118

はやくも2週間が経ってしまった!
5月も終わりです。
今月16日に開催した即興演劇
「バカ☆ンス」フォトレポート!

053

左は、開場して盛り上がるプレイヤーをよそに、
もくもくとお金を数えるユニゾンの小池。
(写真はクリックすると大きくなります)
その隣から…受付、インプロオキナワの宮城さん、
プレイヤー上田真弓さん、岩木桃子さん、
ミュージシャンの犬塚拓一郎さん、
同じく楽器担当由利さん、友利将悟さん。
写っていませんが、東京から渡辺奈穂さんというメンバー。

082
次々にお客さんがその場で書いた言葉を
繋げて、ストーリーができ、
107
登場人物のキャラクターが出来上がって
いきます。
074
ちょっとアグレッシブな場面も。

122
ギターと唄担当の由利さん。
急にパーマの話題になり、即興ソングが
できていました。

109

093

二人の間になにがあったのか…

結局、即興演劇って何ー?という感じですが
お客さんの立場で言えば、演劇の踊り食い、
(↑生シラスとかをすくって食べるアレです)
地産地消みたいなものというか。
その場で出来上がってきた、
なまものの言葉や体つきを味わうものとでも
言いましょうか。

他の会場でも何回も見ているのですが、
言葉と言葉のギャップ、シーンとシーンの意外性に
笑えるだけじゃなく、シリアスな現実も題材に
含まれたりして、奥ゆかしい面白さなのです。

プレイヤーはアタマとカラダを柔軟にして、
会場の雰囲気をつかみ取って次々と観客に投げてくる。
ので、お客さんも必死に受け取るやりとり。
あ、演劇の流しそうめんというのはどうだろう…

食べ物の喩えばかりですが、そんな感じかなと。
ライブ好きな方はぜひ次回お楽しみに!