チャイ専門 CAFE DE MOCHAI

チャイ専門 CAFE DE MOCHAI

札幌美園チャイ専門カフェ 
営業日お知らせ案内用ブログ
   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チャイ専門カフェというニッチなテーマで2000年にOPENし
奇跡の創業18年の常に最弱の老舗カフェ


営業日週末土日18時から23時まで lo22:00


年内最終営業日は 12月15,16

年明け 2月9日土から 2月いっぱいお休みいたします。


場所
札幌豊平区地下鉄美園駅1番出口前 アクセサリーショップZYU 内にてひっそりと
Zyu入口 左に呼び鈴が出てる時は 呼び鈴をおして呼び出してください。
ドアが開いてる時は そのまま入店してください



テーマ:

モーチャイカフェ18時より 営業

 

ひさしぶりに ポークストロガノフをお出しする予定です。

 

 

今から 明日の18時開店にむけて 仕込み 
これから一晩かけてコトコト煮込み開始。。

 

 

こんだけ手間をかけて おだしできる人数は 7名まで★

 

ご予約は 本日中23時まで分にかんしては 確実にご用意可能。
アメブロメッセージからどうぞ。

 

 

 


テーマ:

ときどき店内に一人二人しかいない暇なときに 突然夜も更けたところで来客の呼び鈴がなり

ドアをあけに出ていくときに 

「なんだ?どういうことだ?客がくるって。。」とぼやきながら 階段を下りてくと

店内の客によく 「ここお店でしょ!」とつっこみいれられて笑われるのですが

 

そろそろ気温も低くなってきて 来客があるのかないのか数がみえない時期になってきました。

 

ちょっと心なしに寂しくなってるのは東京の懇意にしてくれてる

ネパール料理屋さんが 急に今月閉店すると情報が回ってきた。

店が閉まるとなると 惜しむ方も頻繁に来てくれるようになり

なんでもっと早く ちょこまかきてくれなかったんだろう?と思うことになる

予想をしただけで寂しい気持ちになりました。

 

このカフェをまかされて はやまる五年がすぎ 飲食店は味さえよけりゃ人が来るわけではない

というのが十分に理解できました。 安けりゃいいってものでも 高けりゃいいってものでもない

その場が 楽しい食をとれるかどうかなのかな と思い続けてきています。

この店があり続けれるのも ZYUのクリシュナ店長のおかげとしかいいようがない

まあ 最初はまんまと はめられた感もなきしもあらずでしたが

 

人生おもしろく生きてくには あるていどなにかにだれかに 巻き込まれる事でもある。

 

おかげで とじこもりがちの日常生活に毎週週末は屋外活動という機会を得て

いろんな経験や人と出会い 楽しいことだらけです。

 

あとは 日に最低10人以上は来客が見えればばっちりなのですけど。

おもしろいくらい飲食店は大変なものですねえ★

 

 


テーマ:
世間一般でカレーうどんといえば
業務用SBのカレー粉を湯で溶いて
麺つゆで割った物が出てくる。
そばうどん屋さんなので カレーを
ちゃんと作ってるところが無いので
まあまあそういうことになる。

ということで 普通な許せるカレーを
使ったメニューならば うどんかな?と
牛肉盛りで組み立てて見ました。

昨今どこで食べても不服だった
牛肉の臭みをきちっと処理し
カレーに合うようにしトッピングし
ブロッコリーを茹で野菜の旨味ブイヨンを
とり それでカレーを割りスープにして 
甘味成分を作り あとは通常通りに
カレーを仕立て 竹炭で油成分を吸付け
和風という方向性を踏まえて 無駄な油分を
感じさせないように仕上げた。

その他トッピング具材もそれぞれ別に味付け
そんな一品

ほぼ無意識で組み立てました
味の決着は嗅覚イメージで始まり
記憶と知識でまとめる




テーマ:

あれだけ過酷な環境 努力で回避できないカースト制度

さんざんなハードモード炸裂のインドにおいて いまだ

あの大人口の国があり続けてるその原動力 要は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本カレーを食べてるから。

 

元気のない時 カレーを食べれば大体の事は

乗り越えれる!と ネット上に転がってた有力情報をもとに
右手と左手でじゃんけんした結果

本日のモーチャイご飯は カレーに決定しました。

 

しかも 許せる限りの日本の普通のカレーというテーマで作ろうと思います。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス