非常勤講師という生き方と潰瘍性大腸炎の”なだめ方” | 2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室【大阪心斎橋駅から6分/長堀橋駅から3分】

2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室【大阪心斎橋駅から6分/長堀橋駅から3分】

お料理もお菓子も作れて☆親子で一緒にクッキング&試食も楽しい♪教室です!
子供の好き嫌いを改善する調理法や、食事マナー、しつけなども合わせて学ぶことが出来ます。


テーマ:

・(フランス語の)非常勤講師という生き方と潰瘍性大腸炎の”なだめ方”

 

こんにちは!

 

「2歳~6歳さんの好き嫌いが無くなり、しつけも学べる子供料理・お菓子教室」講師の中村幸子です。

 

前回は、潰瘍性大腸炎になりやすい人&その改善方法について、でした。

 

今回は、フランス語の)非常勤講師という生き方と潰瘍性大腸炎の”なだめ方”についてです。

 

 

私は現在、子供料理&お菓子教室の講師をやっていますが、前職はフランス語の講師でした。

 

 

 

 

ほぼ30年近くやってましたが、そのステイタスは”非常勤講師”。

 

日本の大学でフランス語を専攻したわけでもないので、就職に効く学閥無し、コネ無し。

 

しかし、専門学校出身で、パリの語学学校やパリ大学での有資格者なので、その希少価値ゆえに、待遇は良かったです。

 

 

希少価値とは、

 

 

・英語の講師はゴマンといるが、フランス語の講師は絶対数が少ない

 

・フランス語の講師で、「発音」(音声学)の授業も出来るのはネイティブを入れても私のみ。

 

 

 

 

平たく言えば、日本人がフランス語を話すときの日本人的ナマリを取って、パッと通じるフランス語を話せる理論とスキルが活きたのです。

 

 

 

フランス語の非常勤講師という生き方と、潰瘍性大腸炎とは、相性が良かったー!としか言いようがありません。

 

 

 

・潰瘍性大腸炎の”活動期”は潰瘍性大腸炎を”なだめながら”、治療やゆっくりと過ごせるように時間を取れる。

 

・潰瘍性大腸炎の”休眠期”は国内や海外の小旅行を愉しめる。

 

 

 

20代前半から覚悟していたことは、

 

 

 ・潰瘍性大腸炎から大腸がんになって、(胃がんや肝臓がんで)亡くなった父親のように、死んでしまう・・・かも。

 

・「生きてるだけで丸儲け」(明石家さんまのことば)

 

 

 

イノチがあれば、それだけで十分ハッピーでした。

 

 

潰瘍性大腸炎の「活動期」は、辛い症状ばかりで、落ち込んでしまいがちですが、

 

でもその期間に、「ココロの健康を保つ訓練」をやっていました。

 

 

平たくいうと、したいことを今すぐやる!

 

 

一匹狼状態で過ごせたのが、かえって潰瘍性大腸炎患者である私には合いました。

 

これはラッキーとしか言いようがありません。

 

感謝!

 

 

しかし最後は、勤めていた短大でのリストラが待っていたのです。(≧▽≦)

 

学生数が少なくなったから、という理由でした。

 

 

この続きは、また明日18時にー!

 

 

 

【難病潰瘍性大腸炎と私中村幸子の人生ストーリー】と題して、いままで20日あまり、書いてきました。

 

その理由は、

 

潰瘍性大腸炎で苦しんでいる状態から抜け出す【やり方】があるからです。

 

また、こういう状態から抜け出す【考え方】があるからです。

 

私の人生のストーリーから、それらの【やり方】と【考え方】を盗んじゃってください!(^_-)-☆

 

 

そして、あなたは、「私には、夢も希望もある!その実現の為に、自分の人生ではコレをやりたい!」

 

をぜひ実現させてくださいね。

(*^-^*)

 

 

いま苦しんでいるあなたは決して一人ではありません。

 

あなたのことを理解してくれる人は必ずいます!

 

難病の潰瘍性大腸炎? 大丈夫!きっと良くなる♡私のように♪

 

 

23歳の時に潰瘍性大腸炎と診断されるも、47年後のいま「2歳~6歳さんの為の子供料理・お菓子教室」講師をしている中村幸子でした。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

他では無い!最大3名までの少人数制でアットホームな子供料理&お菓子教室「カフェ茶の子」:中村幸子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.