”うつ”と戦いながら過ごす潰瘍性大腸炎患者の毎日 | 2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室【大阪心斎橋駅から6分/長堀橋駅から3分】

2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室【大阪心斎橋駅から6分/長堀橋駅から3分】

お料理もお菓子も作れて☆親子で一緒にクッキング&試食も楽しい♪教室です!
子供の好き嫌いを改善する調理法や、食事マナー、しつけなども合わせて学ぶことが出来ます。


テーマ:

”うつ”と戦いながら過ごす潰瘍性大腸炎患者の毎日

 

こんにちは!

 

「2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室」講師の中村幸子です。

 

前回は、(フランス語の)非常勤講師という生き方と潰瘍性大腸炎の”なだめ方”でした。

 

今回は、”うつ”と戦いながら過ごす潰瘍性大腸炎患者の毎日をお話します。

 

潰瘍性大腸炎というのは、ただ単にお腹が痛くなるということだけではなく、気分のアップダウンも相当~!

 

これで、精神的にもフラフラになっちゃうんですよねー。

 

 

 

 

35歳で、幸福感が200%と思えるほどに、

 

「潰瘍性大腸炎が全快した~~!」

 

と錯覚するほどに、ずべてのマイナス症状はおさまっていました。

 

その後、2年位はお腹の調子も良く、気分的にも幸福感に溢れていたのです、・・・が、

 

だんだんと”うつ”の状態が多くなっていったのです。

 

 

実家では母親と一緒に暮らしていましたが、長兄夫婦一家と同居というのが、どうも苦手でした。

 

「自分の家なのに、自分の居場所がない・・・」

 

 

 

その上、仕事の量も増えて、大阪と京都を行き来する毎日が続いていました。

 

疲労がピークだったこともあるのでしょう。

 

 

母親とはもともと仲良しだったのですが、そのころは最低。

 

 

 

「そんなこと言わんと~! お部屋借りるなんてー!」

 

「いまの状態が続いたら、また潰瘍性大腸炎が再発してしまう・・・」

 

 

 

というヤリトリがつづき、ある時からもう相談することを止めました。

 

「埒(らち)が明かない」

 

で、大阪市内に部屋を借りて、そこを個人レッスンの場所にも使うことにしました。

 

 

そこは場所的にも、実家と京都の職場との丁度ちょうど中間、体力的にもラクに♪

 

ある日、大阪で夜のレッスンがあり、その帰りにあまりにも頭がガンガンするので、タクシーで帰宅しました。

 

冷汗をかきながら部屋に戻ると、そのままバタンキュー!

 

 

体力的にも、精神的にももう限界にきていて、新しい部屋に帰宅すると

 

「助かった~~!ここは、天国~!」

 

涙が溢れてきたことがありました。

 

「さっちゃん、しんどかったんやね~~、ここやったら、心配ないから」

 

と自分に話しかけていたのです。

えーん

 

しかし、職場では、普通に仕事ができていたのですよ。(*^-^*)

 

仕事を離れると、人のカオを見るのも嫌っ!

 

その場から即刻離れないと、私は狂ってしまいそう・・・。

 

 

今から思い返すと、大阪市内のお部屋は、

 

 

・体を休めるところ

 

・精神的にもたて直るところ

 

・個人レッスンの場

 

 

でもありました。

 

 

この時、母親とのヤリトリに絶望感を覚えたのをよく覚えています。

 

誰よりも私の病気の症状を理解してくれている!と思っていた母ですが、娘のココロの中はまったく見えてないのが分かって哀しかったから。

 

こういうときに、つくづく思うのが、

 

 

「一人で(独身で)良かったー!」

 

ということ。

 

 

これで、夫や子供がいたら、確実に私は狂ったかも・・・。(汗)

 

「ココロの健康を保つ」ことは絶対必要だわ~」

 

自分のしたいことを、今すぐやる!

 

これがやっぱり大正解だったー!

 

 

30代後半はこんな感じでした。

 

しかし、気分のいい時はどうだったか?

 

それは次回にー!

 

 

明日18時に戻って来てくださいね。

 

 

 

 

【難病潰瘍性大腸炎と私中村幸子の人生ストーリー】と題して、いままで20日あまり、書いてきました。

 

その理由は、

 

潰瘍性大腸炎で苦しんでいる状態から抜け出す【やり方】があるからです。

 

また、こういう状態から抜け出す【考え方】があるからです。

 

私の人生のストーリーから、それらの【やり方】と【考え方】を盗んじゃってください!(^_-)-☆

 

 

そして、あなたは、「私には、夢も希望もある!その実現の為に、自分の人生ではコレをやりたい!」

 

をぜひ実現させてくださいね。

(*^-^*)

 

 

いま苦しんでいるあなたは決して一人ではありません。

 

あなたのことを理解してくれる人は必ずいます!

 

難病の潰瘍性大腸炎? 大丈夫!きっと良くなる♡私のように♪

 

 

23歳の時に潰瘍性大腸炎と診断されるも、47年後のいま「2歳~6歳さんの為の子供料理・お菓子教室」講師をしている中村幸子でした。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

他では無い!最大3名までの少人数制でアットホームな子供料理&お菓子教室「カフェ茶の子」:中村幸子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.