田舎のススメ ~タイ南部を旅して・その1~ | カフェ・cococala@西千葉
どーも!うっちーです!

今日は自分の旅行記です。

自分は趣味の一つに挙げてるくらい旅行が好きなのです。

ただ、観光地をパッケージしたようなツアー旅行は嫌いで、自分が好きなのは現地の人と触れ合える自由気ままな一人旅。

今回はちょうど一年前に訪れたタイ南部の都市パタニーについて書きます。





パタニー(パッターニ)はタイ南部最大の都市ハジャイ(ハートヤイ)から、マイクロバスで2時間程のところ。ご存知の方もいると思いますが、タイ深南部と呼ばれるパッターニを含む南部3県は宗教対立もあって治安が悪いのです。イスラム教国であるマレーシアと国境を接しており、難しい情勢があるようです。現在でもテロが発生しています。

バンコクで現地ガイドに「パタニーに行きたいんだけど」と言ったら、「何をしに行くの?やめておけ」とばっさり。バンコクの人から見ても、それくらいに心象は悪いようです。

そんな町に行ってしまったのです。マレーシアへは陸路で超えるつもりの旅だったので行くしかない。他にも色々理由はあって、バンコクもハジャイも客引きがひどくて、とにかく田舎に行きたかった。それに、もし本当にテロが起きているならそれを見ておくのも人生勉強だという理屈で旅立ったわけです。






そんな能天気なジャパニーズがまずぶつかったのは、言葉の壁。

ハジャイまではなんとか英語が通じた。
しかし、パタニーではまったくと言っていいほど通じない。
不運なことに、マイクロバスは停留所で止まることはなく、乗客が行きたい場所を告げてそこで降りるシステム。だから、言葉の通じない自分は行き先を告げることができない。

・・・というか、降りる場所さえ決めてなかったので、どこで降りたらいいかわからない笑
地図が売ってなかったんですよね。ここでぶつかったのが第二の壁。地図不携帯。

まあ、外国人が来るのは珍しいのだろう。好奇な目で見られつつも、途中で運転手さんがバスを止めてくれて、片言の英語が通じる人を連れてきてくれた。
「Go! Hotel! Go!」と連呼してたら適当なホテルを紹介してくれた。あざーす!

ラッキーなことに町の中心部の近くに降りれたようで、市場がある。
生きていけそうだ。
さっそくホテルのお姉さんに「Are there any sightseeing spots around here?」と聞いてみる。
流暢なタイ語で返答してくれた。

・・・そうだった。言葉が通じない。そうなると、本当のコミュニケーション能力が試される。
てくてく歩くジェスチャーをしながら、両手でエア双眼鏡を作って、頑張る。

沈黙が流れる。

う~ん、苦しい。。。

エアるるぶを持って、エア大仏を見て驚きの表情を見せる。

するとどうだろう!お姉さんがホテルの前にバイクを持ってきて、後ろに乗れと合図をしてくれるじゃないか!エア大仏が功を奏したのか!?この時、こう思った。

『あ~言葉って関係ないんだな。お互いに伝えようとする気持ちと、理解しようとする気持ちがあれば伝わるんだな』

そうして、熱い日差しが体中に照りつける中、後部座席にまたがって町に繰り出すことになったのでした。





結論。とりあえず「サワディーカップ(thank you)」と「タオライ(how much)」の2語だけ覚えておけば大丈夫(^^)/

後日、この続きを書きます。ぜひまたcafe-cococalaブログに遊びにきてくださいね!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

cafe 『cococala』
千葉県千葉市中央区春日2-21-7 日東不動産ビル地下1 階
http://cococala.tumblr.com/
http://ameblo.jp/cafe-cococala/

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *