【小説】カフェ・シェリー

ここは喫茶店、カフェ・シェリー。
登場するのは40代の渋いマスターと20代の店員マイ、そして主人公はお客様であるあなた。
そこで体験する、魔法のコーヒー「シェリー・ブレンド」の味で、お客様は何かに気づき、そして希望を持っていく。
そんな喫茶店のお話です。


テーマ:

「マスターのところと我が家では状況が違いますよ。奥さんはここで働いているからこそ、そういったワガママが許されるんです。けれどウチは専業主婦で、特に何をするわけでもなく、好き放題、勝手放題やっているんです。これってどう思います?」 

 

 心の中の不満をマスターにぶつけてみた。するとマスターから意外な答えが返ってきた。 

 

「大変失礼かもしれませんが、お客さまは奥さんの前でいろいろと好き勝手にやっていたのではありませんか?」 

 

「自分が好き勝手に?」 

 

 そのセリフで、ふと自分を振り返ってみた。確かに営業という仕事柄、突然予定が入って晩御飯をキャンセルしたことは何度もある。家のことをやってほしいと言われても、たまの休みだからと言ってゴロゴロさせてもらったり。それに、好きなものばかり食べているせいか、私の体重もかなり増えている。ここは妻のことを言えないな。 

 

「まぁ、そう言われればそうかもしれませんが…でも、私は外で仕事をしているのですから、そのくらいわがままを言ってもいいんじゃないですか?」 

 

 このセリフに予想外に反応したのは、なんとマスターの奥さんである。 

 

「主婦の仕事を年収にすると、いくらになると思いますか?」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日向ひなたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。