先週の日曜日は、垂見さん写真展オープン記念&『風に聞いた話』
出版記念パーティー「うりずん南風の宴」でした。

いや~、内容盛りだくさんの良いイベントでした。

まずは垂見さんの写真のスライドショーから。
slide
ユニゾンの広い空間で、夜景をバックにみるのも
いい感じですね~。


そして、下地勇さん&内田勘太郎さんのライブ!
shimo-kan
息の合ったコンビネーションがすばらしい!

身体にしみ込んでくる歌声に、心ふるわせるギター。
しかし、ミャークフツは、外国語に聞こえてしまう。笑。


続きましては、今回の主役でありますお二人の登場です!
taru-mie
垂見健吾さんと、カフェユニゾンディレクターの三枝です!

急遽司会をしてくださったのは、
JTAの機内誌「Coralway」の編集をしています、妹尾さんです。
垂見さんはコーラルウェイの撮影をしてますし、三枝も記事を書いてます。
ふたりのことを良く知っているからこその話がたくさん聞けました。
突然のお願いにも関わらず、ありがとうござました!

そして、三枝の「風に聞いた話」の一節の朗読です。
(※三枝ファンの方すみません!写真がありません。)

優しい南風に包まれた雰囲気になったところで登場するのは、
亜熱帯の湿った風をまとった南国ドロップス!
nan59dps
あ、あれ!?ト、トランペットの髪の毛が!!

湿った風を切り裂くリーダー・與古田の、
fire!
FIRE!!
ギターとオーボエも火を噴けます。
どこを目指しているのでしょうか。笑。

火事になることもなく、無事終了しました。

展示の後はもちろんサイン会です。
kabe-slide

展示の様子もちょろっとみれますね。
風になびくように、垂見さんの写真が展示されています。
そこに、ふわっと「風に聞いた話」からの一節が壁に映されています。

これ、なかなか、ぼ~っとみれて気持ちよくなります。

展示は、5月6日までやっておりますので、
ぜひ見にいらしてください。

そして南風の宴の後の、宴は朝まで続いたとか・・・