ワンフェス2020冬 @ 日本卓上開発ブース | カフェレオの社長ブログ

カフェレオの社長ブログ

キャラクターグッズの流通「カフェレオ」、グッズメーカー「アルジャーノンプロダクト」、ホビーメーカー「日本卓上開発」などいくつかの会社を展開しています。モンチッチカフェや「ブックマーク浅草橋」というギャラリーも運営してます。

先日の2020年2月9日(日)は幕張メッセでホビーの祭典「ワンダーフェスティバル2020冬」が開催されました。

 

日本卓上開発も出展しましたがたくさんのご来場をいただき本当にありがとうございました!

 

当日は新型コロナウイルスの影響で来場者の減少や何らかの混乱も予測されましたが、

通年通りの雰囲気で無事に終了することができました。

(会場内のマスク率は90%ぐらいですかね。挨拶する人たちともマスク越しの会話がほとんどでした)

 

ここ数年の当社はディーラーブースと呼ばれる一般参加の方々のエリアにて出展していました。

今回はあらためて予算をかけてしっかりやってみようと思い、メーカーブースに8コマの大きさで出展することになりました。

 

ワンフェスは1日のみの開催ですので、できるだけ簡素ながら訴求力のあるブースづくりが求められます。

特に当社はジオクレイパーという「都市開発」がテーマの商品が主です。

 

キャラクターパワーがあるわけでもなく、イベントなど派手な演出もできませんので、

他のメーカーさんとは少し違う「色」をだそうということからブースレイアウトを考えてみました。

 

今年は6月にエヴァンゲリオンの劇場版が公開されます。

当社も「ジオクレイパー EVANGELION TOKYO3 シーナリー」というエヴァンゲリオンの劇中に登場する

『第3新東京市』のジオラマを作れる商品を発売していますので、まずは『第3新東京市』の大ジオラマを作ろう

ということからスタートしました。

 

それに合わせて会場販売商品もTOKYO3シーナリーに拡張して遊べる商品をということで、

A.T.FIELD&道路プレートセット」を制作しました。

 

 

 



既に発売しているTOKYO3シーナリーに収録されている「初号機」と「第4使途」をアクリルのATフィールド越しに対峙させ、

道路のプレートと兵装ビルを連結させれば写真のような雰囲気溢れる光景が簡単に作成できます。

 

 

当商品は少量しか作成していませんのでイベント限定にて扱いましたが、若干在庫が残りましたので

後日当社の通販で販売する予定です。会場内で買い逃した方はぜひこの機会にお求めください。

 

 

第3新東京市のジオラマに話を戻します。

ジオクレイパーには「ブレイクエフェクト」という商品があります。

 

特殊なABS素材を使い、ニッパーを使えば簡単に商品を分割することができ、

細かく裁断することでオリジナルの廃墟や瓦礫をつくることができます。

 

イベントの搬入日数日前に当社スタッフが第3新東京市のジオラマ用にブレイクエフェクトを使ったエリアを作り出しました。

最初はちょっと雰囲気を出す程度に使うのかと思っていたら、セカンドインパクト後の光景を作ろうとしているらしく

かなり力の入った作業を始めました。

 

 

 

 

結果的には写真のような形になりましたが、イベント中もかなり注目を浴びる結果となり、たくさんの方が写真を撮っていかれました。

 

 

 

今年はエヴァンゲリオンイヤーですので、ファンの皆様はぜひ「ジオクレイパーTOKYO3シーナリー」もよろしくお願いします。

 

 

そのブレイクエフェクトですが、お客様に使っていただかないとわからないので、

当社スタッフが実際に商品を触っていただいて体験してもらう場も設けました。

 

また日頃、ワークショップなどでお世話になっているモデラーのオオゴシトモエさんにお願いして、

ブレイクエフェクトを使ったアレンジ作品も作ってもらいました。

 

ガンダムなどのプラモデルの作例でも有名なオオゴシさんですが、

ファンタジーの世界観も得意とされていますので、最初のミーティングで「天空の城」のようなイメージで

作ってもらうことをお願いして、トータル的な部分はすべてお任せしました。

 

 

タイトルは「再生の街 - Lebensbaum- 」。

 

 

ケーキのホールのような土台にデコレーションのように敷き詰められた都市。

その下側には建物が朽ちる途中のように吊り下げられたドーム空間があり、

さらにその下に破片が排出されているような光景です。

 

建築物が生き続ける時間を形として表現した作品となっています。

 

 

オオゴシさん今回もありがとうございました!!

 

当作品は後日、当社ショールーム「BASE2500」にて展示しますので、ぜひ足を運ばれて実際にゆっくり見てください。

 

 

もうひとつ「ブルーインパルス」の展示飛行を再現したジオラマも作ってみました。

1964年の東京オリンピック開会式でもブルーインパルスが壮大な五輪の輪を大空に描き、

今も語り継がれる思い出のエピソードとなっています。

 

1/2500というスケールですが、ジオラマの東京にもブルーインパルスを飛ばしてみようということになり、

3Dプリンタの出力で再現してみました。

 

 

 

これが思った以上に大変でスモークの輪のスケールが予想以上に大きく

かつT4の機体が予想以上に小さく米粒のようなサイズになってしまいましたが、

なんとかイベントまでに間に合いました。

 

需要があれば販売してみたいなと思いますがブルーインパルスファンのみなさまはいかがでしょうか?

 

 

今回はブース内に初めて壁にジオクレイパーを配置してより俯瞰した光景を作ってみました。

 

 

ジオクレイパーの展示はレイアウトの配置と撤収の時の手間がかかり

毎回、大変な労力がかかるのですが、今回もスタッフたちの力を合わせながらなんとかやりきることができました。

 

 

 

 

 

期間中は本当にたくさんの方々が立ち寄っていただき、写真も撮影していただきました。

ぜひ「街づくり」の楽しさをみなさんに体験していただけると嬉しいです。

 

 

最後に出展者のみなさま本当にお疲れさまでした。

 

 

おまけ

 

 

モンチッチ 跳んでます♪