津山30人殺し ~大量殺人事件~ その2 | クトゥルー神話外伝・君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
2013-01-18 19:36:17

津山30人殺し ~大量殺人事件~ その2

テーマ:キララの医学的神秘と恐怖
無料アクセスアップ オレンジトラフィックブログ
無料アクセスアップ トラフィックエクスチェンジブログ
アップアップアクセスアップ秘密兵器!!パソコンが勝手にやってくれるから寝てる間もOK



睦雄が最初に殺害したのは、自分の祖母でした。
時間にして深夜1時40分。
彼は祖母の首を斧で切り落とし、遂に殺人鬼が野に放たれます。


次に殺害されたのは、近所の岸本勝之の母【つきよ】でした。
彼女が日本刀で刺殺された後、すぐ隣で寝ていた幼い兄弟も殺害されています。
【つきよ】は以前に睦雄と肉体関係を結んだことがったのですが、
その後拒まれ、またそのことを近所に言いふらされたという経緯があります。

実はこの集落では【夜這い】の風習のようなものが残っていて、
これが睦雄の大量殺人に大きく関係しているようです。

彼は次に西田秀司の家に向かい、一家4人を銃殺。
西田の妻【とめ】も、睦雄との肉体関係があり、
その噂を大げさに流されていたらしく、睦雄は彼女にも怨みがあったようです。

4件目の岸本高司宅では、3人を射殺。
しかしこの時母の【たま】も胸を撃たれましたが、彼女は奇跡的に一命を取り止めました。

睦雄はこの時に、
「お前んとこに元々怨みは無かったが、西田の娘を嫁にもらったから、
 殺さないけんようになった。」
と発言しています。

射殺された岸本高司の嫁の知恵は、西田とめの娘という間柄でした。

5件目の寺川政一宅では、一家の6人中5人が射殺。
この時唯一生き残った娘のゆり子は、異変に気付いて寺川茂吉宅へ逃げ込んでいます

しかしこの時、睦雄は逃げたゆり子を追いかけていて、
もともと殺害計画に入っていなかった、
この家の父の孝四郎が射殺されてしまいました。



次に続く



$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp

小夜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス