水子が集まる場所 | 知っとうや2

知っとうや2

2900年続いた人類中心文明は、もうすぐ本来の神代に戻ります。
十界、六道輪廻等宇宙の法則を知らずして未来は語れません。
歴史の真実を知り、波動変化についていきましょう!


テーマ:

日本の地名は変わった名前が多いと思いませんか?

 

宇都宮、宇佐、宇部、宇土、宇治・・・・宇宙、天国と繋がった場所

 

津、大津、中津、津田・・・水道によって黄泉の国と繋がった場所

 

阿波、阿蘇、阿賀野、阿武隈・・・浄化された転生前の魂と関係した場所

 

神戸、神田、神崎・・・神界(天界)と繋がった場所

 

多摩、志摩、当摩・・・声聞・縁覚の世界と繋がった場所

 

これらは一例ですが、他にもたくさん霊的に関係が深い地名があります。これらの地名は、神代、神が人間に伝承して付けた地名であるのですが、悲しいかな現代人は、そんなことには全く関心もなく気づきもせず、熊襲のシナリオに乗っかった社会で、せっせと働かされています。

 

私は、このような霊的な地名を目指して全国各地を巡っているのですが、つい最近驚くべき地名を見つけたのです。

 

その名は、『水子』

 

埼玉県富士見市にある地名です。

<ヤフー地図:富士見市水子地区>

 

水子と聞いても「フーン、変わった地名だね」ぐらいにしか思わない人が普通なのでしょうが、私は聞いた瞬間、「ここだったのか!」と思いました。

 

水子とは、生まれて間もない子、もしくは胎児を指しますが、現代社会では水子の霊のことを略して「水子」と呼んでいますよね。

 

つまり、水子とは、流産や人工中絶によって死亡した胎児の霊のことを指しています。

 

以前も書きましたが、人間に生まれることは、全ての魂の中では一握りです。特に、六道輪廻を正当に駆け上がり、動物から上がって来た魂にとっては大変嬉しいことです。

 

そのような魂が、人間として生まれる直前に、流産や人工中絶によって人間に転生する道を奪われたとしたら、その魂の悲しみはどれほどのものでしょうか。

 

水子の霊は、何もしないと両親になる予定だった人、流産の原因を作った人、人工中絶に関与している人を恨みます。そしていろいろな悪さを仕掛けていきます。

<憑依霊の真実>

 

従って、水子の霊を作った張本人は、その水子の霊をきちんと供養してあげる必要があるのです。

 

供養された水子の霊は、近くの水道に乗って浄化され、もう一度、霊界に戻ることになるのですが、その主要な場所が埼玉県富士見市の水子地区ということになるのだと思われます。日本には、富士見市以外にも、水子の霊を浄化する場所は幾つかあるのではないかと推測しています。

 

水子の霊を浄化する水道を守護しているのが、水子地区にある水子氷川神社です。

水子氷川神社①

 

水子氷川神社②

 

氷川神社とは、関東に集中している神社ですが、水道を守護する神社です。関東以外では、諏訪神社が水道を守護する神社ですね。寺院だと清水寺です。

 

水子氷川神社は、水子の霊の浄化を主目的とした水道を守護しているのです。

 

水子の霊は、できるだけ発生させないようにすべきです。もし、発生したらきちんと供養してください。そうしないと、死ぬまで悪いことが続くことになります。

 

最後まで読んでいただきありがとうござます。

 

 

calseedさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス