アメブロでカフェのお客さまを増やすレシピ

アメブロでカフェのお客さまを増やすレシピ

週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ活用法


テーマ:

広島の広告企画制作賞を見ました。

やはり、売れている店や会社は広告宣伝をしていますね。

地元の企業でも電通などの広告会社を使っているんですね。飲食店でも電通が広告を作っている店があってさすがだなぁと思いました。

今の時代、広告宣伝や集客をしないでお客さまが多いことは稀です。

だから、インターネットを使うものやスマホの“なにか”でもテレビなどでCMをするのです。


「インスタ映えの影響でカフェの人気が高い」と言ったところでチェーン店のほうが断然人気が高いのは、宣伝集客をしてるからです。


「チェーン店よりも地元の店を利用しましょう」みたいなことを声高に言っている人もいますが、どこに行くかはお客さまの自由。

お客さまは行きたい店に行くのです。

チェーン店に負けないためには、店の質を上げることも必要かもしれませんが、それ以上に集客や宣伝をすることではないでしょうか。

何故なら、お客さまにとってチェーン店と個人店の“差”は、店の質ではなく、宣伝をしているかが大きいからです。

店の質、特に味に関しては個人店のほうが上ですよね。腕やこだわりは個人店のほうがチェーン店よりも断然上。

だけれども、現実にお客さまがチェーン店を選ぶのは、宣伝集客をしている店に…。


なぜでしょう?

知らない店には来店できないからです。


インスタ映えで来客が増える。
インスタをきっかけに店を知ったから来店できるのです。

もっと言えば、『現代人は知らないものが知りたいのではなく、知ってることの追体験がしたいのです。』

例えば、旅行。
行く前にネットで情報を調べる。動画やストリートビューで現地を体験したりもする。

食事処やイベント
実際に行った人のブログやSNSで感想を読む。中身を知ってよいと思った場所に行く。

ほとんどが、リアルな体験はしていないけれど、疑似体験をしてる。

すでに頭では知っている場所に行き、追体験をするのです。


だから、飲食店も宣伝集客をして「知ってもらう」「疑似体験をしてもらう」ことでお客さまが増えるのです。


これをどう捉えるかは、あなた次第ですが、飲食業の仕事を頑張るだけでなく「集客という仕事」にも目を向けてみてはいかがですか。


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫



“美味しいのにお客さんが少ない…” “こだわりや想いがある” “好きを仕事にした” そんな方への「ゼロから始める集客のレシピ」

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫

テーマ:
アメブロをカフェの集客に役立たせるには、アメブロのデフォルトでデザインされたテーマを使わないほうが良い。

何故なら、、
同じデザインのブログが多数あるため“パッと見では”違いが分からないからです。

つまり、あなたのブログだと気づいてもらえない。

アメブロは友人や知人、すでにあなたのことを知っている人が見るのではなく、知らない人=見込み客が見る。

知らない人が見たら細かい違いには気が付きにくいのです。

例えば・・

↓これと

カップルは死語らしい(笑)

↓これ

※CAFEというテーマなので選びました。深い意味はありません。

ちゃんと見れば分かりますが、タイトルよりも画像に目が行き、違いが分かり難いはずです。※現実には、この画像よりもタイトルが目立たない。


私もアメブロを見ていて、同じテーマが続き「あれ?」ってことがよくあります。

「これさっき見たよね?」みたいな…。まあ、閉じますよね。


こうならないように、、
集客したい人は、【CSS編集用デザイン】の【スタンダード】を使ってください。


【CSS編集用デザイン】【スタンダード】



【CSS編集用デザイン】【スタンダード】の使い方


【ブログ管理】→【デザインの設定】にすすむ



【カスタム可能テーマ】にすすむ



【CSS編集用デザイン】の左から2つめ【スタンダード】を選ぶ



カスタマイズができないと、真っ白なシンプルなデザインですが、他者と同じデザインよりはずっと良い。

アップルに代表されるように時代はシンプル。デザインのあるものは選ばないほうが良い。


ただし、ヘッダー画像だけはないと厳しい。なので、多少はカスタマイズできるようにしたほうが良いと思います。

「シンプル イズ ベスト」なので過度なカスタマイズは必要ありません。やり過ぎ厳禁。アメブロに見えないデザインはマイナスです。

ヘッダー画像ができればOKです。

どーしても難しければ、また、時間がかかり過ぎるなら、お金で解決。プロに頼む。

最低限のカスタマイズくらいできるようになって欲しいのですが、あなたが最優先すべきなのはお店の仕事。無駄な時間を使うのならプロに頼みましょう。

できないうちは「シンプル」「シンプル」


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫



カフェ繁盛へのレシピ

CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫

テーマ:


