席を譲ったら🎶

テーマ:
若いころは、乗り物に乗っていて自分が座っているとき、
目の前にお年寄りとかが立つと、
私も今日は疲れているから席譲れなぁ~いと、寝たふりしたり。寝る
席を譲ろうか譲るまいか考えているうちに自分の降りる駅についてしまったり。ため息
自分を正当化したり、葛藤したり・・・。ショボン
それは頭の中は忙しかった・・・。あは

この間東京に出かけた際、都バスに乗った。
満員だったが私が乗ってすぐ目の前の席が空いた。手
私は終点まで乗るので座りたかったが、
ふと数メートル先に、荷物をいっぱい持ったお婆ちゃんが目に入った。膝を抱えて落ち込む
何故かそのお婆ちゃんと目が合ったので、「ここどうぞ」と言った。
お婆ちゃん「いいの?」と言って座った。(確信犯だ笑 )

終点の駅に着く間際、私をツンツンするお婆ちゃん。
「重い荷物持っていて大変だったの、ありがとうね。」
わたし
「どういたしまして。」
お婆ちゃん
「お仕事ご苦労様、気を付けて行ってらっしゃい。」(仕事じゃない セリザワさん
わたし、お婆ちゃんと言いかけてもとい
「おばあちゃまも、お気を付けてね。」
お婆ちゃん
「ありがとう。」

なんも考えずすんなり席を譲ったわたし、目も合ってしまったし、
状況が状況だっただけに譲っただけなんだが。ひらめき
良いことをしてご満悦っていうわけでなく、すんなりできたじゃんっ?と意外感。あ

またそのあとに、お婆ちゃんが声をかけてくれて、見ず知らずの私たちに会話が生まれたこと。
何だか自分で言うのもおかしいが、”ほのぼのとした空気”が心地良かった。
ニヤニヤ…違うっ、ニコニコ顔でバスを降りた私、
なんかいい感じだなあ~いい日だなぁ~ありがとうっていいなぁ~
と思った。
スマイル


まっ、たわいもない出来事なんだけどね。汗
それにしてもあの婆ちゃん”私がそこ座るでえ~”って絶対思ってたよね!ゆう★

で何が言いたいかって?
そうそう、頭で考えるより行動あるのみ。(事と場合による)
正当化も葛藤も面倒なことしなくていいってこと。
したいこと(したくなくてもいい)をさっさとすればいい。
頭の中の騒がしい想念、いらないかな?!
そうすると、プラスアルファがある!♪
と感じた次第であります。エリザベスひらめき

(注)
考えないで行動した人、責任は終えません。
あくまで自己責任でお願いしますね。にた