2006年03月22日

鶴の間~西川きよしの回~

テーマ:鶴の間

最近の「鶴の間」は、

ネットしながら横目で観ている(聞いている)ことが

多かったのですが、

今日のゲストが西川きよしだと知って、

思わず座り直しました(笑)


登場したときの鶴瓶も、

まーじビビってましたね。

なんたってあの「やすきよ」のきよし師匠ですからねぇ。

そらー緊張するでしょう。


それにしてもきよし師匠は、さっすが本職!

あの横山やすしを相方にしていただけあって、

どんな球でも打ち返せる名プレーヤーぶりでした。

相手が「右に行こうが左に行こうが前に行こうが後ろに行こうが」

どうとでも返せる二人がコンビを組んだのですから、

それはもう見事に“即興漫才”になっていました。

「やすきよ」を彷彿とさせるパワーもあったしね。


特に、奥さんのことを鶴瓶にヘレンと呼び捨てにされて、

「やすしくんに言いつけるで。

やすしくんにバリカンでこう頭を剃ってもろてやな。

これがほんとのツルベや!」

こんなことよーアドリブで言えますなぁ。


この「鶴の間」も今回で50回らしいですが、

個人的にはベスト1。

まさに「鶴の間」大賞です。


ちなみに、

「鶴の間」新人賞は、

ボビー・オロゴン。


「鶴の間」金の鶴賞は、

ガレッジセール川田。


そして、

単なるフリートークに終わった回が多かったなか、

いちおう志としては漫才を目指しながらも、

漫才にはまったくなっていなかった三宅裕司に

「鶴の間」特別賞を。

そのすれ違いぶりがこの番組ならではの面白さで、

最後に得意分野で場をさらっていったその才能は、

さすがだと思いました。


さぁて、来週のゲストもこれまた“大物”ですが、

ツルベとはテイストが違い過ぎて、

どうも悪い方にすれ違っていきそうな予感(笑)

トークとしては面白いと思うけど。


・・・と思ってたら、

えっ? 来週で最終回なの?!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年03月03日

歴史時代書房「時代屋」

テーマ:新店チェック
200603032126000.jpg

“歴史”と“時代”をキーワードに、関連書籍とグッズを扱うという、

日本初の専門書店「時代屋」 に行ってきた。


行く前に品揃えや店内の様子をあれこれ予想していたのだが、

いちばん予想外だったのは、

「歴史・時代もの“専門”書店ではなかった」

ということだ。


入っていきなり一般書店にあるような雑誌のコーナーがあって、

「えっ??」って感じ。

こういうものも置かないと、

日々の売り上げがとれないと思ったのかもしれないが、

わざわざこの店に足を運ぶような人が、

こういう雑誌を買うだろうか。


まあそれなりに売れるのかもしれないが、

目先の売り上げが多少上がることよりも、

歴史・時代もの専門書店だと思って来店した人の

期待を大きく裏切るマイナス面の方が、

長い目で見れば大きいような気がする。

テレビや新聞などでオープンが取り上げられて、

興味を持った(私のような)人が、

とりあえず足を運んだ後、

また行ってみようと思わせる魅力がもっと欲しい。

コンセプトはユニークなのだから、

品揃えと商品の編集を見直せば、

まだまだ面白いお店にできると思うんだけどなぁ。


ひとことで言えば、

“歴史ものの関連商品を寄せ集めた(だけの)中途半端なお店”

になっちゃっている気がするのだ。

このままだと、

開店景気が過ぎ去ったあと、

リピーターができないまま、

じり貧になってしまうんじゃないだろうか。


まあ今日はあんまりゆっくり見られなかったので、

また改めて行ってみたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。