私、うつ病、治りました。

一児の母です。産後うつ/うつ病より回復しました。闘病の記録、幼い子どもを抱えて病気になったその時の想い、今の想いを残すことで、今苦しんでいる方、不安な方、これから先そういう体験をするかもしれない全ての方に、私の体験が少しでもお役に立ば幸いです。


テーマ:

先日、ブログ仲間の方の日記(itachimuraさんの「ゆかいないたち村」 )で、お産後にストレスを感じたこと・・・という話題で盛り上がっちゃいました。
最近は母乳育児が推奨されているので、産院でも母子同室が圧倒的なんですが、この母子同室、盲点はよそ様の人の目がないから家族・親族が集まったときにもやりたい放題、気がきかないオトナ衆に囲まれた日にゃとんでもない悲劇が待っている、という話で盛り上がりまして・・・


も~~~産後の授乳のときの身内のデリカシーのなさといったら!!!
思い出すだけで怒りの鉄拳100連発です。
両親&義父母&ダンナさんがお見舞いで初勢ぞろいした時のことは一生忘れません。


生まれたばかりの息子ちゃんがグズッて泣き出して
「あ~~、おっぱいねおっぱい、ほらほら、ママ、おっぱいあげて~~」
と、全員の注目の中、100%さらし者状態で目の前で授乳させられました。
皆さん、授乳をご覧になりたいんですって。
ええ、もちろん、義父をはじめとする男衆の目の前で、おっぱい丸出しでしたよ。
「ちょっと、こんな人目の中だと恥ずかしいんですけど・・・」
と言っても「なにがあ~★」と一笑に付されて、気遣ってくれる人は皆無。
なので私はその「当たり前じゃん」という雰囲気に圧倒され、
「母親として、子どもにおっぱいやってるところを、お見せしなきゃならないんだ」
という義務感にただただ圧倒されていました。


でもやはり、精神的にはとても耐えられなくて、ただでさえ産後すぐで授乳も上手く出来ない上にそういう状態だったので息子ちゃんも泣きやまず、果ては病棟の看護師さんにあやされてやっとおさまる始末。
看護師さんだとすぐ泣き止んだ息子ちゃんを前に一同大笑いで、「看護師さんはさすがだね~」と・・・

もちろんそれは何の悪意も悪気もないんだと解っています。
解っちゃいますが、でもやっぱり、はっきり言って勘弁してくれって感じでしたよ。

予定日超過で強制入院になり、毎日不安な気持ちで過ごして、陣痛促進剤だラミナリアだ何だと毎日苦しい思いもして、最終的には突然帝王切開になった上に、術後の抗生剤が体にあわなくて発熱や嘔吐を繰り返して、それでも産んだその日から赤子の世話はしなきゃならなくて、切ったハラは痛いし眠れないしものは食べられないしもうこれまでの人生で最低の最悪の状況で苦しんでいた私。
もう、ほんとにほんっとーーーうに、身も心もボロボロに疲れていたんです。
そんな私の存在をまるっきり抜きにして、赤子の夜泣きに悩まされることもなく身を削る痛みを感じることもなく勝手に盛り上がっている周囲の様子が、本当に辛かったです。


そして、さんざんお楽しみあそばした皆さん、泣き喚く息子ちゃんと発熱と傷の痛みをこらえてアブラ汗を流して抱っこしている私をおいて
「じゃあそろそろ、夕食のお店予約していますから、行きましょうか~」
と、そりゃもう満開の笑顔で退室あそばされました。
嵐が通り過ぎたかのように静まり返った病室で、私は泣き喚く息子ちゃんを抱いたまま、一人、こらえきれず大きな声をあげて号泣しました。
「何なんだよ~~~!!!一体何しに来たんだよ!!!見世物じゃないんだよ!!!!」
って感じでしたね。
あまりの屈辱感に、食事に行ったダンナの携帯に電話して、すぐに戻ってきてもらいましたけど。
でも当時は何がなんだか、とにかく恥ずかしさやら怒りやらで混乱していて、ただただ泣くだけで、ダンナさんにも本当の気持ちなど露ほども伝わらなかった訳ですが・・・


でも、つい最近まで、そういうのって私が子どもなのかな~と思っていました。考えすぎかって。
ですが、同じように産後を過ごした沢山の方々のお話を聞いているうちに、決して私の感じた恥ずかしさや違和感はおかしなものじゃなくて、ごく当たり前にみんな感じていたのだと気が付きました。
「女性として恥ずかしさを感じることのどこがおかしいの?」
という結論に達しました。


そんな程度のことで!!と言う方も確かにいらっしゃると思いますが。
お産なんてそれこそ産前から検診やら何やらで、男性の産科医や大勢のスタッフの前でお股大開きで、恥ずかしいも何もあったもんじゃないですから。
でもね、ちょっと考えてみてくださいよ。
そういう状況にあって、女性が、恥ずかしいと思うことの、どこがいけないんですかね??
普通の感覚じゃないのかな??平気な人ってほんとにいるのかな??
誰なんだ??「恥ずかしいなんて甘ったれたこと言うんじゃない!!」と決めたのは??
なぜ「恥ずかしい」という自然な感情=「甘ったれ」なんでしょうか??

私は、産後うつになって、カウンセリングを受けたり自力で勉強して、そういう「産む女性の心に全く無頓着なお産」が産前産後の女性を傷つけてきたのだということがやっと解ってきたので、声を大にして言いたいです。
人を人として、女性を女性として扱わないそういうお産の現状が、多くの女性にこれまでお産のトラウマを植えつけてきてるんじゃないでしょうか??
お産をあまりにも「恥も何もかも関係ない、全てに耐えなければならない」ことだと考えてしまっていること自体、どこか不自然な気がするんですが。


ほんと、今だからはっきりと言えますけど、産後の母子は「見世物」じゃないんですよ~~!!
声を大にして言いたい。
シアーズ博士も本で書いてありましたけどね。
「産後のお祝いに行くのは、お母さんとなった人の負担にならないように。パートナーや親族はくれぐれも肝に銘じて、お母さんとなった女性を守ることが大事」
みたいなことが。
「お母さんと赤ちゃんは、見世物ではありません」
って。

私も、今でもあの時の怒りは忘れられません。きっと一生忘れないだろうな~。
私は息子ちゃんのお嫁さんが孫を産んでくれる暁には、とにかくハハとなるお嫁さんの体と心を一番に思いやってあげようと固く決意しています。
今から出産されるお母さん、パートナーであるお父さん、どうぞ、その点はしっかり話し合っておいて、産後のお母さんと子どもを第一に労わってあげてください。


こうして思い返すと、やっぱり産前産後に感じた屈辱感とか怒りとか悲しみとか、そういうのって、本当に尾を引きますね。
更に突き詰めると、女を追い詰めるのは女だなあって。
「わたしたちだって、そうやってあんたたちを産んだんだ!!」みたいな嫉妬というか何というか、一番体験して解っているはずの女が、女をかばえなくなってるというか。
いい例が、帝王切開だった女性への偏見だと思うなあ。
私は表立ってはなかったけど、姑さんが「今度はちゃんと下から産まなきゃねー」とか平気で言うらしいですよね~。信じられない・・・
でも、やっぱりそれってよく考えるとヘンな話ですよね・・・
大人の女性として、人間として、やっぱり最低限の尊厳は守られてしかるべきだと思うし、だいたい、女性にしか出来ない「妊娠と出産」を、もっともっといとおしく大事に思う気持ちが、何故同じ女性からも出てこないんかなあ・・・
男は所詮、妊娠も出産も体験出来ない性なんだから、まあ思いやりにも限界がありますよ。
でも唯一体感できる女が、女の足ひっぱってどーすんの???ほんと。

自分も結局、病院主導の、医療介入バリバリの納得のいかないお産をして、それでもガマンしなければいけないんだ、お産ってのはこういうものなんだ、って一生懸命言い聞かせて、・・・
でもやっぱり、どう考えても
「満足できる訳がないでしょ!!!!こんなの、ヘンんだよ!!!!」
って気持ちは拭いきれません。

もっと事前に「自然なお産」というのを知っていれば、そういう事態も極力避けられたかもしれないなあと思うと、残念です。
やっぱり「知は力なり」なのね・・・
ああ、もっと早く知っておきたかったよ~~。


ペタしてね

↓↓宜しかったら応援ワンクリック是非お願いいたします♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 産後うつ・マタニティブルーへ にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

Campanellaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「お産よもやま話」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。