20年年表と京まふの話 | カフェレオグループの社長ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

カフェレオグループの社長ブログ

キャラクターグッズの流通「カフェレオ」、グッズメーカー「アルジャーノンプロダクト」、ホビーメーカー「日本卓上開発」などいくつかの会社を展開しています。「ブックマーク浅草橋」というギャラリーも運営してます。

来る10月8日に当社主催の商談会「カフェレオキャラクターコンベンション2021秋」を浅草橋ヒューリックホールにて開催します。

今回で15回目となりますが当社の20周年の節目の開催でもあります。

会場受付用に動画を作成しているのですが動画制作の当社のスタッフから20年の年表に関する問い合わせがきました。

10年前はともかくこの数年も記憶が曖昧でいつ何をやったのかも定かではないのですが、当ブログは2010年から使ってまして、日記をつける習慣のない自身にとっては社外向けのメッセージだけではなく会社の備忘録としてもブログは大事だなとあらためて思ったりしております。

とはいえコロナ禍において最近は大したトピックスがない日々を過ごしておりますが、数年前からも、それ以前のアクションからニュースが少なくなったなとブログ記事を読み直しながら反省したりしています。

アニメやゲームに特化したキャラクターグッズの卸会社という特殊な事業を20年営んでいますが、後先考えず面白かったりインパクトがあればとりあえず実行していた過去に比べ、どうしても組織や人事など様々な配慮が優先してしまう最近は事業の規模感なども考慮して仕方がないと思うようにしていた部分もありましたが、やはりブログで発信できるようなトピックスを作り続けなければ仕事の面白みも無くなってしまうと感じています。

最近は若いメンバーを後押しすることが多くなりましたが、一度きりの人生でもあるので自身が持っているリソースや可能性をより生かす時間に向かい合おうとあらためて思ったりしています。

さて緊急事態宣言も延期されながら規制も緩和されるような相変わらず不明瞭な日々が続いていますが、直近の行動予定は、9月18日に京都のみやこメッセで開催される


京都国際マンガ・アニメフェア2021(京まふ)


に当社が出資している


お通り男史


のブースで参加します。


「お通り男史」は京都の通りに宿る「通り神」を擬人化したプロジェクトで今年の6月には双葉社さんより


小説 お通り男史



が発売され、現在は京都市内にて


スタンプラリー



も実施しています。

コロナ禍において思い通りにいかないことばかりですが、原作製作委員会に参加している各社及び当社の担当者たちが日々これからの展開に向けて本当に頑張っています。

地域連動の作品としても本当に面白いコンセプトの作品です。「京まふ」は僕も会期中会場にいますのでお立ち寄りの際はお気軽にお声がけください!