先週の金曜日は、夜から久々のライブでした。
アコーディオンとコントラバスのユニット・
mama!milk(ママミルク)のライブ。

ma-isla

フロントアクトに、沖縄が誇るアイリッシュバンド
the islanders(アイランダーズ)が来てくれ、
しばらくどこにいるのか分からなくなるような、
(こういう感覚、私はとても好きなのですが)
まだ見ぬ異国の音の風を吹かせてくれました。
駆けつけてくれたメンバーの皆さん、どうもあり
がとうございます。

ma-isla

mama!milkの二人の演奏は、芳香と情緒たっぷりで、
胸をかきむしられるようでした。
生駒さんのアコーディオンの赤がびかっと光って、
清水さんの指先が揺れ、まさしく艶やかな音色。
どんな風に曲作りをしているのか聞き忘れてしまったなあ。
アンコール前の空の曲、とても素晴らしかったです。

次の日のcelloのライブも、また違った演奏で、より一層
“室内楽の愉しみ”という趣きでした。
しばらく余韻にひたれそうです。

広報 こ