矯正専門医から見た野球選手のイケメンって? | とりす歯科矯正(大人のための矯正歯科専門医のブログ)

矯正専門医から見た野球選手のイケメンって?

 イケメンは、日本語で「魅力的な人、特に面貌が魅力的な人」の事を指す俗語だそうです。またこのイケメンの定義も沢山あるようで、私が考えるイケメンとは随分異なるようです。今回はスポーツ選手特にパリーグの野球選手を例に取り上げたいと思います。

 

イケメンの条件としては、外見的な事だけでなく当然内面的な要素も含まれるのは勿論ではありますが、今回はあくまでも外見的な事に限局し、その中でも顎、顔面部について述べたいと思います。

 

スポーツにおいて、其々の分野で活躍していることがやはり最低限の条件となりますが、かつ健康で怪我無く丈夫であることが私の考えるイケメンです。

『ソフトバンク柳田選手』

『ソフトバンク高橋投手』

『ソフトバンク笠谷投手』

『オリックス吉田選手』

『オリックス福田選手』

『日ハム西川選手』

『日ハム清宮選手』

『西武栗山選手』

『西武山川選手』

 

ここに取り上げた野球選手の共通点は一応に顎骨の発育がよく歯の大きさとの調和が取れているため、八重歯の様な凸凹の歯並びはいませんし、口元の調和も取れていることです。

これはスポーツ選手に限った事ではありませんが、健康で丈夫ということと大いに関係があります。口元の調和が取れている事は鼻呼吸を行っている事を意味し、口がポカンと開きませんので、口腔内の唾液が乾燥しづらく、唾液の持つ自浄作用や抗菌作用を充分に発揮出来きますので、風邪も引きづらいし、自身の健康管理も容易になります。

 

またこうした調和のとれた口元で歯並びが良ければ、元来口腔が持つ機能である咀嚼機能は食べ物を細かく効率よく噛み砕く事が可能で、消化を助け消化器系の臓器にも負担が少なく栄養を効率的に取り込む事が出来、健康で強靭な肉体を維持出来ます。そしてもう一つの機能である発音は明確になり良好な人間関係を構築しやすくなります。

 

そして何よりも大事な事は、この口元の調和が取れていると云う事により、咀嚼と発音の機能を永く維持出来る口腔内の環境であるということです。これは現役を長く続ける事や良好な体調を維持することに欠かす事が出来ない要素ですし、引退後の仕事でも大いに役立つ事です。

 

こうした重要な要素を持っているからこそ、毎日の食事の摂り方にも注意が必要で、スポーツ選手はどうしても肉類の摂取が多くなる傾向にありますが、このような食事の栄養バランスに関しても本来なら、栄養士さんに相談しながら摂取することで、怪我などの予防にも繋がります。しかし、ここまで意識の高い選手が果たして何人いるのか?エンジェルスの大谷選手は日ハム時代から専属の栄養士を付けて毎日の食事を管理しているのは有名な話しです。

 

 

 

とりす歯科矯正は、矯正歯科専門医院のため、完全予約制でお一人づつご予約をお取りしております。他の患者さんを気にする事無く治療をお受け出来ます。

 

第二日曜・第三日曜日も診療をしています。

気になる歯並びや口元の相談は神奈川県藤沢市の矯正専門医とりす歯科矯正まで

TEL 0466-27-5050   E-mail to-ortho@shonan.ne.jp

初診予約フォーム