札幌 テーブルコーディネート教室 おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

札幌 テーブルコーディネート教室 おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室主宰。おしゃれで素敵な大人女子は、食卓もおしゃれに楽しみたいと思っているはず。高級食器ではなく、普段使いの器のコーディネートを楽しむことこそが、テーブルコーディネートの醍醐味です。決まりやコツを丁寧にお教えします。

思いやりと優しさ溢れる食卓でおもてなしの心を伝える

札幌を中心に活動する 食空間コーディネーター 中西まゆみ のブログへようこそラブラブ


心をこめて食卓を演出すれば、会話が弾み、いつものお食事は何倍にも美味しくなります。
あなたの優しさ・思いやりを表現したテーブルコーディネートで、一緒に食卓を囲む人の心は豊かになるのです。
忙しいあなただからこそ、テーブルコーディネートで日常を楽しんで、心豊かな暮らしを手にいれませんか。

~ひとつ上の日常へ~ 美しい暮らしは、心のこもった食卓から


テーマ:

おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

 

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室・おもてなしサロン Camarade.キャマラードを主宰しております、食空間コーディネーター中西まゆみ です。

 

寒い日が続いていますね。

本日は暦の上で『大寒』。寒いはずです!


早く春の足音が聞きたいなー、


さて、私がこよなく愛している食材のひとつに『トリュフ』があります。


自宅には、トリュフ塩やトリュフオイルなどを常備して、お料理に使って楽しんでいるのですが、やっぱり本物のトリュフには大きな憧れが。


以前、飲食関係の知人から声をかけていただき、ヨーロッパの産地直送で、貴重な『白トリュフ』を入手する機会に恵まれました。


 

冬のボーナスで購入した贅沢品。


受け取りの瞬間、あまりの香りの高さに、心身ともに溶けそうになるほどだったのを、今でも鮮明に覚えています。



一度やってみたかった、贅沢すぎるほどに削ってのせた白トリュフパスタを作って大満足。


黒トリュフにお目にかかることはあっても、贅沢品の白トリュフには、なかなか手が出ません。




 先ほどTBS系列の『坂上&指原のつぶれない店』というテレビ番組で成城石井が取り上げられていました。


決して安くない品揃えなのに、なぜか『売れる』秘訣を、社長がご出演して色々お話されていましたね。


 

 昨年3月、いよいよ札幌にも成城石井が上陸しました。


コーチャンフォー新川通り店に、成城石井ブランドの商品を扱うコーナーができたと知った時は嬉しくて嬉しくて。


オープン直後に書いた記事はこちら

 

 

 最初は常温の成城石井ブランド商品のみの取り扱いでしたが、その後売場面積が拡張され、現在ではワインコーナーと冷蔵品も置かれてずいぶんと充実しています。




※ 撮影禁止のところ、撮影&掲載の許可をいただいています。


 その成城石井で、バイヤー兼務の社長自ら、トリュフの名産地 イタリアのアルバへ出向き、白トリュフを買い付け、トリュフを使ったミックスナッツなどの商品化を予定しているんだそうです。


トリュフには目がない私。楽しみです。


でもやっぱり、加工品じゃなくて、トリュフそのものとかトリュフを使ったデリカテッセンなどを扱ってくれるようにならないかなー。




今後のレッスン予定。

4月、アフタヌーンティーマナーレッスン。

5月~通年 ベーシッククラスコース。


募集開始まで、しばらくお待ち下さいね。


 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 

 

      

 

今日も 応援クリックありがとうございます。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 


テーマ:

おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

 

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室・おもてなしサロン Camarade.キャマラードを主宰しております、食空間コーディネーター中西まゆみ です。

 

今日は1月15日、小正月(こしょうがつ)。

 

元旦から1月7日(人日の節句=七草粥の日)までの松の内までを大正月と呼ぶのに対して小正月と呼ぶそうですが、

松の内の間、忙しく働いた主婦をねぎらって女性を休ませる日であるとの意味もあることから、別名 女正月(おんなしょうがつ)ともいいます。

 

この日にお友達とゆっくりランチをする、なんていうのも良いかもしれませんね。

 

 

話は変わって。

 

 

先週、『音楽チャンプ』というテレビ番組をご覧になりましたか?

全国45都市から発掘された歌の上手い方たちが、カラオケで点数を競うという番組で、ご出演されていた方々の歌唱力の素晴らしさに驚いたのと同時に、心に響くものがあり、「やっぱり音楽っていいな」と改めて思えた番組だったのです。

 

他の局の『カラオケ☆バトル』という番組も面白いですよね。

 

 

昨年のことになりますが、去る11月某日、札幌市内で知人が主催する 歌謡フェスティバル というものに参加させていただきました。

 

その歌謡フェスティバルは、まさにカラオケの採点機能を利用して点数を競うというイベントでした。

 

結論から言うと、私、優勝しちゃったんです!! ←自分でもびっくり!!

 

 

実をいうと、私は人と争うことがあまり好きではありません。

その昔、「歌手になりたい」なんて夢を見たこともあった私は、勝ち負けにこだわらず楽しめればいいな~と、思っていたのですが、「出場するからには本気で!」と、他の方から背中を押されて、カラオケに練習に行ってみたんです。

 

すると・・・

 

 

98.168点!!

自分でも驚くほどの点数が出たんです。

これには本当に本当に驚きました。

 

これは、DAMの『採点DX-G』という機種で、最初に出た得点にビブラートで加算されて高得点が出やすい機種らしく、本番に使用されるのは、その加点のない『採点DX』という機種が使われることがわかりました。

 

 

改めて、『採点DX』のカラオケに練習に行ってみると。。。

 

 

 

 

私が選んだ曲は、絢香さんの I believe。

 

何度か歌っているうちに、97点台まで出るようになって、いざ本番へ。

 

 

 

皆さん歌唱力の高い方ばかり、上手な方じゃないと選曲しないような難しい曲ばかりでした。

私はと言うと、出番は終わりの方だったので、プレッシャーで緊張しながらも、数十名の前で気持ち良く歌わせていただことができ、結果『優勝』させていただくことができました。

 

 

私は、初代チャンピオンということで賞をいただき、四天王の1人になりました。

 

すごく盛り上がるイベントだったので、第二段も開催しようということになっていて、来週その予選会が開催されます。

予選会で選出した上位10名と、第1回目の四天王の戦いを2月に本戦として開催し、新四天王を決めることになっています。

 

私も、2月の本戦に向けて、そろそろ練習でもしてみようかな~と思い始めているところです。

 

音楽って、その場をひとつにする力、心と心をつなぐ力がありますよね。

 

このイベントを通して、私も新たなご縁をたくさんいただいています。

 

まずは来週の予選会が楽しみです。

 

 

 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 まゆ

 

      

 

今日も 応援クリックありがとうございます。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 


テーマ:

おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

 

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室・おもてなしサロン Camarade.キャマラードを主宰しております、食空間コーディネーター中西まゆみ です。

 

いよいよ年の瀬。

今年もあっという間に過ぎ、いつものように慌ただしい年末を迎えています。

 

 

あなたは、元旦の朝にお屠蘇をいただく習慣がありますか?

 

地域やご家庭によって違いはあるようですが、本来のお屠蘇について書いてみますね。

 

お屠蘇とは、元旦の朝に若水(元旦の朝、その年一番最初に汲んだ水のこと)で身を清めて、神棚に手を合わせ、家族で新年のあいさつを交わしたあとにいただくお酒のことをいいます。

 

こちらがお屠蘇をいただくための酒器、屠蘇器です。

我が家のは黒い漆器ですが、格が高いのは朱色です。

 

 

 

ちょっと混同しがちなのがお神酒。

お神酒とは、神棚に供えるお酒のことで、これをお正月にいただいて、お屠蘇の代わりとしているご家庭もあるかもしれませんね。

 

お屠蘇とは、大晦日の晩から一晩(5~8時間ほど)屠蘇散という数種類の薬草を、清酒やみりんで抽出したものをいいます。

 

これが屠蘇散。

 

 

屠蘇散、あまり馴染みがないかもしれませんが、薬局やドラッグストアなどで売られていますし、年末に売られているお酒やみりんを買うとついてくることもありますよ。

 

今年購入したものは中をあけるとこうなっています。

 

 

あけたとたんに、薬草の独特の香りが部屋中にただようほど。

屠蘇器の絵が描かれているのが可愛らしいですね。

 

原材料を見てみると、桂皮・山椒・桔梗・大茴香・丁字・浜防風と書かれてあります。

 (注:メーカーによって、配合されている生薬の違いあり)

 

いかにも身体に良さそうな、これら生薬が抽出されたお酒を、元旦の朝 お節をいただく前に飲むことで、邪気を払い、無病息災を願い、幸せな1年となるようにとの意味が込められた新年の風習なんですよ。

 

ご存知でしたでしょうか。

 

いただき方は、屠蘇器で年長者が年少者の盃に屠蘇を注ぎ、年少者から、3度に分けて口に含み飲んでいきます。

これは、年少者の生気を年長者へ送り渡すという意味や、古代の毒見の名残という説もあるようです。

飲むときは、東の方角を向いて飲むのだそうです。

 

「ひとりがこれを呑めば一家病なく、一家これを呑めば一里病なし」

 

清酒とみりんの配合や、浸す時間はお好みで。

みりんは、調理用のものではなく本みりんを使ってくださいね。

 

最近では、屠蘇器のあるご家庭は少なくなっているようですし、もしあったとしても、なんとなくお正月の飾りと化しているかもしれません。

 

 

屠蘇器の銚子には、このように屠蘇飾りをつけるのが正式です。

 

日本人でありながら、日本の文化を忘れてしまいがちな現代。

諸事情で屠蘇をいただくことができなかったとしても、大切な日本の文化を知り、伝承していくことが大事なのではないかと思います。

 

あなたも、お忙しい年末かと思いますが、お屠蘇の準備をなさってみてくださいね。

 

 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 まゆ

 

      

 

今日も 応援クリックありがとうございます。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 


テーマ:

おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

 

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室・おもてなしサロン Camarade.キャマラードを主宰しております、食空間コーディネーター中西まゆみ です。

 

あなたは、どんなクリスマスを過ごしていましたか?

 

私は外食には出かけず、自宅で夫婦2人ごちそうを作って食卓を囲みました。

今日は、2018年我が家のクリスマスの食卓をご紹介させてくださいね。

 

 

今年のコーディネートは、先日のクリスマスランチ会でご提案したデモテーブルを、食卓に再現。

 

 

 

今年のトレンドカラーを使った、大人シックなカラーでのコーディネートです。

 

 

 

 

 

 

 

お料理は、メインの肉料理として、夫にラムチョップを焼いてもらいました。

 

 

自宅でごちそうを作る時には、ほとんどと言っていいほど夫がお肉を焼いてくれます。

 

普段のステーキなんかもそうですが、クリスマスには丸鶏でローストチキンや、ラムチョップを塊で焼いてくれたりするんです。

 

今回は、粒マスタードの新作ソースにチャレンジしてくれました。

ラム肉の風味にぴったりで、すご~く美味しかったです。

 

素人ながら、夫のお肉の焼き加減は本当に絶妙で、私には真似できないロゼピンクに仕上げてくれるのが嬉しいです。

 

 

 

私はというと、クリスマスに必ず作る定番料理を担当しました。

定番その①。 ツリーサラダ。

 

 

私のオリジナルのアイディア料理で、一応クリスマスツリーに見立てて作ったサラダなんです。

ツリーに見えますか?

 

 

 

定番その②。 パエリア。

 

 

 

結婚して初めてのクリスマスに作ったのがきっかけで、以来クリスマスにはほぼ毎年パエリアを作っています。

 

 

 

パエリアは見た目が色鮮やかなので、食卓に彩りをプラスするのにもってこいですよね。

 

 

 

今年のメインと言ってもいいほど楽しみにしていたチーズ、モンドール。

 

 

この日のために熟成させておいた、毎年のお楽しみ期間限定のチーズ モンドールですが、クリスマスに食べたのは初めて。

今回準備したのはクリスマスを連想させてくれるパッケージでした。

 

 

 

さてさて、こちらも今回のメインのひとつとして準備したシャンパーニュ。

 

 

写真でわかるでしょうか。

モエ・エ・シャンドンの辛口 ネクターロゼなんですが、なんとなんと!!底面にあるスイッチを入れると電気がついて、光るんです。

 

通常、飲食店向けに販売されているもので、小売店にはほとんど流通していないようなんですが、嬉しいことに販売しているお店があって入手できたんです。

 

自宅でこんな演出ができるなんて嬉しくて嬉しくて、得意になってスイッチ入れました(笑)

 

 

シャンパンクーラーに入れても、美しく光っていて、とっても現像的。

 

 

 

空になってからも美しく光っていたので、照明を落として、思わずパチリの1枚です。

 

 

 

 

 

 

 

美味しいシャンパンはあっという間にあいてしまい、2本目は赤ワインに。

 

 

こちらは、秘蔵してあったトルコのワイン。

 

以前、中東料理と中東のワインをいただくという貴重なワイン会に参加した時に、その美味しさに惚れて購入していたもの。

ミディアムボディながら、しっかりとした味わいのある美味しいワインでした。

 

 

 

美味しいお料理と、美味しいシャンパーニュにワイン。

気分を盛り上げてくれるBGMとテーブルコーディネート。

 

久しぶりにゆっくりと食卓を囲んで、幸せなクリスマスを過ごすことができました。

神様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

あなたはどんなクリスマスを過ごしたのか、今度お会いした時にお話をきかせてくださいね。

 

 

 

 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 まゆ

 

      

 

今日も 応援クリックありがとうございます。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 


テーマ:

おしゃれな食卓に憧れる大人女子のための習い事

 

北海道 札幌 テーブルコーディネート教室・おもてなしサロン Camarade.キャマラードを主宰しております、食空間コーディネーター中西まゆみ です。

 

すっかり雪景色の札幌、こうして雪が積もると、クリスマス気分が盛り上がってきます。

雪国ならではのホワイトクリスマス。

あなたは、今年のクリスマスをどんなふうに過ごすかもうプランは決まりましたか?

 

 

赤れんがテラスのクリスマスツリー。

 

 

こちらは、お向かいのshitatte sapporoのクリスマスツリーです。

 

 

クリスマスの3連休に入り、気分も盛り上がってきたところで、先日開催しましたクリスマスランチ会にご参加いただいた方から、嬉しいご感想をたくさんいただいたので、紹介させてくださいね。

 

クリスマスランチ会① 

クリスマスランチ会②

 

 

☆ 優しく丁寧に教えて下さり、わかりやすかったです。

  会場の雰囲気も個室で落ち着いていてよかったです。

  クリスマスについて色々学べて、改めてクリスマスを違う視点から楽しみたいと思いました。

 

 

☆ 先生がとてもお話上手で雰囲気が良かったです。

 

 

☆ 先生の声のトーンや素敵な空間の中で、心地良い時間を過ごせました。

  色が違うだけで全く印象が違ったことにとてもびっくりしました。

 

 

☆ 素敵な先生でした。

 

 

☆ 先生の心のこもったおもてなしが素晴らしかったです。

 素敵でした。

 

 

☆ 先生のお話の内容が楽しかったです。

 雰囲気も癒されました。

 デモテーブルのコーディネートの色合いが、派手すぎず落ち着く感じで素敵でした。

 また参加したいです。

 

 

☆ 先生のレッスン大好きです。

 先生の想いを込めたレッスンに参加できで幸せでした。

 クリスマスの学びもできて満足です。

 また他のレッスンにも 参加したいと思います。

 

 

☆ 雑誌やテレビで見るみたいに素敵でした。

 とっても勉強になりました。レッスンの内容も楽しかったです。

 

 

☆ エレガンスと洗練を感じました。

 温かな講座、とても感動しました。

 

 

☆ 何もかもが思っていた以上に素晴らしく至福の時間でした。

 また参加させていただきます。

 

 

☆ とても素敵でした。

 

 

☆ 会場の雰囲気もとても良かったです。

 ナプキンの作り方、楽しかったです。

 

 

☆ キャンドルの色を変えるだけでテーブルの雰囲気が変わったのが印象的でした。

 講師、会場の雰囲気も良かったです。

 

 

もうね、自分で書いていて嬉しすぎるほどに『素敵』って言葉をこんなにたくさんいただきました。

 

タイトルに書いたとおり、『ひとりでも多くの方に幸せを届けたい』と思って、私は今このお仕事をさせていただいています。

 

私の主催するイベントやレッスンにご参加くださった方が、心豊かな時間を過ごし満足してお帰りいただけたなら、私も幸せな気持ちになれます。

 

こんなに嬉しいご感想をくださった皆さまには、お礼の意味を込めて、今日届くようにクリスマスカードを郵送させていただきました。

今頃お手元に届いている頃かな~、と思いながら私もあの楽しかったランチ会を思い出して、記事を書いています。

 

改めまして、ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

次回は、あなたにもご参加いただけたら嬉しいです。

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 まゆ

 

 

 

今日も 応援クリックありがとうございます。

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス