払えず、学校に行けない。教育を受けられない遺児は、貧困のサイクルから抜け出せない現状である。

 学生たちは街頭募金活動を通して、あしなが学生募金と遺児の現状を知ってもらいたいと呼びかけた。(文は芸短大・櫻井奈菜子、写真は同・山下裟世)

●トリニータ監督が特別講義
大学生の新聞「キャンパスカフェ」
 県立芸術文化短大の授業「地域社会特講」は11日、J2大分トリニータの皇甫官(ファンボ・カン)監督を講師に招いた。公開講座として行われたこともあり、約230人収容の大講義室は立ち見も出るほどだった。
 
 最初に同監督がサッカーW杯スペイン戦(1990年)で挙げたゴールの映像を見た。弾丸のような見事なフリーキックに、学生たちは現役時代のすごさに感嘆。県民・企業・行政の三位一体(イタリア語で「トリニータ」)を理念とするチームの歴史をDVDで振り返った後、監督が達者な日本語で約1時間講演した。
 
 「米国に行くつもりだったのに、強く誘われて大分に来た。まともな練習場もない、ゼロからのスタートだった。ユースの強化に成功したものの、最初の監督時代は成功できなかった。J2に陥落し、多くの選手が去った。私自身も韓国のプロリーグからオファーを受けたが、それでも大分に残った。自分なりの挑戦を続けたいからだ」 
 
 監督は「夢」「挑戦」「リーダーシップ」という言葉を繰り返し使った。「後ろは見ない」「いつも夢を考えている」。監督の意欲が強く感じられる講義だった。

 女子学生6人が「芸短トリニータ後援会」を発足させたことを報告した。私達も活動に参加し、地域貢献して行きたい。(文は井上舞華、写真は同・中川響)


●鳥人間コンテストに出場/NBU
大学生の新聞「キャンパスカフェ」

 7月24、25日の両日琵琶湖東岸の滋賀県彦根市でで開催される第33回「鳥人間コンテスト」の人力プロペラ機部門に、大分文理大チームが出場する。3年ぶり10回目。「1キロの飛行を目指したい」と目標は控えめだ。

 同大鳥人間クラブは「滑降機」部門で03年4位、06年6位の記録がある。2002年グアム国際大会では、準優勝の栄冠に輝いた。 現在の部員は3年生3人、1年生5人。一昨年から「人力プロペラ機部門」への応募に切り替え今年、書類審査で出場が決まった。

 「ゼロからのスタートだった、部員数が少ないので、急ピッチで作業を進めている」と主将の児玉太地さん(航空宇宙学科3年)。「みんなで協力して大きく飛ばしたい」と意欲を秘めている。(文は芸短大・中村優伽、写真は同・中川響)