「第16回 星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン」

初めてのウルトラロードチャレンジ。とうとう100kmの扉を開けてしまいました。

そしてレース直後のクララが立った状態に、もう当分走りたくないやと思っていましたが、

一夜明けてあれまびっくり、もう次のウルトラに向かっている前向きな自分がいます。FLY HIGH!


熱さめないうちに初チャレンジのことを振り返っておきます




■前夜

宿泊ロッヂでゼッケンやウェアなど明日の準備を済ませると、いよいよ緊張感マシマシ

「100k最後まで持つのだろうか」 そんな不安をかき消す為、気分転換兼ねてカメラを持って外でJOG。

八ヶ岳に沈もうとしている夕日を眺めながら心落ち着かせようとするも、軽く走っただけなのに息上がる・・

「ここは標高1355m・・・だけのことはある・・・」 さらに緊張感は増すばかり (Oh逆効果)


とそこに先日妄想野辺山をご一緒したsmall islandさん とばったり。なんと同じ宿でした。

今大会エントリー表をみると、small islandさんはじめハセツネSUB8~10メンバーが居るわ居るわで

「明日はウルトラマンvsトレイルマン上位対決勃発か?!」 客観的に盛りあがってる自分もいたり^^

YAMAYA.BLOG YAMAYA.BLOG YAMAYA.BLOG

不安打ち消すかのように晩ご飯を大漁摂取するも、結局翌朝は胃もたれ&消化できずの大反省・・・(沈

そのあとの風呂では自由奔放さん とスッポンポンでばったり!

来年またもし参加するなら、宿はきちんとしたとこ予約しようっと。寝床部屋が・・・でした^^;




■スタート前
外に出ると靄で視界ゼロ。光が拡散するとまさにスリラーの世界。ゾンビー

思った程寒くなかったのがちょっと嬉しいホッ
YAMAYA.BLOG

↑グラッチポーズでいざ出陣!(XTERRA丸沼 のパンフ参照)

酔走楽部からは、ダイスさん、カポさん、サワネェさん、えいちゃん、波さん

R81からは、グラッチ部長、シマテツさん、自分

そしてSWACハスミン母ちゃん、応援のPちゃん


YAMAYA.BLOG

↑嬉野すりー☆な方たち(いつもオモロー)


YAMAYA.BLOG

↑ど笑むレディースな方たち?略してDML! (女将さん 、ちえぞーさん、あんきもさん)


YAMAYA.BLOG

↑SWACの○ンタイな部類の人たちw (昨晩ガソリン満タン)


そして徹夜会場入りのマサケンちゃん 発見!

話すとやはり出走する模様。ほんと大丈夫かな?!と心配してると、、、、

なんとこのあと自分のお腹に異変察知っ、、、時すでにスタート10分前、、、マサケンちゃん効果恐るべし?!(笑

で慌ててトイレ並ぼうとするも・・・大渋滞・・・あちゃー。。泣く泣くあきらめてスタート位置に並ぶことに。。。

ゴロゴロピ~(゚д゚;)


YAMAYA.BLOG

左手の平、いつもの3ないキャンペーン「折れない、ブレない、焦らない」ではなく今回ウルトラ仕様で 「30%OFF!」 

はじめちょろちょろ、なかぱっぱ。ボスキャラ馬越峠まで70%走法を誓います。

あわてない、あわてない、一休さ~ん♪


DMJな仲間を探すも残念ながら発見できず、、一人心の中で「DMJ!」を叫ぶ

スターターはイナバウアー荒川静香さん。




■START~5km(20:06) 距離表示の間違い?

荒川静香さんとハイタッチしての、さぁいよいよ100kmスタート!

これは来夏モンブランに向けての試練第一歩、「100k走れずして166kへの道はない!」

そう思うと自然と力みなぎってくるのでした。始まってみれば緊張どこ吹く風、100kなんて屁のつっぱりですよ(ウソ
YAMAYA.BLOG
YAMAYA.BLOG YAMAYA.BLOG

スタート直後にようやくDMJ5号tomoさん 発見、DMJ1号さんぽさん を見つけられず残念。

そのあと少し進むと見覚えのある後姿フォームを発見!あれはもしかして「ゴンゾーさん?」

声かけるとやはりご本人でした。ブログ で旅に出ると書いてたのでてっきり道志かと。その隣は昨日お会いしたよっちマンさん

この先トレイルではアディゼロのソール穴に石が詰まっちゃうから塞いだほうが良いですよとアドバイス頂きました。

とても親切で爽やかなよっちマンさんに感謝。家に帰ってシューズ裏確認したら確かに石詰まってました(笑

これで来年対策バッチリです!


そんなこんなであっというまに5K通過20:06

おそらく距離表示間違っている?!㌔5分もあげていないのにこのタイムはないですよねぇ・・
YAMAYA.BLOG

↑写真は5K地点。ハリスポ 提供! (ハリマネさん、いつも有難うございます)

後ろに見える黄色カラーがよっちマンさん





■5~10km(25:33) 10~15km(29:41) 15~20km(24:07)

・林道トレイルも登坂突入、砂利や石に足が取られて結構上りずらかったかな

・それほど負荷かけてないはずなのに心拍そこそこ上がっていそうな気配に改めて標高1900mを感じました。耳鳴り息抜き少々

・そこに忘れていたお腹の調子が気になりだす。。腹周りが非常に重くて重くてゴロゴロピ~(゚д゚;)

・そんなコンディション中に見た、八ヶ岳と滝沢の景色は抜群にキレイでした!記憶シャッターをパシャリッ

・前におサルの被り物ランナーさん。話かけると「去年に引き続きです!」とのこと。それで100kって、しかも上位?凄いっす。。

・更に前方をピッチテンポよく駆けていくバイクジャージのランナーはもしかして、のまダッシュさん?!

今チャレンジにあたっては、どんなコースか見当もつかなかったので、

のまダッシュさんのレースレポ を非常に参考にさせてもらったことを伝えました。あぁーお会いできてよかったです

その後はアドバイスなど頂きながら、しばらく前後させてもらいました超感謝!





■20~25km(23:34) 25~30km(24:44) 30~35km(20:48) 35~40km(23:20) 

・お腹のカラータイマー超速点滅につき20k地点のトイレに駆け込みダ~シュッ

・1分間のマサケンちゃんタイムで超スッキリ!「ここからようやく本番スタートだ!」とハッキリ思ったのでした。

・トイレタイムで相当前に行ってしまったと思ってたのまダッシュさんがビックリ後ろから登場の35kくらい?!

・この区間は下り基調。前後に71kと42k部門のゼッケン選手がいて、引っ張られて脚を使いすぎないように注意を心がける

・「あわてない、あわてない、一休み、一休み」 一休さんが脳裏にリフレイン。時々シンエモン さんも登場。
YAMAYA.BLOG

↑40k地点で再びハリマネさん登場!えっいつの間にワープ? (C)ハリスポ

ハイタッチしてパワーを頂く!驚かせてスイマセンでした。。

後方の白赤ジャージがのまダッシュさん。八ヶ岳がきれいですねー 




■40~45km(25:19) 45~50km(21:43) 50~55km(25:12) 55~60km(27:02) 

・第1関門42km通過が3時間23分、飛ばし過ぎず遅過ぎずでなかなか順調!

・またRUN始めて今までで一番フルマラソン距離を短く感じた瞬間でもありました。

42/100と考えて走るとこんなにも短く感じてしまうものなのか。と感心しきりで一人ニタニタw
YAMAYA.BLOG YAMAYA.BLOG

↑「レッドブルちょうだい!」 とお手している42k地点。自分は犬か猿か(笑


・この関門ではSWACのmihoさん、ピンクさん奥様、Pちゃんが応援してくれてましたー

・またここにある温泉「八峰の湯 」を誰でも(勿論ランナー)楽しめるそうです。

なんでも昨大会でsuuさん&junさんはコース温泉制覇で完走したらしいです。それ、いいーね!(横山剣風に)

ちなみにハスミン、ここで温泉入ってサッパリ再スタートしたらしく、いつも大会を楽しんでいて素敵す。

そしてそういうことが出来ちゃうウルトラの緩さも好きなんですよねー^^

・あとこれ「ヤッホー」と読みらしいですヤッホー、ヤホー、ヤフー・・・w


・賑やかな第1関門を通過しても更に下っていきます。で下りきった50k地点からまた徐々に登らされます。ひぃー

・記憶あいまいですが確か50k過ぎたくらいで、isoさん夫婦に一回目のDMJ声援もらいました。あざーす!

(そしてこの後何度も何度も。それが今回本当に励みになりました。感謝DMJ)

・59k地点は折り返しポイント。そして北相木村役場エイド

ここで折り返してくるトップ選手を確認して、初めて自分の順位がわかりました。現在16~17位?

・まだまだ先は長いので慌てずエイドで蕎麦を美味しく頂きます。

あとコーラだと思って飲んだのが温かい紅茶で脳がビックリしちゃいました(笑

「コーラなくてごめんねー」とおばちゃんに言われちゃいましたが、

いえいえこちらこそ勝手に勘違いしてスイマセンでしたと、申し訳ない気持ちでオニギリを頬張りながらエイドを後にしました。もぐもぐ



59k走っているにも関わらず、ここらへんから調子が益々上がってきたのを鮮明に覚えてます

でもこの後沈みますけど^^;







と、時間につき今日はここまで。

野辺山レポはB面へ続きます (すいません)