2019年ありがとうございました! | カフェレオの社長ブログ

カフェレオの社長ブログ

キャラクターグッズの流通「カフェレオ」、グッズメーカー「アルジャーノンプロダクト」、ホビーメーカー「日本卓上開発」などいくつかの会社を展開しています。モンチッチカフェや「ブックマーク浅草橋」というギャラリーも運営してます。

本日12月27日(金)をもって今年の当社の営業は終了となりました。

 

今年も一年みなさまのお力添えをいただき本当にありがとうございました。

 

毎年のことですがばたばたの日々にて年末の空気もほぼ感じていないのですが、このブログを書き終わる後には全社での忘年会をやって通年通りの年越しになると思います。

 

今年もゲームやアニメのキャラクターグッズの卸会社のカフェレオを中心に、グッズメーカーのアルジャーノンプロダクト、ホビー商品の日本卓上開発、モンチッチカフェを運営するプラススクレート、物流企画のカルチャー・パーティー・ロジスティクスという5つの会社をグループとして展開しました。

 

グループ各社は6月決算ですが半期が終了となりました。

 

グループ中核のカフェレオは過去最高の実績で半期を終了することができました。

スタッフたちの頑張りと取引先各社との関係あっての実績だと思いますが、来年で設立20年を迎える年度で勢いがあることはありがたいことです。

 

もともとニッチな業界ですので規模の追求よりも役割を全うすることに軸をおいてきました。

さらに卸という裏方の中間流通ながらエンターテイメントに携わる特殊な業種ですので同時に付加価値の追求も行ってきました。

物流面の充実にも投資を続けてきていますので、思い返せばかなり遠回りな道のりを歩いてきました。

アニメやゲームもご存じの通りプラットフォームが広がっていますので、タイトル自体も年々増えています。

当然取り扱う商品アイテムも増え、昔のような徹夜をして購入するようなブームになる大ヒット商品も見なくなりましたので、ユーザーの反応を見ながら対応を合わせていくような柔軟性が必要な時代です。

 

スタッフひとりひとりに求める期待や要望も負担になりますが、一方では残業や休暇に対する業務環境にも思い切って取り組みましたので、業績に対して業務環境は大きく改善しています。まだまだやらなければならないことはたくさんありますので来年の課題にしていきたいと思っています。

 

また若手の成長が著しく感じた一年でもありました。

2014年からスタートした新卒採用のメンバーたちも役職が付く立場になり、以降入社した新卒採用のスタッフと中途で入社した同年代のスタッフたちのバランスもうまく取れ始めて今後の世代の役割が見えてきました。

 

一方、中堅のスタッフたちは30代中盤をメインに構成されていますが、業務の理解度が深まるにつれ次のステップで悩みが深まってくる時期に入っています。昨年あたりからその色が濃くなってきましたが、今年は当社が遅れていた研修にも投資を増やした効果が少しづつでてきた気がしています。若手の台頭が色濃くできてきましたので自身の意識が変わることが重要です。

 

そのあたりの啓蒙活動も含めグループに属する他の会社のマネージメントを任せることも積極的に行いました。

アルジャーノンプロダクトとカルチャー・パーティー・ロジスティクスは当社社員に経営自体を任せています。

グループとしてはまだカフェレオの業績が大きい状況ですが、若いうちから経営に携わることで意志を持った運営ができます。

僕自身30歳の時に起業しましたので、当社のスタッフたちから新しい経営者が生まれても決して早い年齢ではないと思っています。

 

よく会社は30年と言われていますが、経営環境はスピード感も含め大きく変化しています。

当社も来年で20年ですので、一巡の時期と捉えていろいろなことに向かいあいたいと思っています。

 

今年も本当にたくさんの方々の関わりがあって一年が終わることになりました。

感謝の気持ちをもって、また来年も頑張りたいと思います。

本年もありがとうございました。

 

みなさまもよい年を迎えてください。