中国をルーツにもつ

餃子文化ですが、

台湾の餃子と日本の餃子、

異なる部分がたくさんありますよね!

(ちなみにどちらも大好き!)

 

台湾では御法度(?!)の

「餃子×麺」の炭水化物セットで

台湾の食文化に革命を起こす

挑戦が「虎記餃子」で始まります!

 

 

 

 

 

こんにちは台湾在住ブロガーのCAMです。

(自己紹介はこちらから)

 

 

 

 

私の好物の1つが

餃子という話は、

こちらのブログでも

よく書いているのですが、

 

なんと台北においしい

餃子専門店がオープンすると

聞きつけて行ってきました!!

 

 

 

場所はMRT台北101/世貿駅

の2番出口から徒歩7分くらいの

場所にあります。

 

大通りから少し入ったら

路地裏に位置しています。

 

 

こちらが今回取材した

「虎記餃子」です!

 

3月1日新オープンの

餃子とタンメンの専門店!

 

 

 

中は広々とした造りで、

1人でも利用しやすい

カウンター席もあります。

 

 

 

剪紙(中華切り絵)風の

虎のデザインが可愛い。

 

 

 

注文・支払いは券売機で。



 

 

店内の番号掲示で

呼ばれたら取りに行く

セルフ方式です。

 

 

 

 

 

 

そして、、

この「虎記餃子」の要

となっているのが、

「日本の餃子」

 &

「日本のタンメン」!

 

 

餃子もタンメンも

中華文化から来たもので、

台湾の方がルーツに

近いんじゃない?

って思いますよね。

 

 

もちろん台湾の餃子も

麺もおいしいんですが、

日本で独自に進化した

餃子やタンメンは、

もう「日本食」と言っても

過言ではないほど、

 

台湾のものとは

まーったく違うんです!!

 

 

 

 

例えば、台湾の餃子は

主食 + おかず

が一体化された食べ物で、

 

皮→炭水化物

具材→おかず

 

というものなので、

餃子 + ご飯 

という風には食べないんです。

 

その分生地も厚めで、

1つ1つも大きめになっていて

食べ応えがあります。

 

 

餃子と他のものを一緒に食べるなら、

餃子とサンラータンを

一緒に食べるという人が

多いかなと思います。

 

 

 

 

 

反対に

日本の餃子は

おかずなので、

ご飯によく合うように

できているんですよね。

 

皮が薄くて

1つ1つが小さめ、

 

焼き餃子が主流なのも

ご飯のお供としてよく合うから

と言われています。

 

 

 

 

 

諸説ありますが、

餃子もタンメンも

戦後中国大陸から帰国した

人たちが日本に持ち込み、

 

日本各地でお店を開いたので、

その土地に合わせた

ご当地餃子ができあがった

と言われています。

 

 

 

日本のタンメンの発祥の地は

横浜と言われているそうで、

関東ではよく知られるメニューですが、

関西では知らない人もいるそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな日本の餃子で

台湾餃子界に革命を起こしたい!

と立ち上げた「虎記餃子」ですが、

 

日本の味を作り上げるために

餃子とタンメンの監修を

していただいたのがこの方!

「満北亭」の安富さん!

 

満北亭(まんほくてい)」は、

日本で約50年の歴史をもつ、

餃子とラーメンの専門店。

 

東京多摩地区や山梨県東部を中心に

8店舗を展開する人気店です!

 

 

 

 

 

お店の要となる

餃子とタンメンは安富さん

の監修を依頼し、

緻密なマーケティングや

プロデュース計画のもと、

この「虎記餃子」がスタートしました。

 

日本で独自に進化した中華料理

「餃子」と「タンメン」を

台湾に逆輸入というチャレンジ!

 

 

 

 

 

日本から来た食べ物

=値段が高い

という方程式が出来上がっていますが、

リーズナブルな価格で提供!

というのも「虎記餃子」の挑戦!

 

餃子は1皿50元!

タンメンは1杯95元で勝負!



 

 

台湾生活では

1食100元くらいにおさめたい

って思っているのですが、

(という人も多いはず)

 

タンメンなら100元以内、

餃子をつけても145元と

ギリギリ予算内におさめられる

くらいの価格設定なんです!

 

 

 

 

こちらが看板メニュー

脆皮韮黃煎餃 50元

黄韮と豚肉の焼き餃子です。

 

 

 

作り方も焼き方も

安富さんがしっかり伝授。

 

 

台湾ではまだめずらしい

三日月形の日本餃子。

台湾の焼き餃子は棒型が主流です。

 

 

 

コーン入りとカレー味もあって、

3種類の焼き餃子が選べます。

 

1つが小ぶりで、

タンメンと一緒に食べても

ぺろりといけるサイズ。

 

皮は薄くてサクサクで

中はジューシー、

確かに日本の餃子!

という感じ!

 

ミニバットでサーブされるのも

おもしろいですね。

 

 

 

コーン味は甘みしっかり、

カレー味もスパイスがプラスされて

おつまみとしてもよさそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つの主役

タンメン!

虎記蔬菜拉麺(小) 95元

 

 

麺は特製のちょっと太目な

食べ応えがある麺をセレクト。

 

 

 

そしてなんと1杯のタンメンに

使う野菜の量は180g!

台湾では1日に必要な野菜は300g

と言われているので、

半分以上の量が食べられちゃうんです!

 

 

 

 

満北亭秘伝の味を台湾へ。

しっかり伝授しています。

 

50年に渡り作り上げてきた

大切な味を教えていいのかな?

ってちょっと心配になりましたが、

 

台湾の食文化のさらなる

発展へ貢献出来たらという

気持ちもあるんだそう。

 

太っ腹~!

 

 

 

 

虎記餃子のタンメンのキモは、

炒め!メラメラ

 

痛めた野菜にスープを加えて

さらに一緒に炒め煮することで

香ばしさとうま味がアップ!

 

 

 

できあがり~!

 

 

 

実はこの日、

安富さんをお迎えして

取材させていただいたのですが、

特別に炒め煮したスープのタンメンと

茹でた野菜にスープをかけた方法と

食べ比べさせてもらったのです。

 

ぜんっぜん違う!

 

同じ具材、

同じスープでここまで変わるか!

ってビックリ!

 

 

炒め煮すると香ばしさが

際立って、それがうま味になり、

味が凝縮される!

 

野菜もシャキシャキとした

歯ごたえが絶妙に残って、

 

スープもあっさり、

プリプリの麺と相まって、

おいしい~!

 

お子様から年配の方まで

愛されること間違いなし!

 

 

 

 

タンメンと焼き餃子、

台湾では御法度だった

麺と餃子の組み合わせ。

これから台湾にも根付く予感!

 

 

 

 

さらに毎日通っても

飽きないお店に!と

色々メニューも展開!

 

 

蔥油と和える汁なし麺、

油蔥乾麵 50元

 

 

 

具材たっぷりの台湾風味噌汁

豆腐味噌湯 40元

 

 

こんなに具材たっぷり!

 

 

 

他にも小鉢(小菜)も充実しています。

 

 

 

 

あと、私が大興奮したのはこちら!

虎虎雞(3本) 45元

普通の手羽先?

って思うじゃないですか!

 

これが

冷たく食べる

手羽先!雪の結晶

 

 

 

福岡で食べてハマって、

台湾でも食べたい!

ってずっとオタクちゃんと

話していた冷たい手羽先!

 

ついに台湾でも食べられる日が!

 

 

 

 

ビールも冷え冷え、

これは止まらなくなる~!

 

サラダとか冷たい料理が

苦手な人が多い台湾で、

すごい挑戦だなと思いますが

ハマる人にはハマる!

 

私は食べまくる予定(笑)

 

 

 

 

餃子、タンメン、

冷たい手羽先まで!

 

 

台湾飲食界に革命を起こす

「虎記餃子」!

 

要チェックや~!

 

 

 

 

虎記餃子 世貿店

台北市基隆路二段39巷14號1F

時間:12:00~20:00

 

 

台湾の人気ブロガーさんたちのブログがチェックできます!

台湾の人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと押していただけると励みになります!

    ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

フェイスブックページfacebook

 

 

インスタグラム

@cammikko

 

 

 

楽しい台湾情報をお届けしています!

ぜひフォローお願いします!

 

 

 

Twitterも始めました!ツイッター

CAMツイッター

 

 

 

 

注意個人的な旅行や生活の相談は承っておりません。

ご理解いただければ幸いです。

https://ameblo.jp/cam-mikko/entry-12204054502.html

の記事でそのお話にもふれているので、

もしよかったらご覧いただければ幸いです。

 

ブログ内検索機能や

記事カテゴリーから

必要な情報など探していただければ幸いです。

 

パソコンまたインターネットで

 「台湾旅行 〇〇←検索したい内容 おすすめ」

など検索すると、色々な情報があります。

ご参考までに。

 

 

注意紹介しているお店情報の追跡更新をしていません。

気が付いたらお店情報の更新をしていますが、

なくなってしまったお店などもあるので、

行かれる前にお店のWebサイトなどで

ご確認お願いします!


 

注意お仕事関係の個人メッセージ以外は返信しておりません。

本当にごめんなさい!

メッセージはとてもうれしく拝見しております!ラブレター

ありがとうございます!

 

 


手紙CAM Web サイト手紙
仕事・執筆・活動情報はこちらよりご覧ください!
http://cam-mikko.jimdo.com

=============================
メモ台湾ブロガー・フリーライターCAM(Mikiko)
カメラ住在臺灣的日籍部落客(布洛客)・作者/作家・記者 

日本人Mikiko/石井 三紀子

 

 

「來去總統府住一晚」

(台湾総統府に泊まろう)

日本人ブロガーとして選出され、

総統府に宿泊しました。

https://www.youtube.com/watch?v=huMjEg558fw

 

その他、メディア出演、

活動情報はこちらのWebサイトより

ご覧ください!

http://cam-mikko.jimdo.com