先日、市内中心部で外食をしました。カフェではありません。

仕事終わりの時間帯、お客さんでいっぱいでした。

「久しぶりに見た光景・・」

タバコを吸っているサラリーマンがたくさんいた。

私と同年代のおっさんサラリーマンと若い女子。上司に気を使う感じの良い女子、数組。作業着のメンズのグループ。

タバコ吸いが多数。昭和の飲食店のイメージ。

今でもこんなのあるんだぁ~。というか、多くの飲食店が禁煙なので、全席喫煙の店にタバコを吸う人が集まっているのでしょう。

私はタバコを吸わないし嫌いですが「この店アリ」

受動喫煙の問題もあり、禁煙が当たり前というか、禁煙にしなくてはいけなくなっている。個人店のカフェの場合、分煙は難しいでしょう。

ですが

「何故、禁煙にするのか?」
「誰のための禁煙なのか?」
「喫煙の選択肢はないのか?」

「みんながやるから私も」なら、一考の余地あり。なんでもそうですが、右に習えでは個人商店の個性は出ません。

  • なぜ
  • 誰のため

を考えて欲しいです。

ちなみに、私がカフェを開いた時(雇われ店主ですが)全席禁煙にしました。
スターバックスができる前。
スタバができる前の禁煙のカフェ。めっちゃ批判された。「頭おかしい」「そんな店行くわけない」という人も…。

これがロックだ。自分を信じる。そして、当時だってタバコが嫌いな人はいた。



【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫



カフェ繁盛へのレシピ

CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫

テーマ:


カフェの商品価格は、税込みが良いのか? 税抜きが良いのか?

「税込み」です。


何故なら、『お客さまは、自分が支払う金額が知りたい』からです。


「安く見せたい」というお店のエゴで税抜き価格を提示するのは、お客さまのことを本気で考えていないと思います。

メニュー表に900円って書いてあったら900円だと感じるわけです。900円(税抜き)となっていても、自分が支払うのはいくらなのかが分かり難いですよね。

たとえば、お店の外看板にランチセット980円と書いてあったとします。

看板を見て「1000円以下か…」と思い来店。

支払いの時に「1058円」だとしたら・・。ちょっと微妙な気持ちになりませんか?


「千円を超えると高く感じる」そんな気持ちで、税抜き980円にするのかもしれません。

ですが、その考えは『お客さまのことよりも目先の売上げを優先』していませんか。

「安く感じさせて来店を促す。」「安く感じさせて注文の促す。」はお客さまよりもお店のエゴを優先している。


あなたが千円を超えると高く感じるのなら、税込みで千円以下(お客さまが支払う金額を千円以下)にすべきです。

“自分が高いと感じる金額をお客さまに払わせるんですか?”

「いやいや、千円以下では厳しいです。原価も上がっているし…」というのなら、キチンと分かりやすく千円以上の価格を提示すべきです。前述の例なら、税込みで1050円or1100円にする。1200円でもよい。


とにかく、とにかく、『お客さまが知りたいことを分かりやすく提示する。』これに尽きます。こういった積み重ねが信用を生みます。


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:
ここ数回の投稿の際に案内していました【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】のリンク先のアドレスを間違えておりました。

大変失礼いたしました。


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座は、申し込みから「2か月間」メンバー限定サイトを観覧できるモニター企画です。

「PDFファイルをダウンロードして終わり」とか「一週間メールが送られる」とかではなく、メンバーサイトを自由に観覧ができます。

さらに、2か月間に限り「質問もフリー」

分からないことや、やってみてうまくいかないことがあれば、自由に質問や添削の依頼を受け付けています。


講座の内容は、すべて私が実際にやってみて効果があったことです。理想論や机上空論ではありません。

ですが、今のところ一人の成功体験論でしかありません。

必ず自営業のカフェの役に立つ、売上げアップに貢献できると信じていますが、どれくらいの再現性があるか分かりません。

また、初めての公開なので、伝わり難いポイントがあったり、私にはできたけど他の人には難しいことがあるかもしれません。


多くの人に実践してもらい、質問や添削依頼によって講座のブラッシュアップを目指しています。私のとっては、これが目的です。


あなたにとってのメリットは、キチンと実践すれば、カフェの来客が増えること。今のことろ「増えるはず。」としか言えませんが…。

初めて集客や売上げアップに取り組む人は、2か月だと消化しきれないかもしれません。

初めての時は、ベース作りに3か月~半年くらい、売上げアップには半年~くらい時間がかかりますからね。


全てを消化しきれないとしても、今回は費用が完全無料です。

お試し的なチャレンジをしてみてはいかがですか?


一日1時間程度、週6日程度アメブロに時間を取れる人は、ぜひぜひ、ご参加ください。


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:


なぜ、週一回の投稿なのか?

一つ目の理由は「カフェや飲食店は忙しいから」。


2つ目の理由

お客さま(見込み客)=一般人は、好きな芸能人、有名人、友人、以外のブログは頻繁には見ない人がほとんどだからです。


あなたのことに置き換えてみてください。

好きな芸能人、有名人、友人や知り合い以外のブログを毎日にように見ますか?

気になる人やお店のブログを見つけた時、しばらくは頻繁に見るかもしれない。ところが、ちょっと時間がったら興味が薄れてあまり見なくなりませんか?


お客さまがあなたやあなたのカフェに興味を持っても、そんなに頻繁に見るものではありません。

カフェの新着情報や日常には、それ程興味がないですからね。

なので、週一回くらいの更新で十分なのです。


更新しないと忘れられる。
更新して→注文されて→来店につなげる。

これだと、時間がいくらあっても足りません。

忙しい飲食店は目指すべきではありません。


そもそも、本日のランチとか、家族の話題とか、あなたの趣味のことなどにお客さまは興味がないので、そんなことを毎日のように書いてもお客さまは増えません。


薄い内容の記事を頻繁に更新するのなら、週一回「お客さまが知りたいこと、お客さまが喜ぶこと」を書いたほうがカフェの集客には有効です。

プラス、読者登録(フォロー)といいねをする。


毎日記事を更新して、それに見合った来客がるのならOK.効果が実感できないのなら「週一回の投稿+読者登録&いいね」を試してみませんか?


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:


折角、アメブロをやるのなら、カフェのお客さまを増やことに役立てませんか?

飲食店は忙しい。

忙しい中、時間を使ってアメブロ運営するのなら、カフェの売上げアップに活用したほうが良いと思いますが、いかがでしょうか。

「わたしは趣味でアメブロやってます。」
「アメブロのつながりが仕事の励みなるんです。」

というのなら、それはそれでいいです。


ですが、

もしも「アメブロから少しでもお客さんが増えればいいなぁ」と思っているのなら、日記を書いていては難しいです。


何故なら

お客さまは、あなたの日記やお店の日記には興味がないからです。


考えてみてください。

あなたがお寿司を食べに行くとします。

たまたまお寿司屋さんのアメブロを見ました。

日常の日記が書いてあったとしたら、行きたいと思いますか?

知り合いの店なら別です。知らない人(知らない店)の日記を見てもほとんどの人は来店したいとは思わないはずです。

日記を見て来店したいと思うのは、書いている人がスパースター級の魅力を持っている人の場合だけです。


アメブロをお客さまの来店につなげたいのなら、書くべきことは「お客さまの知りたいこと」です。


寿司屋のアメブロを読んだら「あなたが知りたい何か」が書かれていたら行ってみたくなりませんか?

あなたのカフェの見込み客が知りたいことを記事すれば、来店につながります。


折角、アメブロをやるのなら、アメブロをやる時間が多少でもあるのなら、集客に活かしませんか?


↓見込み客が知りたいことを見つける方法はこちらで紹介しています↓
【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:


なぜ、週一回の投稿なのか?

飲食店は忙しいからです。


来客だけでなく、仕込みや掃除、仕入れなど日々の仕事がとっても忙しい。わたしも以前にやっていましたら分かります。

週一回の投稿なら忙しくてもできるはず。

しかも私のやり方ならネタ切れの心配もありません。

飲食店の方でもストレスなくアメブロ更新ができるはずです。


記事更新よりも読者登録といいねが重要



アメブロが有力なのは、読者登録やいいね・ペタがあるからです。

特に読者登録が強力。見込み客=来店して欲しい人に読者登録ができるからです。

マスコミをはじめ多くの人がSNS、SNSと言ってもアメブロのほうが集客に有力なのは、この機能があるからのです。


記事を書くだけで、読者登録やいいね・ペタをやらないのなら、アメブロのメリットを活かしていない。ワードプレスで独自ドメインサイト=ホームページをやったほうが良いです。これ絶対です。


記事更新は、週1回

読者登録やいいねは毎日(週5~6日に決めても良い)

記事を書く日は、読者登録はしないも可


結局、毎日(or週一日休み)作業をするが、記事を書くのは難しい。自分でやらなければならない。頭を使う。

読者登録やいいねは、記事を書くよりは断然楽。

「記事を書く&いいね」「読者登録&いいね」の作業時間は一日1時間が目安。最低でも30分は取らないとお客様のためのことはできない。


毎日記事を更新して、それに見合った来客がるのならOK.効果が実感できないのなら「週一回の投稿+読者登録&いいね」を試してみませんか?


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:


カフェが集客や売上げアップのために使う場合「アメブロとホームページ(独自ドメインサイト=公式サイト)」の最大の違いは?

集客対象の違い

アメブロ=アメブロの中人
ホームページ=検索エンジン経由の人

アメブロ=非検索
ホームページ=検索


「アメブロにグーグルやヤフーの検索の人は来ないのか?」

ゼロではありませんが、SEO対策をしたホームページと比べると弱い。

アメブロしかやっていない人や、アメブロとSNSをやっている人は実感がないと思いますが、ホームページと両方やっていればどちらが上位に表示されるか分かるはずです。

店名で検索すれば差が少ないのですが、「地域名+カフェ」で検索したら、その差は明らか。

カフェを検索する人は「広島平和公園 カフェ」とかで検索しますからね。となると、アメブロは弱いのです。


アメブロがダメだといっているのではありませんよ。

アメブロはアメブロをやっている人がHAPPYになるような記事を書き、アメブロの中の人に来店してもらえばよいのです。

ここがズレるとカフェのために有効活用するのは難しいでしょう。

なので、アメブロにインスタの投稿を飛ばしている人などはズレズレですし、アメブロガーにフェイスブックを見てもらおうというのも「来店につながる」かという視点で考えればNOですね。


検索エンジン経由の人に来店して欲しいなら「ホームページ(独自ドメインサイト)」

アメブロは、アメブロガーに来店してもらう

【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

テーマ:
メニューの紹介ページは必須。

お客さまが来店するかの判断基準に大きく関わってるからです。

例えば、フードのメインが「パン」か「ごはん」かで来店するかどうかのポイントになりますよね。食事がメインかスイーツがメインかとか…。

そして、価格。

「立地」「メニュー内容」「価格」は、多くの人の重要な判断基準になる。簡単な言い方をすると「お客さまが知りたいこと」です。


「お客さまが知りたいことを分かりやすく表記しているか」で『来店につながるサイトになっているかが決まる』と言っても過言ではありません。


メニューページの作り方


全メニューの一覧を紹介する記事を作る。

お店のメニュー表を移すイメージで良い。

「メニュー名」「価格」「説明書(あれば)」を表記する。写真はあってもなくても良い。

必要に応じて各メニューまたは、一部のメニューの詳細記事を作る。写真や詳しい説明を載せる。


【メニュー】をテーマに作る


【メニュー】をテーマに作る
全メニューの一覧を紹介する記事
メニューの詳細記事
をコンテンツにする


記事下にリンクを作る


各記事下にリンクを作り、新しい記事を読んだ人がメニューを分かりやすくしておく。


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫


カフェ繁盛へのレシピ


CafeCircleは、自営業のカフェやレストランの「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

★初めの方はこちら≫

★ホームページはこちら≫


【週一回の投稿で、来店して欲しい人を集めるアメブロ集客のレシピ】無料オンライン講座≫

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス