珈琲の関税 | カフェテナンゴは駒沢公園徒歩10分。

カフェテナンゴは駒沢公園徒歩10分。

駒沢通りの高級コーヒー豆焙煎専門店「カフェテナンゴ」から、色々な情報を発信してゆきます


テーマ:

海外から生豆を日本に輸入した場合、関税はなし。


しかし、焙煎済みの珈琲豆は20%の関税がかかる。


つまり、海外からの輸入豆は、2割ほど高いことになる。


同じ値段を出して買うなら日本で焙煎されたものの方が、安くてよいものが手に入る可能性が高いということだ。


グアテマラで焙煎したコーヒーをメキシコに輸出すると、72%もの高い関税がかかるんだそうだ。


珈琲は、自分の国で焙煎されたものに限るということ。


なんといっても新鮮だしね。



cafetenangoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス