桜坂劇場にてただいま公開中のドキュメンタリー映画
『未来を写した子どもたち』に関連した、特別ワークショップがあります。

C A F E  U N I Z O N-mirai

この映画は、インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子どもたちが、
ある女性写真家によって、カメラや写真と出逢い、夢を持って、
未来に踏み出していく様子を綴った、珠玉のドキュメンタリー映画です。
第77回のアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、
文部科学省特別選定作品にも選ばれています。
『未来を写した子どもたち』公式HP

桜坂劇場HP

ワークショップの内容は・・・
映画の中の子どもたちが行ってきたことを実践し、
映画が伝えようとする想いをよりダイレクトに感じてもらうとともに、
自分たちの住む街の魅力を再発見、コミュニケーションツールとしての
カメラの魅力を学びます。
那覇・中部の2会場で開催。

NPOちゅらしまフォトミュージアムの代表・垂見健吾さんをはじめ、
沖縄で活躍中の精鋭カメラマンや編集者たちが講師を努めます。

テーマは・・・
『未来に残したい沖縄』
沖縄の自然、家族、友人、地元の街、なんでも自由な発想で撮ってください。
あなたの身近にある「残したいもの」がテーマです。

■ワークショップの流れ
A:映画の鑑賞とレクチャー
『未来を写した子どもたち』を観賞後、講師によるテーマの説明や、
撮影に関するレクチャーを行います。

○那覇会場 講師:垂見健吾さん
1/31(土)桜坂劇場 14:50~16:40

○中部会場 講師:新里義和さん
2/1(日)あやかりの杜 13:00~15:30


B:作品の発表とプロ写真家と合評会
参加者が持ち寄った作品を、全員で見ながら、
プロの写真家も含めた合評会を開催します。
あなたの作品の魅力を語り、
同時にステップアップのコツをつかむチャンスです。

○那覇会場
2/15(日)桜坂劇場 13:50~15:30

○中部会場
2/20(金)カフェユニゾン 19:00~21:30


C:沖縄市民小劇場あしびなーにて展示
沖縄市の『未来を写した子どもたち』上映会場にて、
あなたの作品を一般展示いたします。
○展示会場:沖縄市民小劇場あしびなー
2/23(月)、24(火)12:30~19:40

※ワークショップにはカメラをご持参ください。
デジタルカメラ・フィルムカメラ・カメラ付携帯・トイカメラなどなんでもOKです。
※Bの日程からでも参加いただけます。
デジカメの方は写真データ(メディアorカメラ本体)を、
フィルムの方はL版以上のサイズをプリントし、持参ください。


●講師陣
★垂見健吾(南方写真師)
1948 年長野県生まれ。桑沢デザイン研究所で学んだ後、
写真家・山田修二氏に師事。
文藝春秋写真部を経てフリーランスカメラマンとなる。那覇在住。
那覇と東京に事務所を持ち、東京、沖縄、日本各地から世界を舞台に写真撮影の旅を続けている。
垂見健吾公式写真サイト

★新里義和(真和志高校インターメディア部顧問)
全国の高校生が写真の腕を競う選手権「全国高校写真選手権大会」で3度の優勝に導いた真和志高校インターメディア部の名物先生。
沖縄県立真和志高等学校公式ホームページ


受講料
B、Cのみの受講なら、受講料2,000円
A、B、Cの受講(映画鑑賞付き)なら、受講料3,000円

■お申し込み・お問合わせ
桜坂劇場
〒900-0013 那覇市牧志3-6-10
TEL:098-860-9555
E-mail:info@sakura-zaka.com
桜坂劇場HP

カフェユニゾン
〒901-2201 宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL:098-896-1060
E-mail:info@cafe-unizon.jp
カフェユニゾンHP