本日は2017年に国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」のナチュラルプロセス部門で1位に輝いた「カモシン農場(エスピリットサント州)」のコーヒーを試飲しております。

 

 

ナチュラルプロセスとは、コーヒー豆の精算処理の一つで、コーヒーを外果皮の付いたチェリーのまま乾燥させるプロセスのことです。

 

ちなみに「ファゼンダ・カモシン」の“ファゼンダ”とはポルトガル語で「農場」をさす言葉です。

 

 

このブラジル「ファゼンダ・カモシン」は2017年の品評会において93.60のスコアを獲得したコーヒー豆で、当店がお世話になっておりますトーアコーヒーさんと丸山珈琲さん、猿田彦珈琲さんが共同で落札したコーヒー豆です。

 

マンゴー、パパイヤ、ストロベリーを想わせる風味と、シルクのような滑らかな質感と複雑な味わいのコーヒーです。

 

 

当店では現在、ペルーの「ラ・フロール」をこの秋限定でご提供しておりますので、「ラ・フロール」のご提供終了後にブラジル「ファゼンダ・カモシン」のご提供を検討したいと考えておりますが、品評会で1位を獲得したコーヒーですので、ご提供価格はもちろん、数量も限られておりますので、当店でのご提供は微妙なところかもしれません。

 

 

  くすの樹Blog

   くすの樹くん

 

『珈琲館 くすの樹』

東京都西東京市新町5-19-10
TEL 0422-55-4450
営業時間 AM9:00~PM10:00

くすの樹 Facebook

くすの樹 Twitter

 

「皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。」

 


カフェ・喫茶店 ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ カフェ
にほんブログ村