2021年の抱負 | カフェレオグループの社長ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

カフェレオグループの社長ブログ

キャラクターグッズの流通「カフェレオ」、グッズメーカー「アルジャーノンプロダクト」、ホビーメーカー「日本卓上開発」などいくつかの会社を展開しています。モンチッチカフェや「ブックマーク浅草橋」というギャラリーも運営してます。

気がつけば1月も半ばになっておりまして、当ブログをご覧のみなさまにはご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。内山田です。

 

 

こちらは2021年の当社グループの年賀状のイラストです。

イラストは当社グループのアルジャーノンプロダクトに以前所属していて、

現在は当社を卒業してフリーで活躍をしているとあざさんに描いてもらいました。

この数年はほぼとあざさんに描いてもらっています。

 

今年は丑年で、また新型コロナウイルスの影響もあり、ちょっと攻撃的に「闘牛」をモチーフに描いてもらいました。

当社も今年から関係者のみなさまにはデジタルでの年賀状に切り替えて環境の変化を感じています。

 

 

さて、昨年秋口から社内報というものを社内のグループウェア上で行っています。

今年最初の更新にて社内で「本年の抱負」なるアンケートが実施されていて、

僕も1月の半ばながら何を抱負にしたらよいのか少し考え込んでしまったりします。

 

カフェレオは設立20周年を迎える節目の一年となります。

プライベートでやりたいことも考えるほど、1昨年まで普通に楽しんでいたことが

ほとんどできない状況となっていて、考えるほどに新型コロナウイルスが終息しなければ

プランすら練れないことばかりです。

 

 

そのカフェレオも昨年年末あたりから大きく業績にも影響が出てきています。

当社は6月決算ですので12月で半期決算となります。

半期はなんとか黒字で終わることができましたが新年早々のコロナウイルス感染拡大に伴う

緊急事態宣言の再発動の影響で先行きはまったく見えません。

 

昨年から人生ゲームに例えれば世界中が「一回止まれ」のマスに止まり、

ルーレットを振るごとに何らかの支出をしながらコマを進めるような回が続いています。

 

ただ悲観しているわけにもいかず、理不尽に何かを責めるわけにもいかず、

とにかく今何をできるかを考える日々です。

それでも不景気には強いと言われるサブカルチャーの業界ですが、イベントもほぼ縮小し、

池袋や秋葉原、大阪や名古屋など首都圏の店頭で商品導入の商売を行う当社のようなビジネススタイルは

ECが伸びているとはいえ影響は深刻です。

当社以上に小売店の方々も同じ状況ですので、やはり何かを責める訳にはいきません。

 

毎年の行いとして1月中旬に半期を振り返り後期の事業方針を確認する

「ハーフタイムミーティング」を開催しています。

今年も来週行いますが、あらためて上半期の実績を見直しながら、

とにかく当社における「池の水を抜いてみる」作業を行っています。

この数年はおかげさまで業績も順調だったのですが、あらためて「池の水」を抜いてみると

20年間の月日の中でさまざまな人たちが関わってきた中の「池の底」に溜まったものがいろいろと見えてきました。

今まではなんとなく見過ごしてきたことやあえて触らなかったことに踏み出してみると、

池の底に溜まったものを取り除かなければならなかったり、その中にも発見するものがあったり、

今、こういう時だからこそやらなければならないことを確認できたりしています。

 

当社も20年前はふたりでスタートした会社です。

そこから一人増えてまた一人増え今はグループで70人ぐらい関わる組織となりました。

ここまでの道のりでは入れ替わることも含めその何倍もの人たちが関わってきました。

「池の水」に例えれば、中途で入社する人たちは「外来種」であり、社歴が長かったり新卒で入社した人たちは「在来種」です。

どちらがよいという訳ではありませんが、やはり会社のイズムやポリシーを伝えていくには在来種の存在が必要で、しかし、在来種だけでも活性化はしません。

また外来種のひとつのまとまりが新たな在来種と呼ばれるものに変わっていくこともあるかと思います。

 

今、このような時期の中で僕の役割として、池の水を整えることで当社内にて関わる人たちが泳ぎやすい環境を作らなければということをあらためて感じています。

 

カフェレオは多くのメーカーや小売業の方々を関わる中間流通を担う会社です。

今では多くの企業と商品に接して業務をしていますが、ひとつひとつにストーリーがありそのストーリーをどうすればユーザーに伝えていけるのかということを最優先に仕事をしてきました。やはり業務が拡大する中で関わる人たちの接点やそのストーリーの理解が欠けてきているかもしれません。

まずはそのあたりの整備を行うことも今年の課題のひとつと思っています。

 

 

そんな感じの新年を慌ただしく過ごしていますが、いくつか動き出していることもあります。

 

まずJR浅草橋駅高架下で運営しているモンチッチコラボカフェ「プラススクレート」は1月20日で3周年を迎えます。

小さい店ゆえに事業として継続していくことはなかなか難しいのですが、権利を許諾していただいているセキグチさんの協力体制やファンのみなさまの応援があって3周年を迎えることができました。

 

なかなかイベントができない状況ですがスタッフたちも思考を凝らして周年当日あたりからいくつかのインフォメーションを発信できると思いますのでぜひ楽しみにしてください。

 

 

2021年1月14日から19日まで博多阪急の8階展示場で「日本蒸奇博覧会」というスチームパンクをモチーフにした催事が開催されています。 
その催事に当社スタッフもスチームパンクをモチーフにしたドールハウス作品を出品させていただいています。

 

 

 

 

 

 

本人は完成度70%ぐらいと言っていますが、小物はほぼ自作で業務の合間やプライベートの時間を活用しながら頑張ってくれた力作です。近隣で興味のある方はぜひ会期中に足を運んでみてください。

 

そのスチームパンクですが本社1 階のショールームの「ブックマーク浅草橋」にて2月11日〜14日まで

日本蒸奇博覧會-ドールハウス教本vol.7「ミニチュア×スチームパンク」
を開催します。

同様の催事となりますが、個人的にも大好きなジャンルですのでおそらく毎日行こうと思っています。

 

 

 

とりあえずこのような近況ではありますが、あらためて新年の抱負を思い返すと今まで当たり前のようにできていたことができなくなるという日々は本当に困難な状況に向かい合っていると痛感します。

 

そのような中でも20周年の感謝を表せるような企画を些細でも実施できるといいかなというのが今年の抱負かもしれません。

 

大変な日々が続きますがみなさまの健勝を切に願いながら本年もどうぞよろしくお願いします。