2012-09-11 19:38:19

医師霊が施す心霊手術

テーマ:キララの医学的神秘と恐怖
1960年代の出来事です。
ブラジルのコンゴナス・ド・カンポの町で、
ある一人の女性が子宮がんで亡くなろうとしていました。
彼女の最期を見送るため、多くの親類や友人がベッドの回りに集まっていましたが、
その時その中にいたジュゼ・ペドロ・デ・フレイタスが驚くことを始めました。
彼は突然キッチンに走ると包丁を持ち出し、
それを女性の腹に突き立てると、腹部から大きな塊を引きずり出したのです。

回りの人たちはただ唖然としてその様子を見ていて、すぐに医者を呼びに走りましたが、
その後この女性の体に大きな変化が起きていたことが判りました。
フレイタスが引きずり出したのは子宮がんの腫瘍の塊で、
この後女性は完全に回復し、無事生還を果たしたのです。

これは一般に【心霊手術】と呼ばれているもので、
ブラジルやフィリピンでよく耳にすることがあります。

心霊手術を行う医師には、実際に患者を回復させた者もいれば全くの偽物やペテン師もいて、
その真偽のほどは定かではありません。

このフレイタスの例で言えば、彼は1971年に不慮の事故で亡くなるまで、
実に50万人の患者を扱っていて、彼は本物と感謝している人もかなり多くいるそうです。
手術の腕も相当なもので、患者にほとんど痛みを感じさせずに回復させるということでした。

フレイタスの話によると、彼が心霊手術を行う際にはトランス状態に陥っていて、
手術の間の記憶は全く無いとのこと。
彼には1918年に他界したドイツ人医師アドルフュス・フリッツの霊が乗り移っていて、
その医師の技術を使って手術を行なっているということでした。

ちなみにフレイタスの死後、フリッツ医師の霊はブラジルのエドリン・ケイロスという医師に
乗り移ったという噂が流れましたが、
彼の心霊手術の腕は大変下手で、後に医師会から除名されてしまいました。

またその後、1983年に今度はフーベンスという電子工学の技師に乗り移り、
こちらは順調に患者たちを回復させているということでした。


$君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪おもしろかったらクリックしてね♪ダウンダウン
ブログランキング・にほんブログ村へ





君のポケットに届いた手紙 (クトゥルー神話外伝)/小夜

¥1,050
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>をじさんさん
いつもありがとうございます♪
後日追記事を書こうと思っていたのですが、心霊手術はかなり大規模な調査があったみたいです。
その結果はをじさんの言う通り、インチキが多いけど、本物もあるというようなものだったみたいです。

1 ■無題

心霊治療で思い出しましたが、

一昔前に

体内の悪い物質を

古い釘のような形で体から取り出す人が

いました(たしかフィリピンだったかタイだったか)

これもインチキが多くて、

実際古い釘を持っていて

肌を切り開いて取り出しているように

見せかけているだけだったそうです。

多くのインチキ医者が使う手は、

暗示によって「治った」気にさせるだけの場合が

多いとか。

盲目的に超能力を信じるのは危険ですね。

騙されないよう、気を付けましょう

(ただ、本当に不可解な方法で

治療してしまう人物もごくまれにいるようです)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。