知っとうや2

2900年続いた人類中心文明は、もうすぐ本来の神代に戻ります。
十界、六道輪廻等宇宙の法則を知らずして未来は語れません。
歴史の真実を知り、波動変化についていきましょう!


テーマ:

8月は、広島、長崎の原爆犠牲者慰霊平和記念式典があり、15日の終戦記念日と続く戦争を反省するイベントが続きます。

 

世界で唯一原爆投下を受けた我が国ですが、敗戦は決定的だった状況の中、何故、米国が原爆を使用するという信じられない暴挙に至ったのかは、未だはっきりと分かっていないようです。

 

実際には、米国に原爆投下を導かせたのは、邪神に操られた熊襲であることは間違いなく、神国日本を徹底的に熊襲の配下にするためだったのです。実際に、戦後、日本は米国の傘下になりさがり、今では中国やロシアにも舐められ、北朝鮮にすら脅され、神代には世界の天皇が存在した神国日本の面影はほとんどありません。戦後は、熊襲のシナリオ通りに動いてきているのです。

 

広島と長崎の2都市と原爆の霊的観点からの関係については、2年前に記事にしました。

<広島と長崎の謎>

 

原爆を投下する先が広島と長崎に決められたのは、この両都市が神の魂を浄化する場所であるから、というのがこの記事の趣旨でした。広島の冠山とそこを源流として広島市内を流れる太田川が、男神の魂を浄化し、一方の長崎は女の都という丘陵地から流れる浦上川が女神の魂を浄化して、長崎湾に流れ込んでいきます。

 

従って、邪神は、男神と女神の浄化場所である広島市(太田川)、長崎市(浦上川)に大打撃を与えるため、その川の下流付近に原爆を投下したのです。

 

その後、さらに追加情報が分かったので、ご紹介します。

 

長崎の女の都地区には、天竺山が存在します。この周辺が神代の都の一つだったことを物語っています。

 

この天竺山周辺を源流とする浦上川は、長崎湾に流れて行きますが、長崎湾の出口手前に架けられたのが女神大橋で、出口付近には皇后島と神の島という、今は埋め立てられて陸続きとなっている二つの島があります。

<ヤフー地図:長崎湾>

 

稲佐山から見た長脇湾。横切る橋が女神大橋

長崎湾

これこそ、長崎市が女神の魂を浄化する場所だということ表している背証拠でもあるのですが、女神の中でも皇后の魂を浄化しているということになるのです。

 

天皇、皇后は、今こそ人間宣言により人間とされていますが、実際には神の魂なのです。昭和天皇が人間宣言するまでは天皇は、現人神だったのはご存知のとおりです。皇后も同じなのです。

 

一方の男神の魂の浄化地である広島の場合は、周辺に天皇という名称が付いた地名は今のところ見いだせませんが、太田川の河口付近に宇品島(うじなじま)があります。

<ヤフー地図:宇品島>

 

宇品島から見えた瀬戸内海へ沈む夕日

 

宇品島

 

宇品島の『宇』は宇宙のこと、『品』は人の資質のことを表しますので、そのままだと宇宙人の島ということになりますが、これは現人神である天皇のことを指すと考えて良さそうです。

 

つまり、広島の男神の魂というのは天皇の魂、長崎の女神の魂というのは皇后の魂とも言い換えられるのです。

 

広島と長崎に原爆投下を決めたのは、熊襲が、現人神である天皇・皇后の魂を駆逐するためだったと考えて良いのです。実際には、原爆くらいでは浄化システムは壊されてはいないのですが、その後、敗戦を受け入れた昭和天皇が人間宣言をしたので、熊襲にとっては一定の効果があったのは間違いありません。

 

また、原爆は長崎に落とされる前は、北九州市に落とされる予定だったとも伝わっていますが、北九州市八幡西区には皇后崎という地名もあります。ここも皇后、つまり女神の魂の浄化場所の一つなので、原爆投下の計画があったのだと推測しています。

 

いずれにしても、天皇というのは神代からの系統であり、世界の天皇なのです。そう遠くない未来には、世界の天皇が復活しているはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

calseedさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「浄化システム」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。