スコットランドの幽霊屋敷・ベンカート城 | クトゥルー神話外伝・君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪
2010-01-08 21:44:14

スコットランドの幽霊屋敷・ベンカート城

テーマ:リコのトワイライト・レポート

イギリスはスコットランドの南東部ロジアン州に、ペンカート城と呼ばれる城があります。
16世紀に建てられたこの城の主はジョン・コックバーン。
しかし彼はその後、ここで家族を惨殺するという事件を起こしてしまいました。


そして主のジョンがこの世を去り、数十年が過ぎてからのことです。
この城に、幽霊が出るという噂が立つようになりました。
幽霊の正体はジョン・コックバーン自身のようで、
どうやら家族を殺してしまった良心の呵責から、成仏できないのではということでした。


1923年。この城の幽霊に興味を持った心霊研究家のホルバーン教授がベンカート城を買い上げ、
この城で起きた数々の不思議な出来事を記録しようと試みました。
その内容については、「アメリカ心霊研究会ジャーナル」で報告されています。


それによると、誰もいないはずの場所から、
誰かが歩き回る足音、何かを引きずる音、悲鳴やうめき声などが聞こえたそうで、
これらの現象は教授のみならず、この城に宿泊した客をもずいぶん困らせたようです。


他にも不思議な現象はいろいろと起きていて、
①複数の誰も使っていないはずのベッドに、誰かが使った痕跡があった。
②お湯をはっていない風呂場に、大量の湯気が発生した。
③ベンカート城の全ての石鹸がすり替わっていた。
④模型にかぶせてあったガラスケースが突然割れた。
など、イタズラにしては大げさすぎる超常現象が発生していたそうです。


君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪


にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村

小夜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス